【徹底解説】コストコおすすめ品「95」選

基本的な「玉ねぎ」の切り方!料理別に紹介 

年中、美味しそうな「玉ねぎ」がスーパーに並んでいますよね。

玉ねぎっていろんな料理に使えるし、いろんな切り方があります。

しかし実際、どんな料理にはどんな切り方が良いかわからないこともありませんか?

玉ねぎはさまざまな切り方はありますが、よく使う切り方を3つに厳選してご紹介します。

【この記事で分かること!】
  1. 玉ねぎのいろいろな切り方
  2. 料理にあう玉ねぎの切り方

では早速ご紹介しますね。

玉ねぎはどうやって切るの?

【おすすめの切り方3つ】
  1. ラタトゥイユやスープなど煮込み料理に角切り
  2. 炒め物、スープ、サラダなどには薄切り
  3. ハンバーグやチャーハンなどにはみじん切り

では、詳細を説明しますね。

ラタトゥイユやスープなど煮込み料理に角切り

まず最初に紹介するのは、角切り。

皮を剥いて、頭と根本を切り落とします。

縦に半分に切り、芯をくり抜きます。

2cm程度の角切りにします。

作る料理によって角切りにサイズを変えると良いですよ。

角切りにした玉ねぎは食感も楽しめるので、スープに入れたり、ラタトゥイユにもオススメ。

炒め物、スープ、サラダなどには薄切り

次にご紹介するのが薄切り。

皮を剥いて、頭と根本を切り落とします。

縦に半分に切り、芯をくり抜きます。

繊維に沿って薄くスライスします。

繊維に沿ってスライスすると食感も楽しめます。また、繊維を断ち切るようにスライスすると柔らかくなります。そして火の通りが早いのが特徴的です。

炒め物やスープにするときは繊維に沿っても断ち切っても良いですが、サラダにするときは繊維を断ち切って水にさらすと辛味が抜けやすいですよ。

ハンバーグやチャーハンなどにはみじん切り

最後にご紹介するのが、みじん切り!

皮を剥いて、頭と根本を切り落とします。

縦に半分に切り、芯をくり抜きます。

根元を残したまま、切り込みを入れます。

上から切っていくとみじん切りになります。

切り込みが細い方が細かいみじん切りになりますし、粗めに切り込みを入れると粗いみじん切りになります。

ハンバーグに練り込んだり、チャーハンに使ったりと、みじん切りの玉ねぎはいろんな料理に使えますね!

気になる方は、ぜひ試してくださいね。

関連記事(玉ねぎの保存方法などの豆知識)

鮮度の良い・美味しい「玉ねぎ」の選び方・見分け方

おすすめの「玉ねぎ」の常温・冷蔵・冷凍保存!1ヶ月以上も長持ちする方法も!

基本的な「玉ねぎ」の切り方!料理別に紹介