【徹底解説】コストコおすすめ品「95」選

美味しい・鮮度の良い「キャベツ」の選び方・見分け方

キャベツは年中販売されていますが、冬の時期は甘さも蓄えているので、加熱するととても美味しいですよね。

キャベツは炒めても煮ても美味しくて、重宝しますしよく買います。

しかし意外と鮮度良いキャベツの見分け方がわからない方も多いのではないでしょうか?

【この記事で分かること!】
  1. 鮮度の良いキャベツの見分け方
  2. 美味しいキャベツの選び方

では早速ご紹介しますね。

キャベツの選び方・見分け方とは?

【おすすめのコツ3つ】
  1. ずっしりと重くてみずみずしい
  2. 淡い緑色。黄色いものは古い。
  3. 芯が500円玉程度。

では、詳細を説明しますね。

ずっしりと重くてみずみずしい

鮮度の良いキャベツはみずみずしく重さもしっかりあります。

葉っぱはキュッとしまっていて巻きが多いです。

春キャベツに比べると硬さもありますが、煮込むことで柔らかくなり、甘味もありますね。

淡い緑色が鮮度が良い!黄色いものは古い。

鮮度の良いキャベツは緑色がはっきりしています。

古くなってくると葉っぱが部分の黄色くなります。

黄色くなると味も美味しくないので、選びません。

芯が500円玉ほどの大きさ

茎の切り口がみずみずしいものを選ぶと良いです。

古くなってくると切り口が乾燥してきます。

また、茎は500円程度の大きさが良品と言われており、切り口が大きすぎるものは硬い傾向にあります。

カットしてあるキャベツの場合は芯が盛り上がってないものを選びましょう。

盛り上がっているものはカットしてから時間が経っています。また、カットしてから時間が経っているキャベツは芯に近い部分も緑色っぽくなってきます。

キャベツを選ぶときに参考にしてみてくださいね。

関連記事(キャベツの保存方法などの豆知識)

美味しい・鮮度の良い「キャベツ」の選び方・見分け方

おすすめの「キャベツ」の冷蔵・冷凍保存!ちょっとしたコツで長持ち!

基本的な「キャベツ」の切り方!料理別に紹介