愛知・名古屋のオススメ「いちごパフェ」10選!人気店から穴場店まで

「わらび屋本舗」長久手BENKEIの敷地内に1月11日オープン。

大阪、東京に店舗を構える「わらびや本舗」。全国の百貨店などの催事で人気のお店ですが、なんと1月11日に長久手のBENKEIの敷地内にオープンしました。ちょうどタイミングよく、長久手に行く用事があったので、オープン早々伺ってきました。

とろとろわらび餅が看板商品とのこと、「とろとろわらび餅」を含め、洋風な純生クリームわらび餅、あん生クリームパイ、塩豆大福を買ってきました。

では早速レポしますね。

長久手のリニモ「はなみずき通駅」すぐのパン屋さんBENKEIの敷地内にオープン。

長久手で美味しいパン屋さんといえば3つの指に入るほど美味しい「BENKEI」。アンティーク系列のお店で守山区や蟹江にも姉妹店がありますね。そのBENKEIの駐車場敷地内に「わらび屋本舗」がオープンしました。

わらび屋本舗は大阪に本店があり、東京に2号店、愛知長久手に3号店がオープン。また近日中に東京にもう1店舗できるそうです。

長久手にオープンしたわらび屋本舗は黒と木目を基調とした屋台風のお店で、対面販売なので、買いやすい雰囲気です。お店の方も親切にいろいろ教えてくれるので商品を選びやすいですよ。

とろとろわらび餅を始め、豊富な商品ラインナップ。

看板商品の「とろとろわらび餅は2種類あって、

「プレーン」はあんこを練り込んだわらび餅。

「よもぎ」はあんこなしのわらび餅だそうです。

サイズは3展開。

小 540円(税込)
中 756円(税込)
大 1080円(税込)

初心者はプレーンかな、ということでプレーンを購入しました。

 

和菓子系と洋菓子系があり、店頭には塩豆大福(162円税込)、みたらし団子(5本540円税込)が並んでいました。

洋風なお菓子は

純生クリームわらび餅
ごま生クリームわらび餅
黒豆チーズケーキ
スイートポテト
あん生クリームパイ

が上品に並べられていました。これで全種類ではなくて、

塩生クリーム大福、抹茶クリーム大福などもあるようです。

横のスペースにはめでたい飾りが飾ったありました。

とろとろわらび餅(小 540円)

早速とろとろわらび餅を頂きます。

和モダンな柄の紙に包まれており、渋めのグリーンがわらび餅っぽい演出を醸し出していますね。ちなみに賞味期限は当日でした!

緑の包み紙をほどくと、透明な蓋。中には黄金色のわらび餅が11個入っていました(見本は10個だったけど、11個入っていたのはオープンだからかな?

砂糖を纏わないきな粉がたっぷり入っていて、蓋を開けると香ばしい香りが鼻をくすぐります。一般的なきな粉よりも焙煎温度が高く、焙煎時間も長いそうで、香ばしさが抜群ですね!

わらび餅を注文すると割り箸をつけてくれました。

割り箸で救おうとするととろっとろのふわっふわの柔らかいわらび餅。絡んでいるきな粉を落とさないようにそぉっと口に運びます。

とろっふわっな食感がたまりません!あんこを練り込んだわらび餅は甘さ控えめでどんどん食べ進めることができます!

きな粉のお布団でくつろいでいるわらび餅たち。口どけもよく、味、食感ともに好みの味でした。

純生クリームわらび餅(330円税込)

プリンみたいな風貌にわらび餅という和な要素と純生クリームという洋菓子の代表のような食材の和と洋のコラボを楽しめる一品。

甘めのわらび餅の上には純生クリーム。

始めは純生クリームとわらび餅を味わってみて、半分くらい食べ進めたところで付属のきな粉をたっぷり投入!

きな粉は少し多めの印象でしたが、全てかけて純生クリームとわらび餅を一緒にスプーンで救って食べてみると・・・

きな粉が入ることで純生クリームとわらび餅の相性がグンと上がります!これめっちゃ美味しいですね。今までわらび餅って和風に食べるものと思っていましたが、純生クリームという洋風な食材との相性が良いことが発見できました。

添付のきな粉は「とろとろわらび餅」とは違い砂糖を配合したものでした。純生クリームわらび餅のきな粉は甘いのですが、合います。美味しかった!

あん生クリームパイ(320円税込)

生クリームとあんこを豪快にもパイ生地で挟み込んだ一品。

パイの表面を香ばしく焼いたパイ生地は家に持って帰る頃にはしっとりめになっていました。絶妙なしっとり加減。長女が気に入ってほとんど食べました。

塩豆大福(1個152円税込)

あん生クリームパイとは違い、甘さの中に塩気といアクセントを感じる豆大福でした。中に入っているあんこも程よい塩気で、大福の餅も軽い塩気があるので、甘いの苦手な方も好まれそうです。

ひとことコメント

とろとろのわらび餅は甘さ控えめで好みの味でした。少し甘めですが、純生クリームわらび餅も今までになかった和と洋を融合された絶品スイーツでした。

今度はヨモギのわらび餅や塩生クリーム大福を買ってみようと思います!

店舗情報

店舗名:わらび屋本舗 BENKEI長久手店

住所:愛知県長久手市桜作903

電話:0561-63-6309

営業時間:10:00〜18:00

定休日:年中無休

HP:https://warabimochi.osaka.jp/

名古屋のわらび餅の美味しいお店

名古屋・東区 夕方には売り切れ!期間限定の看板メニュー「わらび餅」の芳光(よしみつ)。 「恵那川上屋」の栗きんとん、わらび餅がうまい!名古屋星ヶ丘テラス 一朶(いちだ)名古屋駅店の「桃餅」や「わらび餅」などの和菓子が絶品! 名古屋駅!行列ができるツバメヤの「黄金(こがね)わらび」、「大地のどら焼き」!予約方法はあるの? 名古屋・栄「川口屋」和菓子の老舗の和菓子が繊細!「わらびもち」がうまい! 愛知県常滑コストコ近くの「大蔵餅」のかき氷は絶品!おこわランチや本格わらび餅も美味しい。