〔名古屋〕ハンバーガーおすすめ7選!地元民が厳選

「恵那川上屋」の栗きんとん、わらび餅がうまい!名古屋星ヶ丘テラス

あっという間に10月になってしまいました。

5月ごろに星ヶ丘の「恵那川上屋」にわらび餅が売ってて、いそいそと購入し、和菓子屋さんの作るわらび餅はおいしいなぁと思って、ブログに書いていたのですが、公開するのをすっかり忘れていました。

ブログの下書きを整理していたらこの記事が出てきたので、せっかくなのでレポしますね。なので、この記事を読むときは6月の気分で読んでいただけると幸いです。栗きんとんも買いましたので、合わせて書きますね。

では早速いってみましょう。

■オシャレな街、星ヶ丘テラスにある「恵那川上屋」

芋花恋や神戸屋キッチンなどが入っているTHE KITCHENの外、横のスペースにお店があります。白い壁に木目調の壁、ガラス張りの扉で中がよく見えます。

「芋花恋」が星ヶ丘テラスにオープン!名古屋で芋スイーツがうまいお店。 ザ・キッチンの「神戸屋ダイニング」のブランチセットは超お得!名古屋 星ヶ丘テラスでモーニング。

星ヶ丘の川上屋がオープンしたのが2015年ということで、私がまだ学生で星ヶ丘に通っていた時にはこのスペースはまだなかったですよね。どんどん星ヶ丘テラスも進化しています。

■お店の雰囲気

コンパクトな店内ですが、お菓子が所狭しと並んでいます。整然と並べられた和菓子は見ているだけでうっとりしますね。ブラウンを基調しにている店内なので落ち着いた温かみのある内装です。

この時の写真は5月のもので、現在とは違うラインナップだと思います。今はきっと栗を使った和菓子が並んでいるんだろうなぁ。また栗の和菓子を買いに行って来なくては!

この時は平日の昼下がり、恵那川上屋のわらびもちを買われるお客さんが何人かいました。

■購入した和菓子は2つ

栗のイラスト入りの紙袋に入れていただきました。

わらび餅 540円

食べる1時間前に冷やしておくと美味しいと言われたので、冷蔵庫で1時間ほど休ませました。

蓋をあけると、たっぷりのきな粉に包まれたわらび餅。種子島の黒糖みつも別添えです。

コロコロっとしたわらび餅が入っているのでとりあえず、皿に取り出し、黒蜜をかけます。

ふわっととろける食感で、とろっと上品な口どけのわらび餅。ふわっとろっとしていますが、もっちりしていてそのままでも甘くて美味しいのですが、黒糖蜜をかけるとコク深い甘味と黒糖のミネラルのような味わいで美味しい!

この黒糖はなんと自社製糖だそうです!

黒糖蜜なしでも美味しいですが、黒糖蜜をかけるとさらに美味しいですね。

わらび餅は様々な和菓子屋さんでお店を出されていて、それぞれ味も食感も違いますね。

名古屋・東区 夕方には売り切れ!期間限定の看板メニュー「わらび餅」の芳光(よしみつ)

名古屋・栄「川口屋」和菓子の老舗の和菓子が繊細!「わらびもち」がうまい!

名古屋駅!行列ができるツバメヤの「黄金(こがね)わらび」、「大地のどら焼き」!予約方法はあるの?

ちなみにわらび餅はたっぷりのきな粉にまぶされていますよね。ですのできな粉が余りませんか?

団子好きな我が家は白玉団子を作ってきな粉をたっぷりまぶして食べました。それでもまだきな粉が余っていたので、マカロニを茹でて、砂糖を加えて和えて食べました。保育園のおやつでも登場するおやつですね。

太公望  194円

若鮎大好き!今年はいろんな和菓子屋さんの若鮎を食べてこようかと思ったのですが、旬の時期を逃してしまい、店頭には無くなってしまいました。また来年若鮎の食べ比べをしようと思います。

さてこちらは川上屋の若鮎「太公望」。

パッケージの後ろにはなぜ、こちらの和菓子を太公望を名付けられたのか説明書きがありました。

袋を開けるとどら焼きのような香ばしい香りがします。この香りたまりませんね。

半分に切ると生地の中にはたっぷり入った求肥。その中にはあんこ。

しかも細かい栗の甘露煮も入っていて満足度がとっても高い若鮎でした。どら焼きのような皮はしっとりして美味しい!皮と包まれた求肥のコンビネーションはもちもち好きにはたまりませんね。

■恵那峡店に行った時の様子はこちら。

10個分の栗きんとんが入った大きなモンブランのような「栗一筋」はものすごく大きくインパクト抜群!量が多いのでランチを軽めにしていくか、いっその事ランチは食べずに行っちゃうか、な感じがいいかもしれないですね。

土日は2時間待ち?!狙い目は平日。巨大モンブラン「栗一筋」は栗きんとん10個分!「川上屋」岐阜 恵那峡店

■やっぱり食べたい「栗きんとん」

9月上旬から1月中旬まで販売しているようです!栗きんとんを食べると「秋!」って感じしますね。

先日も「恵那川上屋」に行ってきました。お目当ては「栗きんとん」。

2個入り(460円)でも売っているので、ちょっとだけ食べたい時には便利ですね。賞味期限は翌日なので、少量で購入できるのはうれしいです。箱の中には包まれた栗きんとん2個と、紙の箱の裏には栗きんとんの説明がされていました。

材料は栗と砂糖のみと本当シンプル!

包みには栗のイラストとともに、「恵那川上屋」の文字。

さあ、あけてみましょう。

じゃーん!つぶつぶ感が心地よい「栗きんとん」。やっぱり美味しい!

栗の品種や収穫期によって砂糖の量や炊き上げる時間を調整しているようです。栗きんとんが終わると、

2月下旬〜5月上旬で「里長閑(さとのどか)
5月中旬〜8月下旬で「栗観世(くりかんぜ)」
11月下旬〜2月下旬の「ひなたぼっこ」

ひなたぼっこは市田柿の中に贅沢に栗きんとんが入っているんです!11月下旬になったら買いに行こっ!

このように年中いろんな形で栗きんとんに触れられて嬉しいですね。

■ひとことコメント

栗きんとんで有名な恵那川上屋。わらび餅など栗の和菓子以外は食べたことがなかったのですが、わらび餅も太公望も絶品でした!

栗きんとんの時期にもなったのでまた近々恵那川上屋に行って栗の和菓子を買ってこよっと!

■店舗情報

店舗名:恵那川上屋 星ヶ丘店

住所:愛知県名古屋市千種区星が丘元町15-5 星が丘テラス ザ・キッチンG2

電話:052−789−1030

営業時間:10:00〜20:00

HP:https://www.enakawakamiya.co.jp/index.html