>>子連れ旅!飛騨高山に日帰り、食べ歩き旅行!<<

名古屋・栄 抹茶が超絶うまい「茶々助」はパフェも美味しい。

愛知県には美味しいお抹茶屋さんがたくさんありますね。その理由は名古屋は和菓子が美味しい文化だからだそうです。全国でも愛知県の和菓子のレベルが高いんですって!和菓子と切り離しできないのが抹茶。美味しい抹茶が飲めるお店が多いのも納得ですね。

さて、今回伺ってきたのは名古屋市栄にある茶々助。栄の東側に「TABERU TERRACE」があり、そちらには多くの飲食店が入ってまして、茶々助は1階にあります。

▼こちらの記事もおすすめ

愛知・名古屋のオススメ「いちごパフェ」10選!人気店から穴場店まで。

茶々助の場所や営業時間など。

店舗名 茶々助
住所 名古屋市中区栄4-15-9 食べるテラスSAKAE 1F
電話 052-212-5725
営業時間 11:00~20:00
定休日 水曜日

松坂屋やラシック、パルコなどの東側の公園よりさらに東側。コメダの近くに「TABERU TERRACE」の中にお店はあります。

茶々助は奥の建物の1階。

階段の手前にあります。

看板もあるので、わかりやすいですね!

カウンター席と2名がけのテーブルのみのコンパクトな店内。

カウンター席と2名がけのテーブルが3卓。こじんまりして落ち着ける雰囲気です。お店の奥に抹茶を挽く石臼もあります。

抹茶へのこだわり

抹茶への愛がすごくて、店主自ら茶園に赴き、気に入った茶葉のみを入荷し、お店で挽き、挽きたてを提供しているそうです。

合組(ごうぐみ・茶葉のブレンド)しているものから茶々助セレクトの単一抹茶を楽しめるものまで幅広く抹茶の種類がありました。

苦味、コク、甘みなどそれぞれに特徴を出しながら合組されております。

今回飲んだのは「本簀(ほんず)栽培」をされたもの。本簀(ほんず)栽培はよしずの上に稲わらを乗せて栽培する方法だそうで、風味や味わいが深いそうですよ。

本簀(ほんず)あさひのうまさに感動!

初めて本簀(ほんず)栽培をされた抹茶を飲みましたが、びっくりするくらい味わいが「まるい」んです。苦味はほとんどなくふわっと包みこまれるような味。口に含むと何層にも旨味を感じられる味でした。美味しいって言葉では片付けられないほどの味です。

香りも半端なくてテーブルに置かれた時点で抹茶の強い香りが立ち一気に引き寄せられます。

干菓子はお店で手作りされていて砂糖がらめのくるみでした。

茶々助セレクトはなくなり次第次の抹茶に変わるということなので「本簀(ほんず)栽培」の抹茶を飲まれたい場合は早く行った方が良さそうです。もうすぐなくなるって言ってました。

和菓子セットというものもあり、店主選りすぐりの和菓子と抹茶を一緒にいただけるようです。

名古屋・伏見 「むらさきや」の美味しい和菓子が超オススメ!

抹茶の旬

抹茶にも旬があるそうで、実は今の時期が一番美味しいんですって。新茶を迎えて茶摘みをし、半年寝かせてから12月頃から出すお抹茶が一味も二味の違うのだとか。

いいタイミングに伺えて良かった〜!

抹茶といちごのパフェ (1,280円)

茶々助は抹茶のスイーツもうまいんです。期間限定の「抹茶といちごパフェ」を食べました。下から順に抹茶わらび餅、きな粉、くるみ、ミルクジェラート、フローズンいちご、ロイヤルティーヌ、ミルククリーム、いちご、小豆、白玉、抹茶チョコがけいちごとボリューム満点!

白玉団子はゆでたてなのでモッチモチで美味しい!

別添えのお濃茶があるのですが、かけながら頂くとさらに抹茶感が出て、大人なパフェです。甘さはぐっと控えめで、最後まで美味しく食べられました。パフェに使っている抹茶は本玉露だそうです。

ひとことコメント

本簀(ほんず)栽培の抹茶は初めて飲みましたが、まろやかさにびっくりしました。全く苦味はなく、飲みやすい抹茶でした。機会があったらまた飲みに行きたいですね。

パフェは内容を変えながら年中あるみたいですが、夏限定のかき氷も評判なのでまた次回は夏に伺ってみようと思います。

 

茶々助オススメの名古屋の和菓子屋さん

名古屋・伏見 「むらさきや」の美味しい和菓子が超オススメ! 名古屋・栄「川口屋」和菓子の老舗の和菓子が繊細!「わらびもち」がうまい!

抹茶に合わせていただきたい和菓子

金山の不老園は嘉永元年(1848年)創業!老舗の和菓子屋の「和プリン」は絶品だった!・・・和プリンはリピートする美味しさ。電話予約時にお願いしたら豆乳で作ってもらうことも可能だそうですよ。

【名古屋・東区 夕方には売り切れ!期間限定の看板メニュー「わらび餅」の芳光(よしみつ)。】・・・わらび餅といえば、抹茶ですよね。とろける芳光のわらび餅は絶品です。