>>>【新店】インスタフォロワー2万人越え!ダイワスーパーのカフェとは?<<<

ぶどう『ナガノパープル(JA松本ハイランド)』は種無しで皮ごと食べられる美味しいやつ!野菜ソムリエの僕も大好きな「ぶどう」

ナガノパープルは他の「ぶどう」に比べて糖度が高い。

糖度は20度前後あり、種がなく皮ごと食べられるのが特徴。

僕の中で今最も注目する「ぶどう」の一つ。

IMG_7408

巨峰、ピオーネなど黒系と呼ばれる系統では、”種なし”で”皮まで食べられる”唯一の「ぶどう」。

大粒の果実は12g〜14g(一粒)と巨峰よりもひと回り大きい。

長野県のオリジナルブランドで、長野県でしか生産されていない。

デラウェア、巨峰に比べると生産数量も少なく、珍しい品種。

今回購入したナガノパールは「JA松本ハイランド」さんが出荷した「ぶどう」。

IMG_7404

価格は1パック、780円(税別)

ナガノパープルの出回り始めに比べると、価格もお値打ち感になりました。

ナガノパープルの見た目は、巨峰、ピオーネと間違えるほどの黒色で、形状も似ています。

IMG_7407

果肉はしっかりとしており、果肉を半分にきると綺麗な薄黒い果肉が現れます。

IMG_7411

*光の反射で果肉の色がハッキリと分からないのが残念です。僕の写真の腕を上げます!

今回購入したナガノパープルは糖度が20度でした。

IMG_7416

いざ実食してみると。

甘いぶどうの風味が鼻から抜けて、口の中いっぱいに上品な甘みが広がりました。

舌触りもなめらかで、皮ごと食べているのに、渋み・雑味が一切ありませんでした。

極上のデザートとして、至福のひと時を過ごせました。

IMG_7414