希少品種! ぶどう「シナノスマイル」(長野県産)を野菜ソムリエがレポートします。

スポンサーリンク

ぶどうの「シナノスマイル」は希少品種!

栽培面積が少ないので、市場に出回る量が少ない。

9月が旬の中性種。

IMG_7446

今回近くのスーパーで「シナノスマイル」(長野県産)を見かけたので、即購入!

珍しい品種なので、スーパーで出会う確率は低い。

希少性の高い「シナノスマイル」であるが、価格は値ごろ感がある。

IMG_7439

産地:長野県

サイズ:1粒2cmぐらい

価格(1パック):398円(税抜)

特徴:赤色の鮮やかで、種無し(今回購入)である。皮は食べられない。

IMG_7447

「シナノスマイル」は赤系のぶどうで、房、粒の大きさは巨峰ぐらい。

半分に切って中を見てみると・・・

IMG_7452

赤い果皮に包まれた果肉は、薄い黄色をしており、種もない。

種ありの「シナノスマイル」もあるみたいだが、今回は種なしであった。

ぶどうの種無しは、ジベレリン(ホルモン)処理をして、種を人工的に無くしている。

味は巨峰などと比べると酸味が強い。

しかし、甘みもしっかりあり、糖度、酸度のバランスが丁度良い。

ちなみに今回の糖度は・・・

IMG_7455

16.3度と若干低めの糖度であった。

しかし、味はまとまっており、我が家の長男は美味しそうに「シナノスマイル」を平らげていた。

IMG_7444

珍しい品種ではあるが、お手頃価格の「シナノスマイル」

スーパーで見かけられたら、選択肢に入れてください。

 

 

最後に話は脱線しますが、野菜ソムリエとしての楽しみは、珍しい品種を皆さまへお伝えすることです。

これが面白くて続けています。

これからも、珍しい品種をレポートしていきます。

お付き合いください。

 

 

オススメ記事 果物編