>>子連れ旅!飛騨高山に日帰り、食べ歩き旅行!<<

子連れ旅!飛騨高山に日帰り、食べ歩き旅行!

我が家は、結婚してからすでに10年が経ちました。

結婚前から、

とよ

飛騨高山にいってみたいよね〜

と、『とよ』は話をしていましたが、飛騨高山にあまり興味がわかず、話半分で聞いていました。

それが、なんと飛騨高山に、私の興味を引くお店『ダイワスーパー 飛騨高山本店』がオープンしたんです。

ぱる

ダイワスーパーのファンとしては是非行ってみたい!

そこで、とよに話をすると・・・

ぱる

とよ、飛騨高山に行きたいって言てったてよね。

とよ

そうそう、行ってみたいんだよ。是非に!

ぱる

しょうがないな、そこまで行きたいのなら、ついて行ってあげてもいいよ!

とよ

ぱる、ありがとう!

と、この流れで飛騨高山に行くのが決定しました。

横で話を聞いていた子供達も・・・

長女

いくいく、絶対映えスイーツを食べてみたい!

長男

オレはお肉系が食べたいな!

次女

わたちは、なんでもいいから食べたい!

と、子供達も行くき満々!

家族5人の意見がまとまったので、飛騨高山へレッツゴー

とよ

・・・って、ぱるも運転してくれるんだよね?

ぱる

とよ、ありがとう!私いつも通り・・・・助手席で寝ていくから!

とよ

・・・はい・・・(諦観の笑み)

さて、今回家族で飛騨高山に日帰り、食べ歩き旅に出かけました。

プランは次の通りです。

飛騨高山 日帰り満喫プラン『滞在時間;4時間』
  • 宮川朝市を散策
  • 人気の高山プリンに舌鼓
  • 食べ歩きに最適なクロワッサンは欠かせない!
  • 念願叶って、ダイワスーパー 飛騨高山本店は映えがすごい
  • フルーツサンド大好き!飛騨高山でもフルサンに手が伸びる
  • 古い町並みで、情緒を感じる。
  • タピオカドリンクでインスタ映え!
  • 最後に昭和レトロを感じれるミュージアム

滞在時間は4時間と短いのですが、急ぐことなく、家族全員で楽しむことができました。

では、早速レポしますね。

 

名古屋から2時間30分で飛騨高山へ

移動時間って、小さな子供と一緒にいくと、結構苦痛だったりしますよね。

特に車内で兄妹ケンカを始めると、うるさくなり、騒がしく、親のイライラは増してきます。

我が家が、遠出を躊躇ちゅうちょするのは、ケンカが理由です。

長女

ちょっと、私の席が狭いじゃん!もうちょっと向こう行って!

長男

ボクの方が狭いだよ!お姉ちゃんが向こう行ってよ!

と、些細なことでケンカを初めて、どっちも譲らない・・・!

このような状況が、車に乗って長時間移動するとよくあるんです。

だから今回、名古屋から飛騨高山までの移動時間(2時間30分)が心配でした。

しかし、今回からどんなときもWiFiを持って行きました。子供たちは、一人一台あたえているamazon タブレットでYouTubeをみたり、ゲームをして過ごしていました。 

ぱる

子供が静かだったので、移動もイライラぜずに飛騨高山へいけました。

長女

兄妹ケンカしなかったので、車での移動も楽しくなったよ。

とよ

これなら、どこでも旅ができそうだね。

 

宮川朝市みやがわあさいちを散策!

名古屋を7時半ごろに出発して、到着は10時ごろ。

30分150円とリーズナブル。

駐車場から、歩いて3分ほど、宮川朝市に到着!

MEMO
宮川朝市は飛騨高山の有名な市で、年中無休で、早朝から正午まで開かれています。

長男

人がすごく多いね。

長女

外国のかたも多いんだね。

街並みも綺麗で、川沿いのお店が並んでいて、ついついお店に寄って行ってしまいようになります。

長女

あまりみたことがない、綺麗な野菜がたくさんあるね。

ぱる

これはイタリアン野菜だよ。ラタトゥイユなど炒め物に使う野菜だね。

長男

よっ流石、野菜ソムリエで料理研究家だね。仕事がいっぱい来ればいいのにね・・・

ぱる

うぅ、うん。(どなたか、野菜・果物・料理関係で仕事ください。→心の声)

 

高山プリンは滑らかに口の中で溶ける!

宮川朝市を散策していると、子供達からのクレームが発生しました。

次女

わたち、お腹すいた(怒)。食べないともう歩けない!

長男

オレもお腹すいた。

長女

私、甘いのが食べたい!

このクレームをかわすように、

ぱる

もう少ししたら、美味しいプリンがあるから。それまで我慢してね。

とよ

あっ、そうだ『しりとり』しながら、散策しようか?

と、お腹がすいたクレームをかわすように、話を変えてその場を乗り切ります。

そして、歩くこと5分ほど、お目当の高山プリンが登場しました。

宮川沿いに開かれている宮川朝市沿いに店舗を構える「高山プリン亭」

本店は2層のプリンも販売されていますが、宮川朝市店はプリンは2種類、ソフトは3種類と絞った商品アイテムです。

この2種類は特に人気のプリンだそうですよ。

早速プリンを購入!

高山プリン

マダガスカル産のバニラビーンズと、乳脂肪45%濃厚生クリームを使用した超濃厚なとろけるプリン!

次女

とろとろの滑らかなプリン大好き!美味しい、美味しい!

濃厚な味わい。口の中に入れると広がるプリンの旨味に浸れます!

 

大雪プリン

こちらのプリンは、牛乳プリンではなく、特別な卵を使用して雪のように白く仕上げたそうですよ。

材料は高山プリンとほぼほぼ一緒です。こちらも材料はとてもシンプル!

ちょうど良い甘さで子供達も美味しいってよろこんで食べていました。

長女

わたしは、このプリンの方が好きだな〜

高山プリンの詳細はこちらから↓

飛騨高山の宮川朝市に行ったら「高山プリン」はマストバイアイテム!ソフトも絶品!

 

おしゃれなカフェ、パン、スイーツのお店が、アルバイト、パート募集しています。興味のある方は、下記アドレスのタウンワークを参照ください! https://townwork.net/joSrchRsltList/?ac=081&jmc=00115&ds=01

食べ歩きに最適なクロワッサン!ワンハンドで食べられる。

さて、高山プリンだけで、お腹も満足して許してくれると思ったのが、、、

次女

わたち、まだお腹空いている。

長男

オレも、お腹空いてるよ!

と、、、、子供達からもっと食べたいアピールが、、、

そこで、高山プリンの横のお店『アンデルセン』のクロワッサンも購入しました。

こちらのお店は2019年3月にオープンしたお店とのこと。

5種類のクロワッサンがあり、1個280円〜300円とリーズナブルなのも嬉しいですね!

バタークロワッサン(280円)、あんこクロワッサン(320円)を購入しました。

バタークロワッサン

サクッと頬張ると軽やかなサクサク感、口いっぱいに広がる芳醇なバターの旨味。

噛むと小麦のうまさが広がります。

長女

めっちゃ美味しい。

 

あんこクロワッサン

表面にケシの実がまぶしてあります。あんぱんのようなイメージかな?

バタークロワッサンよりずんぐりした形で、やや塩気のある生地。

表面のサクッとした生地と中のモチっとした生地の食感が良い!

次女

わたち、お腹がいっぱいだよ。美味しかった。

アンデルセンのクロワッサンの詳細はこちらから↓

クロワッサン専門店「アンデルセン」は焼きたてで激ウマ!in 飛騨高山 宮川朝市。

 

憧れのダイワスーパー 飛騨高山本店へ!フルーツティーで喉を潤す!

ぱる

やっと、このときがやってきた!ダイワスーパー 飛騨高山本店!

このために、『とよ』をうまいように動かして、辿たどりつた聖地ばしょ

ぱる

ここはフルーツティーが美味しんです。

今回はハニーグロウソフトフルーツティー(ストロベリーソーダ、レモンソーダ)を購入。

フルーツティーはティーベースソーダベースの2種類。

ストロベリーソーダ

ストロベリーソーダは甘めで、ダイワスーパーのフローズンフルーツがたっぷり入っていました。

フルーツは全て冷凍です。

レモン、いちご、パイン、オレンジ、キウイ、りんごなどなどゴロゴロ入っていました。

冷凍フルーツが氷の代わりで、溶けても味が薄まらないのも嬉しいですね。

 

レモンソーダ

レモンソーダはすっきりした後味で、適度な酸味もあるのが爽やかで美味しいですね。

決して甘すぎなくフルーツの味を味わえる美味しい一品。

ぱる

大満足の味でした。ほんと来てよかったな〜(感無量)

ダイワスーパー 飛騨高山本店の詳細はこちらから↓

岡崎市で話題の「ダイワスーパー」が飛騨高山に出店。ブリスブルズとのコラボフルーツティーも絶品!

 

飛騨高山でもフルーツサンド『シェフは果樹園』

フルーツサンドのマニアとしては、飛騨高山のフルーツサンドも押さえておきたい!

ぱる
早速、検索と、、、やっぱりあった!

とよ

やっぱり行くんだね・・・(諦観の笑み)。

ぱる

やっぱり映えるね!インスタグラマーとしては、この映え感がたまらない!

とよ

いつからインスタグラマーになったんだよ・・・。さっき、野菜ソムリエで料理研究家と言ってたじゃん・・・。

とよ

一応、インスタアカウント持ってるらしい。こちら@parmen57 です。

さて、話を戻して、フルーツサンドのレポしないと!

「洋梨・ぶどう・飛騨桃・柑橘」のセットを購入しました。

名古屋で有名なメゾンルパンミュラのようにカスタードと生クリームの2層仕立てで、上品な甘さのクリームでスイーツ感のあるフルーツサンド。

食パンはふんわりしっとりした食感で、フルーツのジューシーさと相性抜群です。

フルーツサンド『シェフは果樹園』の詳細はこちら↓

飛騨高山「シェフは果樹園」のフルーツサンドはお得な4種類パックがお土産にもぴったり!

 

『古い町並み』で情緒を感じる!

さて、4件連続ではしごしたので、流石にお腹もいっぱいになりました。

子供達も、、、

長女

もう、食べれない・・・。

次女

わたち、お腹いっぱいで眠くなってきた。

と、、、

そこで、飛騨高山では絶対に欠かせない、古い町並みを散歩して、子供たちと一緒に情緒を感じます。とは、建前で、お腹いっぱいで散歩しながら、少しでもお腹をすかせないと・・・

こちらも観光客がいっぱいで大変賑わっていました。

酒蔵の店先を解放して、試飲場、お土産物、カフェなど併設しているお店もたくさんありました。

古い町並みで、目についたのは、肉寿司を購入する人の行列です。30人以上は並んでいたと思います。

ぱる
お腹に余裕があれば、絶対並んだのに!次回の食べ歩き候補の一つにとしておこう。

30分ほど、古い町並みを子供達と一緒に、散歩をしていると徐々に喉が乾いてきたので、次のお店へ行くことにしました。

 

飛騨高山でもタピオカドリンクを食す!

名古屋では、100件近くのタピオカドリンクを食した私は、飛騨高山のタピオカドリンクをウォッチしておかないと・・・と思い、こちらのお店に家族で行ってきました。

長女

ママといったらタピオカだよね。

と、娘からもタピオカ好きだと認識されているとは・・・(笑)

さて、こちらの店名は『blissbulls(ブリスブルズ)』

モコモコ生クリームがトッピングされたタピオカスイーツは60種類以上あるので、どれにしようかかなり迷いました。

生クリームトッピングなしのタピオカドリンクも20種類以上とメニュー豊富。

今回注文したのは、飛騨ミルク、レモンティー

タピオカはやや大粒で、黒糖タピオカです。

味は、割とあっさりしていて、甘すぎないのも良いですね。

レモンティーは、メニュー表はカラータピオカでしたが、品切れしているようでブラックタピオカでした。

たっぷりめにタピオカが入っています。

すっきりしたレモンティーに甘いタピオカが、相性がよかったですよ。

タピオカドリンクの『blissbulls(ブリスブルズ)』の詳細はこちらから↓

飛騨高山 散策!「blissbulls(ブリスブルズ)」のタピオカは種類が豊富でスイーツ感ある!

 

最後は子供も大人も楽しめる!『飛騨高山レトロミュージアム』

食べ歩きばかりしていると、子供からまともやクレーム!

遊べる公園とか、体験ができる面白いミュージアムがいいと、言われてしまいした。

そこで今回は、『飛騨高山レトロミュージアム』に行ってきました。

ぱる

昭和へタイムスリップしたような感覚になりますよ。

外観から懐かしさを醸し出しています。

私たち・・・と言うより私たちの親世代の小学校時代の生活に密着したようなものが、たくさん出迎えてくれます。

入館料は大人600円子供400円。入り口で会計をします。

こちらはPayPay(paypay_IOS・paypay_android)での支払いもできましたよ。

はじめのお部屋は小学校!

懐かしい・・・と言うより見たことのない世界を見られる子供達の反応が楽しかったです。

我々世代よりも上、親世代が『どストライク』な小学校の様子。

長女

パパ、ママ、懐かしい?

とよ

パパの世代よりもちょっと上かな。ママなら懐かしいと思うよ。

ぱる

いや、私、パパと同じ年なんですけど・・・(怒)。毎回、私が年上に設定するのやめて!

と、家族の会話が増えるのは間違いなし!

さらに、先に進むと、、、

ファミコン、スーパーファミコンなど昭和の子供部屋のような雰囲気を、再現しています。

長男

高橋名人、カセット面白いね。

と、息子は大喜びでゲームに夢中にでした。

女子は、昭和初期の病院をイメージした部屋で、お医者さんごっこで遊んでいました。

次女

めっちゃ面白い!へ〜懐かしいね。

ぱる

あなた、生まれてないから・・・

と、ツッコミながら楽しんでいました。

実は、こちらのミュージアムは、昭和の給食が980円で食べられるんです。

これが学校給食セット。

懐かしのソフト麺もあります。

ぱる

アルマイトの食器もめっちゃ懐かしい。

このソフト麺は今も健在で小学校でも食べるって長女、長男は言っていました。

子供も大人も大満足で過ごすことができました。

飛騨高山レトロミュージアムの詳細はこちら↓

岐阜飛騨高山で子連れ観光。昭和にタイムスリップ!「レトロミュージアム」が大人も子供の楽しめる!

 

ひとことコメント

飛騨高山の日帰り、食べ歩き旅は十分満足できました。

子供も、飛騨高山の美味しいグルメをお腹いっぱい食べて、その後『飛騨高山レトロミュージアム』と、満喫できました。

今回は残念ながら行けなかったお店もあるので、次回行くときにはぜひ寄ってみたいと思います。

地元地域をアピールされたい方へ

弊社サイトでは、地域の魅力を発信しています。

我が町の魅力を少しでもアピールしたい、もっと情報発信したい!と、自治体の方からのお仕事をお待ちしております。

価格は、交通費だけで結構です。取材費・掲載費用などはいただきません。ぜひ、我が町の魅力を弊社サイトで発信させてください。

お問い合わせこちらから