コストコの会員更新を「実質無料(タダ)」にする方法!

【実食】世界のマンゴー!おすすめ「8選」を紹介!

こんにちはマンゴー大好きな「ぱる」です。

スーパーや八百屋、フルーツショップで新しいマンゴーが登場すると、ついつい買ってしまうんですよね。

国産マンゴーから輸入マンゴーまで幅広く食べてきました。

この記事ではオススメの世界のマンゴー(実食済み)を紹介しますね。

この記事で分かること
  • 世界のマンゴー生産量
  • 2020年の日本へのマンゴー輸入量
  • 国別のオススメのマンゴーについて(実食済み)

マンゴーについてより詳しく知りたい方や、美味しいマンゴーを購入したと思っている方に最適な内容です。

最後まで読んでいただきますと、マンゴー好きになるかもしれませんよ。

この記事の著者

野菜ソムリエプロ ぱる

野菜ソムリエプロ歴15年、野菜・果物の携わり17年。大手スーパーの青果主任を経験後、名古屋最大手の卸売市場に勤務!結婚・出産後は、野菜・果物に関わる講座・講演に登壇。

現在は、野菜・果物をより多くの方に知ってもらうために、ライターとして活動中。月間32万PVのサイト『名古屋グルメ ぱるとよ』を運営中。YouTubeでは、野菜・果物に特化したチャンネルで活動中『野菜ソムリエ ぱるとよ』

マンゴー生産量と輸入について

今から15〜20年ほど前に、東国原 元宮崎県知事の宣伝効果もあり、宮崎県産マンゴーの知名度が一気にあがりました。

その当時、名古屋中央卸売市場(大卸)に勤めていて、宮崎県産マンゴーが飛ぶように売れていったのを覚えています。

世界のマンゴーの生産数量

国産マンゴーの人気が高い日本!では世界の生産量はご存知でしょうか?

世界のマンゴーの年間生産数量は,300万トンと推測されています。

ぱる

日本で生産されるお米の生産量が約700万トン!

主食であるお米の「6倍」以上のマンゴーが世界で生産されています。

主な生産国は、

  •  インド
  •  中国
  •  タイ

アジア圏が主要生産地 です。

日本への輸入量

国産マンゴーは人気が高いのですが、輸入マンゴーも低価格で人気のある果物です。

2020年のマンゴーの輸入量は 「6,720トン」で、国産マンゴーの生産量は「約3、000トン」よりも2倍以上多く輸入されています。

国別のマンゴー輸入量は次の通りです。

  1. メキシコ 3,053t
  2. タイ 1,269t
  3. ペルー 697t
  4. 台湾 687t
  5. パキスタン 221t

*出典元:日本の貿易統計(輸入)

メキシコが最も輸入数量が多く、次にタイが多い結果となります。

5〜9月ごろに輸入マンゴーをコストコやスーパーでよく見かけるようになりましたよね。

それだけ日本人がマンゴーが好きなんですよね。

【実食済み】国別のオススメのマンゴー

今まで食べたことのある世界各国のマンゴーの中からオススメを「8つ」ご紹介します。

日本も含めて合計で6カ国のマンゴー!(国産マンゴーとメキシコ産マンゴーは2種類あります。)

好きなマンゴーが見つかると幸いです。

では早速いってみましょう!

国産マンゴー

まず最初に紹介するのは国産マンゴー!

日本各地で生産されているマンゴーの中で、宮崎県産マンゴーと沖縄県産キーツマンゴーの2つを紹介します!

宮崎県産マンゴー

日本のマンゴーの代名詞といえば、宮崎県産マンゴーではないでしょうか?

国産マンゴーの火付け役となった功労もあり、今でも他の産地よりも1つ上の価格帯で販売されています。

【特徴】宮崎県産マンゴー
  • クセがなく、味が濃厚で食べ応えがある!
  • 柔らかな果肉で上品な舌触り
  • 価格は1玉1,000〜3,000円(家庭用)

宮崎県産マンゴーは4月下旬〜7月が収穫時期です。

樹で熟すまで実らせて収穫したマンゴーは、果肉はとても柔らかくて、クセがなく濃厚な甘みが特徴です。

価格は国産マンゴー、外国産マンゴーの中でも割高ですが、特別な日に宮崎県産マンゴーを食べるのもいいですよね。

沖縄県産キーツマンゴー

次に紹介するのは「幻のマンゴー」といわれるほど生産量が少ない、沖縄県産キーツマンゴー!

【特徴】沖縄県産キーツマンゴー
  • 生産量が少なくスーパーにあまり出回らない!
  • 抜群の糖度の高さ!濃厚な甘みが虜になる。
  • 旬は8月下旬〜9月下旬

キーツマンゴーは全国の市場に流通する量が少なく、地元沖縄で消費されることが多いです。

旬の時期は8月下旬〜9月下旬と、1ヶ月ぐらいと短く食べられるチャンスも少ないです。

一般のスーパーでは取り扱いがほぼないので、絶対購入したい方は割高になりますがインターネットで購入されるのがオススメです。

パキスタン産マンゴー

次に紹介するのは世界一甘い!?と噂があるほど甘い「パキスタン産マンゴー」!

パキスタン産マンゴーの特徴
  • 糖度が20度以上の甘さ!
  • 繊維質もあまり気にならず、食べやすい!
  • マンゴー独特の芳醇な香りが高い!
  • 価格:400〜500円(1個)

上記写真のパキスタンマンゴーは、コストコで購入しました。

糖度は20度以上で、濃厚な甘味と甘い香りで酸味はほとんどありません。

国産マンゴーと違い繊維はありますが、歯切れが良いので全く気になりません。

メキシコ産マンゴー

次に紹介するのは輸入量が最も多いメキシコ産マンゴーです。

トミー種とビーナスの2種類を紹介します。

トミー種

メキシコ産マンゴーのトミー種は好き嫌いが分かれるマンゴーだと思います。

【特徴】メキシコ産トミー種
  • 甘味もあり濃厚な味わい!
  • 繊維質が多い!
  • 価格は1個100〜200円

上記写真のパキスタンマンゴーは、コストコで購入しました。

甘さは16度とそれなりにあり、甘味も充分感じられます。

ただ繊維質が多いのが気になる方は、食べにくいマンゴーだと思います。

しかし価格は今回紹介するマンゴーの中で最もお値打ちですので、繊維質が気にならない方には最高のマンゴーだと思いますよ。

ビーナス

次の紹介するのはメキシコ産「ビーナスマンゴー」

【特徴】メキシコ産ビーナスマンゴー
  • マンゴーの独特な香りと、濃厚な甘み!
  • 果汁たっぷりで、国産マンゴーに負けない美味しさ!
  • 価格は1個400〜800円

メキシコヴィーナスマンゴー

ビーナスマンゴーは国産マンゴーと同じで樹で熟して収穫されます。

国産と同じで食べ頃の期間が短い為、メキシコから飛行機で輸入され、スーパーの店頭に並びます。

国産マンゴーと同じで、購入後すぐに食べても美味しいですよ。

ペルー産マンゴー

次は国が変わり「ペルー産マンゴー」を紹介します。

【特徴】ペルー産マンゴー
  • 芳醇な香りと濃厚な甘さ!
  • 繊維質は噛み切れて、食べやすい!
  • 価格は400〜800円(1玉)

ペルー産マンゴー

メキシコ産ビーナスマンゴーと同じように、とても食べやすいマンゴーです。

果汁たっぷりで、どんどん食べ進めたくなります。

旬の時期は国産マンゴーと違い「1〜3月ごろ」です。

台湾産マンゴー

次に紹介するのは輸入数量4位の「台湾産マンゴー」

【特徴】台湾産マンゴー
  • 繊維質が少なくなめらかな舌触り
  • 酸味はほとんどなくしっかりした濃厚な甘さ
  • 価格は400〜800円(1個)

台湾マンゴー

台湾産の果物はパイナップルが有名ですが、マンゴーも輸入量4位の果物です。

国産マンゴーと似た形をしています。

繊維質が少なく、滑らかな口当たりでとても食べやすいマンゴー!

タイ産マンゴー

最後に紹介するのは、輸入量2位の「タイ産マンゴー」!

【特徴】タイ産マンゴー
  • タイ産マンゴーは種類が豊富!
  • 濃厚な甘さで後味はさっぱり!
  • 価格:200〜500円(1個)

タイ産マンゴーには、ナムドクマイ種、マハチャノ種、キオサウェイ種などがあります。

国産マンゴーと比べると、形は細長く小ぶりです。

濃厚な甘みがあり後味もさっぱりしていて、一人でも1個食べ切れるほどです。

まとめ

今回は世界のマンゴーをご紹介しました。

国産マンゴーはもちろん、メキシコ産、パキスタン産、タイ産などなど!

国によってマンゴーの品種も違えば、味も価格も違います。

好きなマンゴーがあれば、購入されてみてはいかがでしょうか?

ちなみに私は、パキスタン産マンゴーがお気に入りです。コストコでも購入できますよ!