>>子連れ旅!飛騨高山に日帰り、食べ歩き旅行!<<

【閉店】塩アップルパイ専門店「魔女の林檎」が名古屋八事にオープン。

塩アップルパイ専門店「魔女の林檎」が名古屋市八事にオープンしました。

アップルパイ専門店ではなく、「塩アップルパイ専門店」。しかし、カスタードクリームが食べたい方向に、カスタードクリームのアップルパイもありますのでご心配なく。

塩アップルパイとは、どんな味がワクワクしながら行ってきました。

サクサクのパイ生地の上に塩が振りかけられており、さらにパイ生地の中に、数種類のりんごのフィリングが閉じ込められています。心地よいサクサクの食感と絶妙な塩加減がアップルパイを引き立ててくれます。

では、詳細をさっそくレポしますね。

※名古屋市八事には、おしゃれなお店が多いので1日散策しても飽きない街だと思います。八事おすすめのお店は、記事の最後に記載しておきますね。

 

アクセスやお店の場所

店舗名 魔女の林檎
住所 名古屋市昭和区広路町字北石坂102‐11 ITOビル1F
電話 052‐861‐3307
営業時間 11:00~20:00
定休日 水曜日
HP http://majonoringo.jp/

 

八事駅を出てすぐのところにオープンしました。隣はゲームセンター。

道路を挟んだ向かい側はイオンがあります。真っ赤な扉が目印ですよ。住所を入れてナビで行くとちょっと場所が違ってしまうのですが、サーウィストンホテルの通り沿いです。

魔女の林檎はアップルパイのテイクアウト専門店です。

店内はコンパクトな作り。ゴージャスなソファが置いてあります。

赤と白を基調にした内装でおしゃれ!壁にはドクロのイラストが飾られおり、ゴージャスなソファも印象的ですね。さすがおしゃれな街、八事ですよね。

オープン前に行かせてもらったので、ショーケースにはまだアップルパイは並んでないですが、オープンしたらショーケースに目的の塩アップルパイが並ぶそうですよ。

商品ラインナップは4種類。

アップルパイはのサイズは、普通サイズとミニサイズがあります。味のバリエーションは今の所、塩アップルパイとカスタードアップルパイの2種類だそうです。

ひょっとすると今後は新商品が出るかも・・・と言っていました。楽しみですね。

「塩アップルパイ(1個320円)」

普通サイズは1本320円、ミニサイズは1本270円。

カスタードは入ってなくて、何種類かの林檎を一緒に煮込んで作ったフィリングをパイ生地で包み塩をふり、焼き上げたものだそうです。

林檎のシャキシャキ感が嬉しい一品です。塩アップルパイを、ひとくちパクリ。塩が口の中にと溶け込み、サクサクのパイ生地に、程よい甘さのりんごのフィリングが調和して、ひとくち、ふたくちと食べ進めてしまいます。

甘さも控えめで、病みつきになりそうです。

カスタードアップルパイ(1個350円)

カスタードアップルパイは1本350円、ミニサイズ290円。

カスタードはフランスで修行したパティシエと一緒に配合などを考えて作り出されたそうで、濃厚な味わいです。

塩アップルパイとは全く違った味わいで、カスタードクリームのコクをしっかりと感じられるアップルパイ。

塩アップルパイでけではなく、オーソドックスなアップルパイも楽しめるのも嬉しいですよね。それもクオリティーが高い。

テイクアウト専門店で、一個一個紙の筒状の袋に入れてくれるので、そのまま袋からキュキュッと上に出したら手を汚さず、ワンハンドで食べられるのも魅力ですね。

おしゃれなカフェ、パン、スイーツのお店が、アルバイト、パート募集しています。興味のある方は、下記アドレスのタウンワークを参照ください! https://townwork.net/joSrchRsltList/?ac=081&jmc=00115&ds=01

ひとことコメント

塩アップルパイもカスタードアップルパイも味が全く違うので、食べ比べするのも面白いですね。

今までに、塩アップルパイというジャンルを避けてきましたが、これから食べず嫌いせずに美味しく食べられそうです。

これから新商品が登場するかもしれませんので、見逃せないお店の一つですね。

近いので、また近々行ってみようと思います。

八事のオススメグルメ

名古屋八事のデリカテッセン「ブルータブリエ(Bleu Tablier)」はオシャレなデリ。 名古屋 八事「やごとのだんごやさん」オシャレなお団子セット もっちり絶品パンが購入できる!名古屋八事の「パンのトラ」