〔名古屋〕ハンバーガーおすすめ7選!地元民が厳選

コストコ(costoco)の大人気プルコギの食べ方「3つ」のアレンジ方法

すっかりコストコユーザーになった我が家。何度か行くとだいたいお気に入りの商品が決まってきました。たまには違うものも買いますが、たいていいつも買うのが「クロワッサン」「ディナーロール」「ノルウェイサーモン」「プルコギ」あたりです。「クロワッサン」「ディナーロール」「ノルウェイサーモン」の記事は別でご紹介しているので、よかったら見てくださいね。

クロワッサンのボリュームがハンパなく、まるでベーカリーのクロワッサン。

コストコのクロワッサンはまるで有名ベイカリーの味。保存の仕方、使い切りレシピ

コストコ行ったら買いたい!ディナーロールの記事はこちら。

コストコの大人気商品「ディナーロール」食べきり方。2種類のアレンジ方法と冷凍保存の仕方

忘れちゃいけない、サーモンは買いのアイテム!食べきり3種類レシピをご紹介しています。

料理研究家 直伝!コストコ(costco)のサーモンフィレを美味しく、楽しむレシピ3選!

そして今回は大量に入っているプルコギの食べ切り方、保存の仕方などをご紹介します。

■プルコギとは

牛肉を甘辛く味付けした韓国の代表的な肉料理の一つ。「醤油」「砂糖」「蜂蜜」「酒」「ごま油」や「ニンニク」「生姜」などで味をつけたものになります。

家でプルコギをするときは牛肉の薄切りを使って、調味料に漬け込み、他の野菜と一緒に炒めたりして使います。でも自分で調味する場合、調味液の分量など悩むことも多いと思います。

そこで、コストコのプルコギは味がバチッと決まっているので、重宝します。ただ若干味が濃いめなので、野菜を増し増しして炒めたりするとちょうど良いですね。味覚の感じ方は人それぞれ違うので、ちょうど良い味加減と思う方もいらっしゃると思いますが、我が家ではこうやって使っていますよ、というのをご紹介しますね。

■どうやって美味しさをキープする?保存の仕方、解凍の仕方。

約2キロ入っているこのプルコビビーフはよほど大人数でないと、一回の食事で食べきることはできないので、保管される方も多いと思います。

我が家は5人家族なので、約500gずつ保存袋(ジップロック的なものでもいいし、面倒であったら普通のポリ袋に入れてもOK。私は面倒くさがりなので普通のポリ袋に入れて冷凍保管しました)に入れて冷凍。

冷気が当たらないようにしっかり口を閉じるのをお忘れなく。

ちなみに冷凍したものは1ヶ月くらいを目安に使い切りました。そして、使うときは調理する8時間くらい前に冷蔵庫で解凍するのがオススメ。その際は大きめの皿に冷凍した袋ごと乗せておいておくと冷蔵庫が汚れなくていいですね。

なので、夜調理をする予定だったら朝ごはん食べる時に冷蔵庫に移動しておくと、夕方調理をする時に程よく解凍されていて調理しやすいですよ。

■アレンジ(1)解凍したら野菜と一緒に炒めて。

定番中の定番、コストコのプルコギビーフを使うなら、まずは野菜と一緒に炒めることが多いですよね。

今回は人参、豆苗、もやしを一緒に炒めましたが、他にもキャベツを炒めたものの上に炒めたプルコギを乗せたり、玉ねぎを一緒に炒めたりするのもオススメです。野菜をたっぷり入れるとちょうどいい味加減になるので。

■アレンジ(2)即席ビビンバ丼

1)人参は千切りにして、茹でて、水気を切ります。

2)ほうれん草、ブナシメジは茹でて水気を切り、ごま油、塩、ごまを和えておきます。

3)プルコギビーフは炒めておきます。

4)ご飯をどんぶりに盛り付けて、人参、ほうれん草、ブナシメジ、プルコギビーフを乗せ、最後に卵をのせたら出来上がり!

石焼ビビンバではないのでおこげはできませんが、全部を混ぜて食べると美味しいですね。子供用に辛くはしてないので、大人が食べる時は韓国の唐辛子を混ぜたり、コチュジャンを入れたりすると味に深みが出て美味しいですよ。

*韓国の唐辛子

*コチュジャン

■アレンジ(3)キンパ風

超簡単で、子供も好きな海苔巻きが我が家での調理頻度が高いです。

1)プルコギビーフを油をひかないフライパンで焼きます。

2)ご飯にごま油と塩を混ぜて、海苔の上にご飯をのせます。

3)ご飯の上にプルコギビーフを乗せてぐるぐる巻いて好みの大きさにカットしたら出来上がり!

ランチや夕飯にはもちろんのこと、おやつ時に皿に乗せてテーブルにおいておくといつの間にかなくなっています。

子供に聞くと「たらこおにぎりと同じくらい好き」って。とりあえず我が家では好評なので、プルコギビーフを買ってくると、よく作ります。

韓国海苔があればより本格的ですが、うちにあるもので、と考えると「のり」「塩」「ごま油」を使えば、それらしい味になるので、結局いつも韓国のりを使わずにこの方法で作っちゃいます。

そうそう、キンパといえば、名古屋市中村区にある「Kのキンパ」も美味しいですよね。

名古屋・中村区 「Kのキンパ」2号店が本陣にオープン!

本格的なキンパを食べたい時は「Kのキンパ」に行きます。

■ひとことコメント

大容量のプルコギビーフですが、好みの味なので、野菜と一緒に調理をしたり、韓国風のり巻きにしたりと、アレンジがきくのも嬉しいポイントですね。さらにコストコのプルコギビーフは味がしっかりしているので、野菜をたっぷり一緒に食べることができますね。