コストコの会員更新を「実質無料(タダ)」にする方法!

【果物のプロ解説】シャインマスカットは皮ごと食べられるの?皮の剥き方も解説!

“ぶどう”の品種で、「皮ごと食べられる」と「皮ごと食べられない」品種がありますよね。

ではシャインマスカットて、皮ごと食べられるのでしょうか?

結論:皮ごと食べられます!

でも次の疑問が湧いてきませんが?

【疑問】皮ごと食べて大丈夫!?
  •  皮ごと食べると、農薬は大丈夫なの?
  •  皮に白い粉がついてるけど、いいの?
  •  皮が汚いけど食べられるの?

などなど、疑問について「果物のプロ」がお答えします。

さらに シャインマスカットの皮の剥き方 についても触れていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事の著者

野菜ソムリエプロ ぱる

野菜ソムリエプロ歴15年、野菜・果物の携わり17年。大手スーパーの青果主任を経験後、名古屋最大手の卸売市場に勤務!結婚・出産後は、野菜・果物に関わる講座・講演に登壇。

現在は、野菜・果物をより多くの方に知ってもらうために、ライターとして活動中。月間32万PVのサイト『名古屋グルメ ぱるとよ』を運営中。YouTubeでは、野菜・果物に特化したチャンネルで活動中『野菜ソムリエ ぱるとよ』

シャインマスカットは皮ごと食べられるの?

日本でもっとも流通している”巨峰”は、皮に渋みがあり、皮ごと食べられないですよね。

そのように日本の”ぶどう”は皮ごと食べられない印象が強いのではないでしょうか?

シャインマスカットは皮が薄く、パリッと渋みがない

シャインマスカットは2006年に登録された、新しい品種です。

昔の”ぶどう”の品種とは違い、皮がとても薄いのが特徴です。

しかも瑞々しい果肉を包んでいる皮は、パリッとした食感で、シャインマスカットが美味しい理由の一つに挙げられます。

巨峰のように皮に渋みもなく、違和感なく食べられますよ。

シャインマスカットは皮ごと食べられる

冒頭の結論の通り、シャインマスカットは皮ごと食べられます。

強いていうならば、皮ごと食べると、よりいっそう美味しいですよ。

パリッとした皮の食感のあとに、瑞々しい果汁が口の中に広がり、芳醇な香りと濃厚な甘みが味覚を楽しませてくれます。

ぱる

シャインマスカットは粒が大きいので、3、4粒で食後の”デザート”や”おやつ”として満足しますよ。

ただし劇的に美味しいので食べるのをストップできればですが 笑(私はできません・・・)

せっかく価格高いシャインマスカットを食べるのなら、美味しいのを選びたいですよね。

食べ方は?さっと洗って、パクッと口へ

シャインマスカットの食べ方は、

  1.  房から粒を外します。
  2.  粒をさっと水で洗います。
  3.  皮ごとパクっと口へ。

水でさっと洗うだけで、食べられるのでとても手軽ですよ。

スイカ、桃などのように切らなくてもいいので、主婦には嬉しいフルーツですよね。

さらにスイーツと一緒にシャインマスカットを食べるのもオススメですよ!

パフェにトッピングしたりと、今流行りのお店を参考にされると勉強になります。

シャンマスカットを使ったスイーツ【お店編】

愛知県・名古屋でシャインマスカットパフェが美味しいお店「4選」

シャインマスカットは皮ごと食べても大丈夫なの?

シャインマスカットは、前述の通り皮ごと食べられます。

しかし「皮ごと食べると農薬が残っていないの?」や、「白い粉がついてるけど大丈夫なの?」などなど。

疑問に思いますよね。

農薬は残っていないの?

皮ごと食べられるシャインマスカットで一番心配なのは、農薬が皮に残っていないのか?

ではないでしょうか。

シャインマスカットの栽培では、もちろん農薬を使用しています。

*「JAS有機」「栽培期間中に農薬を使用していない」などの表記があれば、農薬は使用していません。

農薬の安全性について

日本で使用できる農薬は、厳格な試験をクリアし国が許可した農薬しか登録されていません。

さらにシャインマスカットに使用できる農薬も厳密に決められております。

許可農薬でも、収穫前には使用できないなど、栽培段階による使用期間も設定されております。

農家は、規定通り農薬を使用したか『栽培日誌』に管理・明記が必要です。

最後の砦として、中央卸売市場では商品ごとに抜き打ちで、残留農薬検査を行っております。

もし基準値を越す農薬成分が検出されると、出荷停止、回収が義務付けられております。

このように日本の農薬管理は厳しく取り決めされており、シャインマスカットに農薬が残っている確率は極めて引くいですよ。

ぱる

私はシャインマスカットを皮ごと美味しく食べていますよ。

シャインマスカットの白い粉はなに?

シャインマスカットについている白い粉は、”ブルーム”と呼ばれるものです。

食べても体に害はありません!

農薬や汚れではありませんので、気にしないでくださいね!

ブルームって何?

皮をおおう白い粉は残留農薬と勘違いされることがありますが、果粉あるいは「ブルーム」といって脂肪酸などでできた天然成分が果皮の表面に浮き出たものです。

果粉には、雨や朝露などをはじいて病気を防いだり、水分蒸発を防いで鮮度を保ったりする働きがあり、生産者は収穫の際、できるだけ落とさないように丁寧に扱っています。

果房を洗う時、無理に落とす必要はありません。無害であり、むしろ新鮮さのあかしです。

*農林水産省HPより抜粋

白い粉(ブルーム)があると、鮮度がよくシャインマスカットと思ってくださいね。

でもせっかく鮮度がいいシャインマスカットを手に入れても、保存方法を間違えると日持ちがしないですよ。

シャインマスカットの皮が汚いんだけど!

シャインマスカットには、皮に茶色のシミが付いている 場合があります。

シャインマスカット 茶色いシミ

これは食べられるのか?と思いますよね。

問題なく食べられますよ!

「かすり症」と呼ばれる症状で、

  •  カルシウム不足
  •  日照不足(日当たりが悪い)

などが原因で栽培状況により出てくる症状です。

どうしても気になる方は、皮を剥いて食べられるのをオススメしますよ。

「かすり症」は、贈答用として扱いづらいので、お値打ち購入できますよ。

お値打ちにシャインマスカットを購入したい方はこちらを参照

【果物のプロ解説】シャインマスカットの値段は?お得に購入する方法!

シャインマスカットは皮を剥いてもいいの?

もちろんシャインマスカットの皮を剥いても食べられますよ。

ただしシャインマスカットの 皮を剥くデメリット も一応解説しておきますね。

シャインマスカットは皮を剥くとシャキッと感がなくなる!

シャインマスカットの美味しさの秘密は次の3つだと思います。

  •  瑞々しい果汁
  •  濃厚な甘さ
  •  シャキッとした食感!

まず皮を剥くことで、シャインマスカット独特のシャキッとした食感がなくなります。

この食感を求めてシャインマスカットを買い求められている方は、皮を剥かないのがいいですよ。

皮と実の部分が最も甘い!

さらにシャインマスカットは”ぶどう”の中でもとても甘い分類に入ります。

実はシャインマスカットで最も甘い部分は、皮と接している果肉なんですよ。

もし皮を剥いてしまうと、甘い果肉を一緒に削いでしまい、一番美味しいところが食べれなくなります。

ぱる

ちょっと残念ですよね。

シャインマスカットの皮の剥き方

巨峰などの他の”ぶどう”と比べるとシャインマスカットは、皮が薄いので剥きづらいと思います。

動画で解説!シャンマスカットの皮の剥き方

手で剥く

皮ごと食べることができるシャインマスカットですが、皮をどうしても食べたくない場合は手で剥けます。

巨峰は軸と反対側から剥くと剥きやすいですが、シャインマスカットは軸が付いている方から剥いた方が剥きやすいです。

1度につるっとは剥けなく、2〜3回に分けて剥くと剥けます。

皮は、かなり薄く剥けます。

爪楊枝で剥く方法

軸から切れ込みを入れる方法

軸の部分からおしりの部分まで爪楊枝で引っ掻いて線を入れます。

皮に線が入ればOK。

線のところから皮をめくって・・・

皮を引っ張るとと綺麗にめくれます。

果肉に線は入りますが、割と剥きやすいです。

爪楊枝でぐるぐる回す方法!

爪楊枝を使ったもう一つの剥き方は、軸のところの隙間から爪楊枝を入れて皮と実を外します。

指で押さえながら爪楊枝をくるくる回すと皮と実が外れます。

爪楊枝を一旦外して、皮を取り除き、

再び、皮と実の間に爪楊枝を入れて、爪楊枝をくるくる回しながら実と皮を外していきます。

最後はおしりの部分を取って終わり。

爪楊枝でぐりぐりするので、形は歪になりますが、まあ剥けました。

思ったほど果汁も溢れなかったです。

冷凍して剥く方法

ラップに包んで冷凍します。

一晩冷凍したものです。

水につけて皮のところに爪で切り込みを入れるとツルッと皮が剥けます。

結構薄く剥けます。

剥いている側から解凍されていくので、手早く剥いた方が良さそうですね。

つるんと剥けました。

やはり食感としては生とは異なり ふにゃッと柔らか になるので、シャキシャキの食感が好きな方にはオススメできません。

しかし、冷凍したシャインマスカットは”アイスティー”や”ソーダ”の 氷がわりにドリンクに入れる のは良いかもしれませんね!

溶けても薄まらないし、なんと言っても最後には食べられるので。

湯煎で剥く方法

鍋に水を入れて沸騰させます。

沸騰したお湯に40秒つけて、

氷水に入れます。

つるんと綺麗に剥けます。

生のまま剥くより若干皮が厚めな気がします。

左が生のまま剥いたもの、右が湯むきしたもの。

剥いた際は同じ色めでしたが、10分もすると色味に変化が出てきました。

左が生のまま剥いたもの。右が湯むきしたもの。

硬さ、食感は変わりませんが色がここまで変わります。

まとめ

シャインマスカットは皮ごと食べられる”ぶどう”です。

皮は薄くてシャキッとした食感が、シャインマスカットの美味しさを引き立ててくれます。

しかし、皮を剥いて食べても糖度が高いので満足されると思いますよ。

皮のまま食べるシャインマスカットと、皮を剥いて食べるシャンマスカットで 食べ比べしても楽しめそうですね。