【主婦必見】2020年美味しい『お米』!54銘柄解説

(栄)ふぐ料理屋可ん寅で和カフェkantora(かんとら)がオープン!桃のかき氷もあるよ。

可ん寅のかき氷メニュー

栄の錦にあるふぐ料理屋『可ん寅(かんとら)』が13時〜17時半までカフェ『和カフェkantora(かんとら)』をオープンしました。

かき氷を始め、甘味も楽しめるようですよ。なかなか敷居の高い、ふぐ料理屋ですが、カフェ時間は入りやすい雰囲気でした。女性のお一人様も結構きていましたよ。

今回は桃のかき氷を食べてきました。

カウンター席で頂くかき氷はリッチな気分になれますね。

では早速レポしますね。

和カフェkantora(かんとら)の場所や営業時間など。

お店の場所は?

栄ロフトの西の通りを北に進んだところにあります。錦通りを超えてさらに一本北の道に入ると桃尻タルトで有名なインダストリアル(Industrial)があります。

パンケーキバーガーの売っているoneononeも近くですね。

可ん寅の外観

黒を基調とした高級感のあるお店です。入り口の看板の上にある立体的なふぐが目印です。カフェの時間帯には氷の幟も出ているので、わかりやすいですね。

奥にはカウンター席。2階はお座敷もあるようです。

営業時間は?

店舗名 和カフェkantora(かんとら)
住所 名古屋市中区錦3-22-12
電話 052-971-4116
営業時間 13:00〜17:30
定休日 不定休
Instagram https://www.instagram.com/kantora1934/?hl=ja

『和カフェkantora』は『可ん寅』のランチとディナーの間の時間での営業です。

駐車場は?

専用駐車場はありません。

近くにコインパーキングがありますが、栄価格です。

和カフェkantora(かんとら)のメニューは?

かき氷のメニューは?

可ん寅のメニュー

生いちごを蜜炊きしたものや桃をフレッシュジュースのように仕上げたかき氷がありました。

トッピングもいろいろあるので、自分好みにカスタマイズできるのも嬉しいですね。

可ん寅のメニュー

妙香園の抹茶を使った抹茶氷や自家製黒蜜ときな粉たっぷりの氷、レモンを丸ごと使ったレモン氷などもありました。

可ん寅のメニュー

オススメのカスタマイズが載っているので、何にしようか迷った時に良いですね。

可ん寅のメニュー

クリームフルーツあんみつや冷やしぜんざいもあって、甘味を頼んでいる方もみえましたよ。

ランチメニューは?

可ん寅のメニュー

御昼席は

MEMO
  • 雑炊御膳(1600円)
  • 松花堂弁当(2000円)
  • 会席(すずらん)3500円
  • 会席(なでしこ)4500円

お昼席もとても気になります!

今回は何を食べた?美味しかった?

桃かき氷(880円)

可ん寅の内観

抹茶氷も気になりつつ、今回は桃かき氷を選びました。落ち着くおてふきです。

可ん寅のかき氷メニュー

ふわっと削られたかき氷の上にはコンポートされた桃、桃のフレッシュジュースのような果肉感のある自家製シロップがかかっています。

可ん寅のかき氷メニュー

ピンク色のシロップで見た目も可愛さもありますね!

トップにはふぐの形のグミのような寒天が乗っていました。さっぱりした甘さ、食感も良かったです。

可ん寅のかき氷メニュー

トップにはゴロゴロっと桃が乗っています。

可ん寅のかき氷メニュー

上にはたっぷりシロップがかかっていますし、途中で追いシロップをかけながら頂きます。

可ん寅のかき氷メニュー

すっきりした甘さの桃のシロップで美味しいですね!シロップはたっぷりあるので最後まで甘さもあって良かったです。

可ん寅のかき氷メニュー

中にもゴロゴロと桃が入っていましたよ。中にも桃の果肉が入っているのは嬉しいですね。

最後溶けてきたらストローで飲めるようにとストローも用意してくれていました!スプーンで救いきれないのはストローが助かりますね!

ひとことコメント

板前さんが作る自家製シロップを楽しめる、かき氷。上品なカウンター席で頂くかき氷は非日常で空間も楽しめて良かったです。今度はお昼の会席食べに行きたいな〜!