【主婦必見】2020年美味しい『お米』!54銘柄解説

宮崎県産の皮ごと食べられるバナナ(NEXT716)はどんな味?皮は美味しい?

皮ごとバナナ

バナナは年中気軽に手に入れられるフルーツで、価格も安定しているし、包丁を使わなくても手で簡単に皮が剥けるので、みなさんに人気ですよね。

特に春先や秋口にはよく食べられるイメージです。

さて今回は皮を剥かなくても良い、バナナのご紹介です。

皮を剥かなくても良い=皮ごと食べられるバナナです。

国産のバナナで皮ごと食べられるバナナは岡山県や鹿児島県、宮崎県で栽培されているようです。

今回は宮崎県産の皮ごと食べられるバナナをご紹介します。

名古屋の大衆天ぷら酒場ふみ屋で最近野菜を販売はじめたそうで、こちらに売っていたので買ってきました。

では早速ご紹介します。

皮ごと食べられるバナナとは?

今回はどこの産地のバナナ?

宮崎県のネクストファームのバナナです。

一本一本ずんぐりとまるっこいバナナ。

バナナを皮ごと食べたことのある方はまだまだ少ないのではないでしょうか?

皮ごと食べられるバナナは岡山県の農業法人が開発したバナナだそうで、国内で栽培が広がっているそうです。

今回食べた宮崎県のバナナ「NEXT716」は宮崎県川南町で栽培されています。農薬を使わず栽培しているのも特徴だそうですよ。

凍結解凍覚醒法という栽培方法で作られているのだとか。詳しいことは公式HPをみてくださいね。

https://next716.com/

皮ごと食べられるバナナはどんな味?

皮が薄いのが特徴。

皮ごとバナナ

通常の輸入バナナに比べて皮が薄いのが印象的でした。

皮は繊維が少なくシャキシャキした歯ごたえ。

苦味はないのですが、若干渋みが残るくらい。そこまで渋みは気にはならなかったです。

バナナの味は?

実際はシュガースポット(黒い斑点)がしっかり出てからが食べごろですが、待ちきれず見切り発車で食べました。

皮ごとバナナ

果肉はねっとり濃厚。輸入バナナでいうところの高地栽培のような味わいでした。シュガースポットはそこまで出ていませんでしたがさっぱりした甘さがあるので、このまま完熟まで待っていたらきっともっと甘くなっていたのかなって思います。

YouTubeで食レポしているのでぜひみてください。

バナナの熟度や標高による味わいの違いはこちら。保存の仕方も載せています。合わせてご覧くださいね。

美味しいバナナを食べる3つのコツ!選び方、標高・熟度の違い、保存の仕方

どこで買える?

ネット販売はこちら

https://next716.com/?pid=149890415

上記アドレスから購入することができます。

また、楽天ではふるさと納税の対象にもなっています。

別の国産バナナはこちら(楽天、アマゾン)

楽天で購入できる皮ごとバナナはこちら

アマゾンではこちらのブランドの皮ごと食べられるバナナがありました。

ひとことコメント

今回は宮崎県のネクストファームの皮ごと食べられるバナナを食べました。シャキシャキの皮、ねっとり濃厚な果肉のコラボが楽しいバナナでした。今度買ったら完熟まで待ってみようと思います。