〔名古屋〕ハンバーガーおすすめ7選!地元民が厳選

フライドポテト専門店「AND THE FRIET(アンドザフリット)」は、ポテト好きには堪らない。名古屋栄ラシック

子供のも大好き、大人も好きなフライドポテトの専門店が、栄ラシック地下にあるので行ってきました。

ラシックの地下にはアイスモンスターや、スターバックスなど人気の飲食店もたくさん入ってますね。最近はロールアイスクリーム屋さんもできましたね。この時も常に列ができていました。

ロールアイス屋さんの隣にある「AND THE FRIET(アンドザフリット)」がフライドポテト専門店。国内のじゃがいもばかりではなく、本場ベルギーのじゃがいもだったりアメリカ産のじゃがいもだったりを食べることができますよ。

これは野菜ソムリエとしても嬉しいお店。ではさっそくレポしますね。

 

■店舗情報

店舗名:「AND THE FRIET(アンドザフリット)」

住所:名古屋市中区栄 3-6-1 LACHIC B1F

電話:052-259-6263

営業時間:11:00〜21:00

定休日:ラシックに準ずる

HP:http://andthefriet.com

 

■お店の場所

「AND THE FRIET(アンドザフリット)」は、ラシックの地下1階、一番奥のスペースに飲食店がたくさんあり、その前に自由に食べることのできるスペースがあります。伺ったのは13時過ぎ。お昼も過ぎていたので、席に余裕はありました。

 

■お店の雰囲気

白を基調とした壁。ショーケースの中にはフレンチフライの見本。

窓口で注文して会計をし、順番のシートをもらい、席で待ちます。ちなみにこの時はヨーロッパの「ポムピン」を試食させてくれました。冷めても美味しいと評判のフレンチフライです。

注文してから揚げてくれるので、少し待ちますが、5分も待たなかったです。

加熱処理をした後、低温で1度揚げて、高温2度揚げているそう。

パーム、米、ピーナッツなどをオリジナルブレンドした天然植物性オイルで1度目をあげているそうです。2度揚げは、芋の品種によって、適したオイルで揚げてるんですって!1度目と2度目のオイルを変えて揚げているのですね。

 

■メニューの頼み方

1)FLOWER か BOX かを選びます。フラワーは1種類。ボックスは2種類のフレンチフライを選びます。

2)お好みのフリットを選びます。6種類のお芋の中から選べます。季節によって品種も変わることもあるみたいです。

「ビンチェ(ベルギー産)」「北海こがね(北海道産)」「マチルダ(北海道産)」「ラセットバーバンク(アメリカ産)」「スイートポテト(アメリカ産)」「ポムピン(ヨーロッパ産)」

3)ディップを選びます。

「自家製マヨネーズ」「3種のチーズディップ」「スイートチリサワークリーム」「特製トマトケチャップ」

サイドメニューとドリンクを欲しい場合は別途料金かかります。

 

■2種類食べ比べできる「BOX」をチョイス

箱には4人のパーソンが描かれています。

上には「AND THE FRIET」の文字。しっかりした箱に入っています。

今回は人気の「ビンチェ(ベルギー産)」「ラセットバーバンク(アメリカ産)」にしました。北海道のマチルダとか絶対美味しいのはわかっていたけど、なかなかスーパーでは購入できない外国産のものを味わってみたくて。

ラセットバーバンクは細めのポテト。衣も付いているのかしっかり目に味が付いていてディップをつけなくても美味しいですね。芋を細く切っているのでカリカリ感もあります!

ちらっと左側で顔を覗かせているのはピクルス。揚げ物を食べている途中で食べると口の中がさっぱりしますね。

ビンチェはホクホクしてて揚げたてはもちろん、冷めても美味しかったです。

3種のチーズのディップをつけてみます。トロッとした濃厚なチーズディップかと思いきや、意外にサラッとしてクドくないです。

形状はとろんとしており、味は程よいチーズ感で薄すぎず、濃すぎないのでフレンチフライの味を損なわずに美味しく食べられますよ。

ごちそうさまでした。

ドリンクは200円の「みかんジュース」にしました。甘すぎず、すっきりと飲みやすいジュースでした。氷は大きいタイプではなく、小粒で砕けやすいのでジュースを飲み終わった後カリカリ食べられる感じの軽い氷だったので、氷好きの私は嬉しい形でした。

ドリンクのコップも後姿でした。

 

■お土産にもオススメフライドポテトのスナック「ドライフリット」

 

5種類のドライフリットがありました。サクサクした食感で芋の味がしっかりわかるスナックです。

今回試食としてミニコップに入れてくれました。ドライフリットも品種によってカットの仕方も違うようですよ。お店の前に試食もありましたので、お店の方に言ったら食べられます。

 

■ひとことコメント

芋の種類でここまで味や雰囲気が変わるとは!一言でフライドポテトと言っても全く違うので、「AND THE FRIET(アンドザフリット)」の他のフライドポテトを食べに行きたいなぁ。

あと。ラシック地下には私の好きなハンバーガー屋さんも入っています。

名古屋・栄 ラシックのオーガニックバーガーキッチン(OBK)のハンバーガーが激ウマ!

 

■今日のひとりごと

フライドポテトはハンバーガーのお供に必須アイテムですよね。

特に子供達はポテトが大好きで、家でもフライドポテトはよくします。

唐揚げの時は絶対フライドポテトを作ります。

昔は生のじゃがいもを切って揚げるだけだったんですが、一度塩を効かせたお湯で茹でて素揚げすると時間が経ってもべちゃっとしないことがわかり、我が家ではずっとそのやり方。

塩で茹でておけば揚げた後に塩をかけなくてもいいしね。