野菜ソムリエの「ニラ」「いちじく」を使った持ち寄りランチ会

2ヶ月に1回の持ち寄りランチ会。14回目ということは3年目に入っていますね。前回までどんな料理が作られたのか気になる方は是非こちらをみてくださいね。野菜の色んな食べ方がわかります。

野菜ソムリエの持ち寄り会 「ズッキーニ&枝豆」 ズッキーニの美味しい食べ方

今まで同じお題は一度もなく、食材がだんだん絞られてきているので、徐々にクセのある野菜も登場するわけですが、今回のテーマは個性が強くて料理を選ぶ「ニラ」。今が旬の「いちじく」を使った料理に挑戦です!

今回は4名の野菜ソムリエの料理が登場です。では早速メニュー一挙公開です!

■市川さんメニュー

ニラの油淋鶏風

生のニラや唐辛子などを醤油、酢などに漬け込んだニラソースを唐揚げにトッピング。

唐辛子のピリッとしたアクセントを感じられ、ニラの風味も合わさり食欲ます一品!カリッと揚がった唐揚げに相性抜群です!ニラは生でも気にならなくとても食べやすかったです!

ビールが欲しくなる味ですね。

イチジクとチーズのダッチベイビー

新感覚のパンケーキ「ダッチベイビー」。もっちりした生地とフレッシュな果物や生ハムの相性抜群のおしゃれ系な一品。

もっちりしたパンケーキの上にはイチジクと一口モッツァレラチーズ、ベビーリーフ、生ハムが乗ったカフェ風「ダッチベイビー」。イチジクの甘み、生ハムの塩味、ダッチベイビーの優しい甘み、そして最後にかけられたメープルシロップが味をまとめています。

まるでカフェにいるかのような料理です。

■須名さんメニュー

蒸し鶏のニラソースがけ

レンジで仕上げた一品!にらと玉ねぎは刻んで醤油をベースとした調味料で味付け、鶏は酒をふりかけレンジで4〜5分ほど加熱したもの。レンジ加熱でこんなにしっとり柔らかに仕上がるんだ、と感動した一品です。たっぷりのニラと玉ねぎを食べられる具沢山二ラソースもソース自体も美味しいので、ご飯に混ぜて混ぜご飯にしても美味しそう!

イチジク稲荷寿司

稲荷のご飯にイチジクを豪快に混ぜ込んだ一品。

しいたけとにんじん、生姜を甘辛く炊いた煮汁であげを炊き、具材とイチジクを混ぜ込んだご飯は想像以上の美味しさです。イチジクってご飯にも合うんですね。プチプチした食感も食感が良くていいですね。

■伊藤さんメニュー

鶏肉のイチジクソテー

イチジクをバター・バルサミコ酢でソテーし、鶏胸肉のソテーに乗せたもの。コク深い甘いイチジクとしっとりした鶏肉を一緒に食べるといつもの鶏肉がワンランク上の一品に!くるみのアクセントも良いです!

ニラクッキー

ニラとチーズのクッキー。ニラの香りはほぼなく、でも見た目にしっかり緑色です。がっつりチーズの風味が感じられ、ワインのお酒に合いそうですね。

■大橋メニュー

イチジクドレッシング

普通かもしれませんが、イチジクを使ったドレッシングを作ってみました。材料はシンプルにイチジク、梅ジュース、オリーブオイル、塩。梅ジュースもピンク色のパープルクイーンという梅を漬けたジュースを使用。

超期間限定。ピンクの梅ジュース♪パープルクイーン

イチジクだけでもこのような綺麗なピンクになりますが、米酢よりよりまろやかな梅ジュースを使うことで優しい味わいになりました。

イチジクのパスタサラダ

早ゆで用フジッリを使ったパスタサラダ。イチジクはフレッシュのまま、生ハム、生パセリ、オリーブオイル、塩などで味付けをしたもの。材料はシンプルですが、素材の味が共存しあってまとまりました。

塩は是非美味しい塩で作るのがオススメ。我が家で愛用している塩はゲラントの塩。

こちらの塩はちょっと高いのでパスタ茹でる時やキュウリの板ずり、漬物ようの塩とは分けて使っています。

ニラ豚キムチ

豚キムチと言ってしまえば、それまでですが・・・笑。大好きな韓国唐辛子を使った一品。ニラと玉ねぎ、にんじんを同じ大きさに切り、豚肉と一緒に炒めます。味付けは生姜、醤油、米酢、きび砂糖(少なめ)、韓国唐辛子、すりごまで味を整えました。

韓国唐辛子の分量で辛さは調節できるので好みの辛さに。

冬瓜のソテー〜ニラ味噌乗せ〜

冬瓜を茹で表面をさっと焼き付けます。上にはニラ、生姜を米油で炒めて、豆味噌、きび砂糖、みりんで味を整え、最後にすりごまを混ぜたものです。

■まとめ

今回も工夫を凝らした料理が集まりました。ニラというと中国料理や韓国料理に使われることが多いようですね。ニラはクセが強いので、結構頭を使いました。

イチジクは料理への展開がしやすく、塩気のあるものやチーズなどの乳製品とも相性が良いのがわかりました。毎回テーマ野菜を決めて料理を持ち寄ることで相性の食材などがわかってとても面白いです!

さて次回は11月。ほうれん草とサツマイモ!サツマイモもこれから寒い時期にかけて品種がたくさん登場するし、楽しみですね。品種によって料理への展開も変わってくるのも魅力的な青果物ですね。

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。