コストコの会員更新を「実質無料(タダ)」にする方法!

コストコ 【大豆ミート】はお肉と間違える食感!ヴィーガン食材としても使える!

コストコには健康を意識した商品が多く販売されています。

その一つにビーガンにも対応しているマルコメ「大豆ミート」があります。

【特徴】マルコメ「大豆ミート」
  •  1袋(90〜100g)で、200円とお値打ち!
  •  低脂質、高タンパク、コレステロールフリーと健康に意識した食材
  •  お肉と間違える食感!

コストコの「大豆ミート」の 味、使い方、カロリー、賞味期限、さらにはアレンジレシピ まで幅広く解説しますね。

最後まで読んでいただけると、コストコの「大豆ミート」が食べたくなると思いますよ。

大豆ミートは肉と間違える完成度!

マルコメ味噌の商品

マルコメは日本最大の味噌メーカーです。

最近では甘酒にも力を入れており、甘酒のシェアは森永乳業に続いて2位!

さらに大豆ミートと、味噌メーカーとしてではなく総合食品メーカーとして成長している企業です。

肉と間違える食感

大豆ミートは見た目はミンチタイプ、フィレタイプ、ブロックタイプとありますが、どれも見た目はお肉そのもの!

食べた感じはお肉そのもの!

昔大豆ミートが出始めた頃は豆臭くて美味しくないイメージでしたが、いろんなメーカーが開発して、今ではとても美味しい大豆ミートになっていますね!

マルコメの大豆のお肉は豆の臭みはなく、味も大豆っぽさもなくて、「お肉です」と言われたら「そうですか」と信じてしまうほどお肉に寄せていますね!

3種類の大豆ミート

大豆のお肉ミンチタイプ

見た目はひき肉のような小粒のお肉のよう。

お肉の挽肉と同様の料理に展開できるので、常備しておくのも良いですね!

ミンチタイプはバラバラで使う、キーマカレーや麻婆豆腐・ミートソースなどから、くっつけてまとめるミートボール・ハンバーグ・つくねなど何にでも使えて便利ですね!

大豆のお肉フィレタイプ

肉を細く切った感じのフィレタイプは炒め物の料理に重宝します。

回鍋肉や野菜炒め、八宝菜などと相性抜群です。

個人的な感想ですが、豚肉ってスライスの仕方によって(お店によりますが)、脂身がどうしても気になっちゃうのがあって残すこともあるので、大豆ミートは脂身がないので、残さず食べれちゃうのも魅力的です。

大豆のお肉ブロックタイプ

ゴロゴロっとした食感が楽しいブロックタイプ。

唐揚げやカレー、肉じゃがなど肉が主役のおかずにぴったり。

ごろっとした存在感のある大豆ミートなので、食べ応えもあります!

カレーに入れてみました。

野菜を炒めるときに一緒に大豆ミートを加えます。

見た目は肉そのもの!

大豆ミートの使い方

湯戻し、水切り不要

そのまま使えるので、湯戻しや水切りしなくて良いので、思い立ったらすぐ使えて便利です。

袋のまま、電子レンジで加熱はできないので、袋から取り出してフライパンで調理をします。

アレンジレシピ3つ

大豆ミートは使いやすく、調理も簡単です。

大豆ミートの種類ごとにアレンジレシピを作ってみました。

麻婆豆腐

ミンチ肉の王道と言ったら麻婆豆腐かなと。

ぱる
私は豆腐が苦手ですが、子供たちが豆腐が好きなので、結構食卓に上がります。

材料

大豆のお肉 ミンチ 1袋

豆腐 150g×5個(今回は3個パックの豆腐を5パック使いました)

ねぎ 2本

しょうが 1かけ

にんにく 1個

ごま油 大さじ1

豆味噌 小さじ2

鶏がらスープの素 小さじ2

オイスターソース 小さじ1

豆板醤 小さじ1

片栗粉 大さじ1

水 200cc

作り方

1)皮を剥いたしょうが、皮をむいて芯を取ったニンニク、ねぎはみじん切りにしておく。豆腐は水切りをしておく。

2)鶏ガラスープの素、豆味噌、オイスターソース、豆板醤、片栗粉、水を合わせておく。

3)フライパンにごま油をひき、ニンニク、しょうが、ねぎ、お豆のお肉を入れて炒めます。

4)豆腐を入れてさっと炒めたら2)を加えて全体に混ぜて完成。

大豆ミートだよ〜と言わないとわからないくらい、肉と間違えるほどの美味しさです!

野菜たっぷり甘味噌炒め(オートミールランチ)

フィレタイプの大豆ミートは炒める系に相性が良いので、オートミールランチに使ってみました。

野菜モリモリ!甘味噌味で進みます。

材料

お豆のお肉 フィレタイプ 1袋

キャベツ 1/8個

にんじん 1/2本

豆もやし 100g

ピーマン 1個

玉ねぎ 1/4個

豆味噌 大さじ1と1/2

きび砂糖 大さじ1

豆板醤 小さじ1

オートミール 60g

水 300cc

ごま油 大さじ1

作り方

1)にんじんは拍子切り、ピーマンはヘタと種をとり細切り、玉ねぎは芯をとり、スライス、キャベツは芯をとり食べやすい大きさにきる。

2)フライパンにごま油をひき、にんじん、玉ねぎ、キャベツ、大豆ミートを入れて炒める。大豆ミートに焼き色がついたらキャベツ、豆もやし、ピーマンを入れてさらに炒める。

3)豆味噌、きび砂糖、豆板醤、水を入れて全体に味が行き渡ったらオートミールを加えて1〜2分炒めて完成。

大豆ミートは豆味噌と相性抜群!本物のようなお肉の食感、味わいで美味しく食べられましたよ。

肉じゃが

ゴロゴロ食べ応えのある大豆ミートは肉じゃがにも使えます。

材料

お豆のお肉 ブロックタイプ 1袋

玉ねぎ 1/2個

にんじん 1/2本

ジャガイモ 3個

だし汁 300cc

きび砂糖 大さじ1

醤油 大さじ1

作り方

1)ジャガイモは皮を剥き、一口大にカット。にんじんは皮を剥き、食べやすい大きさに切る。玉ねぎは皮を剥き一口大にカット。

2)鍋に材料全て入れて煮込む。にんじんが柔らかくなったら完成。

今回は薄味にしていますが、濃いめが好きな方は砂糖と醤油大さじ1ずつ足してみてください。必ず味見をしてお好みの味をみてくださいね。

今回は味噌を使ってないので、大豆ミートの味が全面に出ていますが、肉感もあっておいしかったですよ。

売り場・価格・賞味期限・カロリーなど

マルコメ「大豆ミート」の味の解説をしてきました。

次は売り場、価格、重量、賞味期限、カロリーなどの情報をお伝えしますね。

ドライ商品(小麦粉、シリアル)コーナーで販売

コストコは、お店の名前で倉庫店と名付けられるほど、店舗はとても広いです。

お目当ての商品を探すだけで、苦労しますよね。

大豆のお肉は、「小麦粉・シリアル」と同じ売り場 で販売されていました。

*今回購入したお店は、コストコ羽島倉庫店です。

お店によって売られている場所が違うかも知れません。その際は店員さんに確認してくださいね。

値段は1,198円とお値打ち

コストコのマルコメ「大豆ミート」の詳細は次の通りです。

【概要】値段・本数、サイズなど
  •  値段・価格:1,198円
  •  個数:6個(ミンチ、フィレ、ブロックが各2個)
  •  内容量:560g(ミンチ100g、フィレ90g、ブロック90gが各2個)
  •  
  • サイズ:縦17cm ✖️ 横14cm ✖️ 幅5cm程度(うち袋)
 

90〜100gあたり200円とスーパーやネットショップよりもコスパもいいですね。

コストコの「大豆ミート」は1回使い切りの小分けにされているので、とても使いやすいですよ。

賞味期限は約9ヶ月

「大豆ミート」の購入日は、「2021年5月6日」でした。

賞味期限は、「2022年1月20日」と明記されていました。

私が購入した商品の賞味期限は「約9ヶ月」でした。

コストコに「大豆ミート」が入荷するタイミングと、購入されるタイミングにより賞味期限は変わります。

ぱる
賞味期限を確認されて購入されるのをオススメしますよ。

保存方法:常温保存

マルコメ「大豆ミート」の保存方法は次の通りです。

  • 直射日光を避け、常温で保存してください。

開封後は保存ができないので、1回で使い切ってくださいね。

カロリー・栄養成分・添加物の詳細

コストコのマルコメ「大豆ミート」のカロリーや添加物が気になりますよね。

【ミンチタイプ】栄養成分 1袋(100g)あたり
  • カロリー:104kcal
  • タンパク質:17.5g
  • 脂質:0.9g
  • コレステロール:0g
  • 炭水化物:9.1g(糖質3.9g、食物繊維5.2g)
  • 食塩相当量:0.2g
【フィレタイプ】栄養成分 1袋(90g)あたり
  • カロリー:94kcal
  • タンパク質:15.5g
  • 脂質:0.9g
  • コレステロール:0g
  • 炭水化物:8.3g(糖質3.6g、食物繊維4.7g)
  • 食塩相当量:0.2g
【ブロックタイプ】栄養成分 1袋(90g)あたり
  • カロリー:95kcal
  • タンパク質:15.9g
  • 脂質:0.9g
  • コレステロール:0g
  • 炭水化物:8.1g(糖質3.4g、食物繊維4.7g)
  • 食塩相当量:0.2g

タンパク質が豊富で、さらに低脂質、コレステロールフリーは体を考える方には、嬉しい食材ですよね。

 

さらに、コストコのマルコメ「大豆ミート」の原材料は次の通りです。

【ミンチタイプ】原材料名

脱脂大豆加工品(国産製造(脱脂大豆、醤油))、米みそ、酵母エキス粉末/グルコノデルタラクトン、(一部に小麦、大豆を含む)

【フィレタイプ】原材料名

脱脂大豆加工品(国産製造(脱脂大豆、醤油))、米みそ、酵母エキス粉末/グルコノデルタラクトン、(一部に小麦、大豆を含む)

【ブロックタイプ】原材料名

脱脂大豆加工品(国産製造(脱脂大豆、醤油))、米みそ、酵母エキス粉末/グルコノデルタラクトン、(一部に小麦、大豆を含む)

原材料名の『/』(スラッシュ)以降が、食品添加物(赤字)です。

味噌メーカーが作る大豆ミートは、原料に「米みそ」が使われているんですね。

まとめ

今回はコストコのマルコメ「大豆ミート」をご紹介しました。

【特徴】マルコメ「大豆ミート」
  •  1袋(90〜100g)で、200円とお値打ち!
  •  低脂質、高タンパク、コレステロールフリーと健康に意識した食材
  •  お肉と間違える食感!

大豆ミートを使ったと知らなければ、通常のお肉を使用した料理だと勘違いするほどの食感です。

旦那は大豆ミートと知らずに美味しそうに食べていましたよ。

ヴィーガンの方にも使えて、1袋200円はお値打ちですよね。