コストコの会員更新を「実質無料(タダ)」にする方法!

いちじく直売!安城市で”いちじく(無花果)”をお値打ちに買えるお店!

全国的に”いちじく”の産地といえば、和歌山県、愛知県、兵庫県と西日本がメインの生産地です。

地元の愛知県にも有名な”いちじく”の産地が「3つ」あります。

  • 安城市
  • 碧南市
  • 常滑市

今回は、愛知県で生産量が最も多い、安城市の”いちじく”を紹介します。

さて、”いちじく”を購入するときには、傷んでいないか?鮮度がいいのか?と確認しますよね。

今回紹介するJAあいち中央 産直センター安城東部』では、農家直送の採れたての無花果(いちじく)をお値打ちに購入できます。

生産者の名前もわかる のも「JAあいち中央 産直センター安城東部」の特徴のひとつ。

”いちじく”の他にも地元の野菜、果物もスーパーよりもお値打ちに販売されていますので、興味のある方はぜひ覗いてみてはいかがでしょうか?

では詳細レポを始めていきますね。

”いちじく”を農家から直接購入したい方はこちらがオススメ

尾張旭市のイチジク直売所「谷口農園」の完熟イチジクの加工用が3kg1500円とお得!

JAあいち中央 産直センター安城東部の場所や営業時間など

お店の場所は?

青果物の直売所は街から外れた場所にあると思いがちです。

しかし、「JAあいち中央 産直センター安城東部」は街中にあり、安城駅から車で5分ぐらいです。

直売所をイメージしにくい、おしゃれな外観です。

営業時間

店舗名 JAあいち中央 産直センター安城東部
住所 安城市安城町宮前46-3
電話 0566-76-6503
営業時間 9時〜18時
定休日 毎月第3月曜日(祝日の場合はその翌日)
HP https://www.jaac.or.jp/agriculture/sanchoku/shop_anjyo_02/index.html

駐車場

駐車場は40台あります。

1台あたりの駐車場のスペースも広く、ファミリーカーでも駐車が余裕でできますよ。

混み具合

日曜日の10時30分ごろ訪問したました。

店内には20人ほどのお客さんがいました。

駐車場もすぐに止められましたし、レジでの会計も混み合うことなくスムーズに済みましたよ。

”いちじく”をお得に購入

無花果(いちじく)の産地では安くて美味しい無花果(いちじく)を購入したいですよね。

無花果(いちじく)はすぐに傷んでしまう果物ですので、産直の「JAあいち中央 産直センター安城東部」はおすすめですよ。

無花果(いちじく)の販売時期

無花果(いちじく)の販売時期は次の通りです。

販売期間(目安)
8月上旬〜10月上旬

天候や年によって販売期間は変更します。ご注意くださいね。

鮮度が良くて”お値打ち”な無花果(いちじく)

産直センターの魅力は、やはり鮮度がよくてお値打ちなことですよね。

3〜5個ぐらい入って、1パック400円(税込)で販売されていました(価格は変動します)。

近くのスーパーでは、同じような商品が500〜700円で販売されていました。

価格もお値打ちで、生産者の名前もわかりますので、どの生産者の無花果(いちじく)が美味しいのか?など調べながら購入できるのも楽しみの一つですよ。

購入した無花果(いちじく)の価格、味は?

無花果(いちじく)の価格はお値打ち

無花果(いちじく)を実際に購入してきました。

今回購入したのは、

  • 4個(税込400円) 桝井ドーフィン
  • 8個(税込600円) 加工向けの”いちじく”

どちらもスーパーよりもお値打ちに販売されていました。

MEMO
桝井桝井ドーフィンは、果肉が大きく食べ応えがある無花果(いちじく)です。

無花果(いちじく)の種類を知りたい方はこちらから。

オススメいちじくベスト3!枡井(マスイ)ドーフィン。とよみつひめ。蓬莱柿。

スーパーで販売されている無花果(いちじく)は、品種名がほとんど明記されていません。

農家の直売所は、このように無花果(いちじく)の品種まで分かるのも魅力的ですよね。

ジューシーで味が濃厚

今回購入した無花果(いちじく)は「ねっとりした食感で、上質な甘さ」がありました。

糖度は「15.9度」と高く甘みが強かったです。

家族で早速いただきました。

ぱる
皿に盛り付けた無花果(いちじく)は、あっという間に子供たちの胃袋へ収まりました 

【補足】無花果(いちじく)の切り方・皮の剥き方

無花果(いちじく)の切り方って、知っているようで知らない人が多いと思います。

補足情報として、無花果(いちじく)の切り方、皮の剥き方を紹介しますね。

定番の無花果(いちじく)の切り方

無花果(いちじく)の定番の切り方はとても簡単です。

ヘタの部分から皮を剥きます。

包丁を入れるとするすると綺麗に剥けますよ。

おまんじゅうのように真っ白になったら後は切るだけ。

くし切りにします。

そのまま食べてもいいし、サラダに使ったり、カナッペにしたりしても美味しいですね。

ジャムなどにするときは細かく切ると良いですよ。

地元の野菜・果物が豊富

生産者の名前がわかるので安心

JAあいち中央 産直センター安城東部は、無花果(いちじく)だけではなく農家直送の地元の野菜・果物も購入できます。

生産者の名前も商品ラベルに記載されています ので、安心して購入できます。

農産物直売所(グリーンセンター、道の駅など)の常連さんは、「どの生産者さんの野菜・果物が美味しいか?」

と、知っています。

そのために、人気の高い生産者さんの商品から売れていきます。

スーパーよりもお値打ちに買える

今回訪問したときは、安城産の野菜・果物が販売されていました。

スーパーよりも安く販売されていました。

農作物直売所が安くなる理由

農家さん同士が同一作物を作ると収穫時期が重なってしまいます。

お店に並ぶ野菜・果物が、需要より供給が多くなってしまい、価格も安くなりやすいです。

さらに、生産者さんが値決めしますので、売れ残るよりも少し安くても販売したいと思うので、値段が安くなる傾向にあります。

元農産物直売所 担当者のコメント

主婦の方など、食費を抑えたい方にはオススメですよ。

しかし、農産物直売所が近くにない方は、激安スーパーもおすすめです。

スーパーマニアが厳選『激安スーパー』

珍しい品種が購入できる

スーパーマーケットで販売されている野菜・果物は、大量に出回る品種がほとんどです。

珍しい品種に出会える確率は低いですよね。

しかし、JAあいち中央 産直センター安城東部では珍しい野菜・果物が販売されていました。

珍しい野菜・果物好きにはたまらないですよ。

ぱる

宝探しをしているみたいで、買い物中ワクワクしっぱなしでした。

まとめ

無花果(いちじく)の産地である安城市で、お値打ちに無花果(いちじく)を購入できるお店を紹介しました。

鮮度がすぐに落ちる無花果(いちじく)が、農家直送で鮮度が良くてお値打ちに購入できるのは、嬉しい限りですよね。

また無花果(いちじく)の他にも地元の野菜・果物もお値打ちに販売されています。

食費を少しでも抑えたい方や、生産者の名前を確認して購入したい方にもオススメですよ。

JAあいち中央 産直センター安城東部に、機会があればまた訪問したいです。