【主婦必見】2020年美味しい『お米』!54銘柄解説

楽天市場【ふるさと納税】実質タダで返礼品を、お得にゲットする方法!

ふるさと納税で、お得に高級食材(国産牛、さくらんぼ、マンゴー)や、日用品(洗剤、ティッシュ、お米)などなどをお得にゲットする方法を書いています。

我が家では、お値打ちな『鶏むね肉、とりモモ肉、第3のビール、焼酎』などの返礼品がある自治体に、寄付しています。

結果、食費もだいぶ浮かせることができています。

お友達の家庭では、滅多に食べることのできない、高級フルーツや高級肉の返礼品をいただいて、リッチな食卓をエンジョイしています。

私はふるさと納税をするなら、楽天市場おすすめします。その理由も後述しますね。

では、早速行ってみましょう!

MEMO
ふるさと納税は、応援したい自治体に寄付ができ、寄付金が所得税、住民税の控除の対象となる制度です。

寄付のお礼に、自治体から、自分が選んだ返礼品が送られてきます。

例えば、高級肉(飛騨牛)、お米、ビールなどなど

 

ふるさと納税って本当にお得?

ふるさと納税のフローを簡単説明

ふるさと納税は寄付した自治体から、お礼に返礼品が送られてくる制度です。

例えば、年収500万円(夫婦+子供小学生2人)の家庭の寄付上限金額は、約47,000円 です。

 *上記金額は、あくまで概算です。詳細のシミレーションはこちらから

仮に、47,000円を全額寄付したとします。

実費負担は2,000円、残りの45,000円は翌年に戻ってきます。(所得税は還付金、住民税は控除(割引)されます)

 

どれぐらいの商品がもらえるの?

上記条件で仮に、47,000円を全額寄付をしたとしたら、どれぐらいの商品が戻ってくるのか?

と、気になりますよね。

では、早速説明しますね。こちらは楽天市場で購入した場合です。

このように実質2,000円でお得に、『贅沢な肉』や毎日食べる『お米』などをいただけます。

シャンプー、ティッシュ、ビール、電化製品、商品券などなど、さまざまな商品がありますので、興味のある方は楽天市場のふるさと納税をのぞいてみてはいかがでしょうか?

楽天市場【ふるさと納税】サイト

楽天市場の『ふるさと納税』おすすめ理由

ふるさと納税が実質タダ!?

ふるさと納税は実費負担 2,000円 です。

楽天市場でふるさと納税をすると、実質タダにすることができるんです。

楽天市場のヘビーユーザーならば、プラスにすることもできちゃうんです。

そんな私も、2018年、2019年と実費負担2,000円をプラス2,000円(楽天ポイント換算)にすることができました(楽天ヘビーユーザーなので)。

 

実質タダにする方法は?

簡潔に述べると、0、5のつく日に、寄付(購入)し、楽天カード(クレジットカード)で支払いをする。

これだけで、支払いを実質タダ、もしくはプラスにすることができます(寄付金が40,000円以上の方)。

寄付金40,000円で、楽天ポイントが合計2,000ポイント付きます。

STEP.1
楽天市場の会員登録
楽天市場の会員登録を行います。手順は簡単です。

すでに登録済みの方はこちらを飛ばしてください。

STEP.2
楽天カードを準備
楽天カードを手元に準備します。

楽天カードを作っていない方は、作られることをおすすめします。

今なら、年会費無料、特典として5,000円分(エントリー+楽天カード入会+利用)がもらえちゃいます。

STEP.3
楽天市場で0、5のつく日に寄付(購入)
楽天市場から寄付したい自治体、返礼品を選び寄付する。

※ワンストップ特例の選択をおすすめ。確定申告 必要なし。ワンストップ特例は、上限5件。詳細はこちらを参照ください。

楽天市場【ふるさと納税】サイト

STEP.4
楽天カードで支払い
楽天カードで支払いして、返礼品を待つ。
STEP.5
返礼品が届く
まちにまった返礼品(飛騨牛、お米など)を、美味しくいただく。

まとめ

ふるさと納税は、家計を楽にしたり、滅多にできない贅沢をしたりと、人生を楽しめる制度だと思います。

ただし、応援したい自治体に寄付をしたいと言う基本思想は、忘れないようにしないといけないですね(私も含めて・・・)。

今後は、ジャンル別の「ふるさと納税の返礼品」もまとめて行きたいと思います。