千種区フレンチ「梨里(リリ)」夏季限定の桃のスープが人気 

桃パフェを食べまくっていますが、桃の時期にはパフェ意外にも食事に桃を使用されているお店の結構ありますね。桃のカペリーニが美味しいお店、桃のスープを味わえるお店があります。

今回伺ったのは桃のスープを味わえるお店「梨里(リリ)」。カジュアルなフレンチのお店で、ランチも楽しめますよ。

おめあては夏季限定の「桃のスープ」。

桃を使用したスイーツじゃない食べ物は初めてで、どんな感じが期待を膨らませていきました。

では早速レポしますね。

梨里(リリ)の場所や営業時間など。

店舗名 梨里(リリ)
住所 愛知県名古屋市千種区園山町1-41 メゾン園山 1F
電話 052-781-8235
営業時間 11:30~14:00  17:00~21:00
定休日 水曜日

真っ赤な屋根にお店の前には木々が茂っていました。駐車場は公開されてなかったのですが、お店の方に聞いたら止められました。しかし、勝手には止められないのですので、行かれる際はお店の方に聞かれるのがオススメです。

ちなみに近くにコインパーキングを1個見つけましたが、私が行った時は満車でした・・・。

入り口はこの木々の間をくぐり抜けていくとあります。

店内はコンパクトな作りで、20名くらい入れるスペースですので、予約必須です。特に桃のスープの時期は超人気で、予約もすぐ埋まるほど。食べたい方は早めに予約するのがオススメですね。

私が伺った時はお客さんは100%女性でした。

しかも追加料金がかかるにもかかわらず、桃のスープを全員が頼んでいました。

夏季限定の桃のスープ(税別1400円)9月末まで

かなり大ぶりな桃の中身をくりぬいて、生クリームなどを使用しているのか濃厚な甘くないスープ。

どう写真を撮ったら映えるのかわからず、

いろんな角度で撮りましたが、

どう映えるか、もう、わからない。笑

さて、味です。濃厚なスープは桃の器を崩しながら食べるもので、スープを味わって、桃と一緒に味わって、と違った味を味わえます。そのままのスープより、桃と一緒に飲むと美味しい。

桃の品種は「なっちゃん」ですって。初めて聞きました。調べてみるも、「なっちゃん」は出てこなくて、「なつおとめ」や「なつっこ」を相性で読んでいるのかな。わかんないです。

皮がつるっと剥けるので、器まで無駄なく食べられますよ。

ランチメニュー

スープ、メインディッシュ(魚)、サラダ、パン、コーヒーOR紅茶 で税別1600円。デザート付きにすると2200円。お肉を選ぶとプラス100円。

桃の時期はみんな桃スープが飲みたいそうで、ランチのスープはなくなり、メインディッシュのランクが上がるそうです。私が行った時は肉はフランス産の高級鴨肉、魚は甘鯛でした。

肉のランチを選びました。

酸味の聞いたさっぱりしたフレンチドレッシングの下には湯むきしたトマト、きゅうり、レタス、ゆで卵が入っていました。

自家製のパンはもっちりした歯ごたえのあるパンで、結構ボリューミー。国産小麦を使用してて、もっちり感もありました。一緒に行った友達は食べきれなかったら、ポケットから綺麗な袋を出してくれて、入れていっていいよと。さりげない気遣い。と言うかポッケからまさか袋が登場すると想像してなかった・・・!

バター100%! バターも美味しいので、ついつい食べすぎちゃいますね。

鴨肉は炭火で焼いているのか、皮が香ばしい。肉はジューシーで噛むほどに旨味が溢れてきます。お肉のソースも美味しいですね。

野菜はかぼちゃ、人参、ヤングコーン、ズッキーニ、インゲンなどが添えられていました。

食後はホットコーヒーかホットティーを選べます。私は紅茶を選びました。

「ドリンクはティー、スリー、コーヒー、ワンだね?」てマダム、いきなりEnglish投入。笑。

こちらのお店のマダムの雰囲気が味があってよかったです。中村区の喫茶ツヅキを彷彿とさせる雰囲気のマダムで面白い!ここにはかけませんがいろいろマダムの面白い発言があったので、マダムに会いたくてお店に行く人も居そうですね。

聞くといろいろ教えてくれるので、親しみやすいお店です。

ひとことコメント

初めての桃のスープ。スイーツで食べない食事系の桃。濃厚で美味しかったです。秋には栗のスープ、冬はオニオングラタンスープが登場するそうですよ。

マダムが面白かったので、また行きたいですね。

桃パフェのオススメのお店

愛知・名古屋で桃パフェ『12選』!果物のプロが厳選したよ。

桃の直売所情報

小牧の桃の直売所「ヤマト果樹園」なつおとめ、「鈴木果樹園」愛知白。美味しい見分け方も。

喫茶ツヅキ

「喫茶店ツヅキ」の脚立で「天井落とし」。カフェオレのパフォーマンスが最高。名古屋中村区