名古屋大須の「肉寿司 わぶり」3種類の上品な肉寿司を食べ比べ!

犬山城下町や岐阜横丁、高山古い街並みなどで流行っている肉寿司。

大須にも肉寿司のお店がオープンしました。

店名は「肉寿司 わぶり」

お店の方に伺うと1ヶ月くらい前(2019年4月)にオープンしたとのこと。早速行ってみました。

肉寿司は犬山城下町で初めて食べたっきりだったので、今回は2回目。

ではレポしますね。

肉寿司 わぶりの場所など

店舗名 和牛炙り寿司 わぶり
住所 愛知県名古屋市中区大須2丁目17−26 飲飲13の前あたり

詳しい情報はわかりませんが、定休日は今の所ないようです。

営業時間は確認してくるのを忘れました・・・。

SNSで話題になっていて、ちょうど大須に行ったので寄ってみました。

情報が全然なくって、ウロウロして探していたら、「セリア」や「おもちゃとホビーのお店だるまや」がある、通りに「香港料理飲飲13」と言うお店がありますが、「わぶり」はこちらのお店の前にあります。

香港料理飲飲13の北側の路地を行くと、チーズドック(チーズハットグ)で有名なロコバーガーや「タピオカのピ」などがあります。

メニューは4種類。

日本最上級ブランド牛炙り肉寿司で、メニューは4種類ありました。

飛騨牛・・・500円(税込)
松阪牛・・・600円(税込)
神戸牛・・・700円(税込)

3貫セット・・・1500円(税込)

選べる肉寿司も魅力的で良いですね。小腹が空いていれば、好きな一貫だけを注文することもできますし、飛騨牛、松坂牛、神戸牛の3品種を食べたい時には、3慣セットがおすすめですね。

3慣セットは価格も、単品に比べると300円も安くなるのも魅力ですよね。

さらに、こちらの支払いはPayPayが使えるので、キャッシュレスで購入できるので便利ですよね。私も今回はPayPayで支払いました。

贅沢3貫セットを買ってみました。

スタッフさんが牛肉をその場でスライスして、握っていきます。高級そうな岩盤プレートの上に3慣並べ・・・

そして1個ずつバーナーで炙ってくれます!目の前で仕上げてくれる臨場感が良いですね!

淡いピンク色の肉寿司の色が、徐々に変わっていきます。

提供されるときはおせんべい(玉せんとかに使うようなおせんべい)に特製醤油ダレを塗って、肉寿司を1個づつ乗せてくれます。左から、飛騨牛、松阪牛、神戸牛だそうです。

炙り牛肉の上にも特製醤油ダレがかかっています。

お店の前にわさびや塩、刻みねぎ塩、小口切りのねぎなど薬味があるので、お好みでかけます。

サシが入った美味しいお肉は口に入れるととろけます。

炙ってあるので、シャリも香ばしくてたまりません。柔らかで旨みの強い牛肉の肉寿司は一口で幸せになりますね。

価格は若干高めではありますが、贅沢に大須で食べ歩きするには、いい想い出になりますよ。

ひとことコメント

一個一個がそこまで大きくないし、くどくなくさっぱりと食べられるので、ランチを食べた後でしたが、3貫ぺろっと食べられました。

やっぱり肉寿司、美味しいですね。

写真映えするので、お店の前でめっちゃ撮影していました(汗)。

これからも大須の美味しいお店を探していきますので、よろしくお願いします。もし、おすすめのお店があれば是非教えてくださいね。こっそり行ってきます。