【主婦必見】2020年美味しい『お米』!54銘柄解説

(名古屋駅柳橋市場)丸八寿司の手巻き寿司のネーミングセンスが抜群

丸八寿司の面白手巻き寿司

ジャンルを問わずに食べ歩きをしているわけですが、一人で行くことも多い中(もちろん友達と行くこともありますが)、なかなか一人では入りにくいお店もあって、でもめっちゃ気になっちゃったから行ってみたくて、おしゃれなスイーツ屋さんに一緒に行ってくれる友達に付き合ってもらって行ってきました。

名古屋駅のすぐそばにある柳橋市場にあるお店「丸八寿司」。八事にも同じ店があるのですが、一緒のお店かは謎のまま。

なぜ、名古屋駅の丸八寿司に行きたかったかというと!「お歳暮巻」や「松田聖子巻」などユニークな巻寿司があるから行ってみたかったのです。

ではさっそくレポしますね。

丸八寿司の場所や営業時間はなど。

お店の場所は?

名古屋駅そば!柳橋市場に丸八寿司はあります。

丸八寿司の外観

柳橋市場には美味しそうな海鮮のお店やお寿司屋さんが多いですね。なんと丸八寿司は24時間営業だそうです。24時間営業しているお寿司屋さんは珍しいですよね。

場所は江川線を金山方面から行くと北に進み、国際センター駅の手前にファミマがあるのですが、そこの隣にあります。2階に丸八寿司はありますが、看板が目立つので迷わずたどり着けます。時間的に13時頃行きましたが、サラリーマンの方が続々お店に入っていくところを見ると繁盛店なのかな?と期待ができます。

営業時間は?

店舗名 丸八寿司 駅前店
住所 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目21-5
電話 052-563-0608
営業時間 24時間営業
定休日 年中無休

駐車場は?

専用の駐車場はありません。

近くにコインパーキングがありますが、名駅価格です。笑

私が行く時は柳橋市場の駐車場(マルナカパーキング)に止めます。女性ドライバーだと3時間550円。それ以降は15分110円と名駅界隈では比較的お値打ちです。

丸八寿司のメニューは?

ランチメニューは?

ランチもあるようで、「鉄火巻」「鉄火丼」「並寿司」「中寿司」などコスパの良さそうなランチがありました。コスパの良いランチも食べたい気持ちもありましたが、今回は面白い巻寿司を目的に来たのだから、ランチはせずに純粋に巻寿司を頼もうと思ってお店に入りました。

ユニークな名前の巻き寿司とは?

看板で、ユニークな巻寿司もあるか確認してから入りました。

「カンニング巻」「アラスカ巻」「還暦巻」・・・もう全く想像がつきません。食べてみるのみですね。

店内はカウンター席のみ。コンパクトな作りですが、目の前に職人さんがいて、注文が入った寿司を握っています。

今回は何を注文した?美味しかった?

一回目の注文。落合巻と松田聖子巻。

さて、何にしようかとしばしシンキングタイム。メニュー表を見ると「松田聖子巻」「間寛平巻」「落合巻」などと有名人の名前がずらり!しかし価格が書いてないので(価格書いてないのに「当店の表示価格税別です」の文字。価格は私だけが見えないのかと思い、友達に聞くと、友達も見えないって。笑 きっと職人さんだけが見えるのかな。笑)、ドキドキですが、とりあえず、「落合巻」を注文してみました。友達は松田聖子巻。

出てきたのがこちら。

え?魚入ってないのですが・・・笑。

酢飯と鰹節、そしてわさびに海苔。

しょっぱなからまさかの魚なしとは。

なぜ落合巻が鰹節なのかと尋ねると、「『おっかぁ〜』っていうでしょ。だからおかかって。」

そこかー!おっかぁか!

しっとりした魚が入ってなく乾燥した鰹節とわさびなので口の水分持ってかれるけど、海苔は美味しかった!笑

丸八寿司の面白手巻き寿司

友達の松田聖子巻は「ぶり」が入っていました。松田聖子はぶりっ子だから、だそうです。

2回目の注文。お歳暮巻、おちこぼれ巻。

また、まさかの鰹節!笑笑!

こちらはお歳暮巻。落合巻と違うのは数の子が入っていたことかな。

でも鰹節にわさびのコラボレーションは落合巻と一緒。

あー魚が食べたい。笑

職人さんに聞いてもはぐらかされて何が巻かれているのか教えてくれないので、注文してようやく何が入っているのかがわかるある意味ロシアンルーレット的な巻寿司。

面白いよね。

おちこぼれ巻はタコやマグロ、玉子など寿司ネタにできないような端切れが入っていました。具はもりもり。

3回目の注文。嫁姑巻、間寛平巻。

嫁姑巻は2種類の貝が入っていましたが、私の口から説明はできないので、気になる方は丸八寿司に行ってみてください。笑

結局魚を一口も食べずにお店を出たという・・・。物足りなさを感じつつも、レジャー感覚で楽しめたので、良かったかな。

間寛平巻は「かいーの、かいーの、かにーの、カニ」でカニが入っていました。

なかなかのダジャレセンス。

他にも面白ネーミングがたくさんありましたが、きわどい系の巻寿司もあったのですが、とても勇気がなくて注文できませんでした。笑

ほんで、価格ですが、私は「落合巻」「お歳暮巻」「嫁姑巻」で1290円。うん、ランチをおとなしく食べた方がコスパは良かったかもしれない。笑。でもこっちの方が楽しめた!

友達は「松田聖子巻」「おちこぼれ巻」「間寛平巻」で1290円!まさかの同額!

職人さんは「値段一緒になっちゃったねー」って。

明細が気になるわ。笑

ひとことコメント

いろいろ突っ込みどころ満載の丸八寿司。ユニークな巻寿司も面白いけど、職人さんもなかなかいい味で面白いのでまた行ってみようかな。今度はもちょっときわどい巻寿司も注文してみようかな〜。いや、まずは定番のランチで魚を食べに行こう。笑