〔名古屋〕ハンバーガーおすすめ7選!地元民が厳選

アメリカンチェリーの種類。美味しい時期は6月〜7月!

国産のさくらんぼが高くてなかなか手が出ない、でもさくらんぼを食べたい!そういった方も少なくないと思います。私もどちらかというとその傾向で、アメリカンチェリーをよく買います。

写真は「佐藤錦」。もっちりした食感でアメリカンチェリーと比べると柔らかく、繊細な味わい。甘みもありました。

さくらんぼは他のフルーツに比べると高い傾向ですが、アメリカンチェリーはまだ手が出しやすいと思います。

アメリカンチェリーは果肉もしっかりしているし、色味も濃い色なのでそのまま食べても、コンポートやソースにしたりしてお菓子に使えるのも嬉しいですね。

でも、アメリカンチェリーって、時期によって甘くなかったり、甘かったり、色が薄かったり濃かったり・・・品種があるの?と思われたことありませんか?国産のさくらんぼは「高砂」「佐藤錦」「紅さやか」など品種でうたっていますが、アメリカンチェリーは「アメリカンチェリー」の表示ですよね。書いてあるとしても「ビング」なので「アメリカンチェリー」は「ビング」のみかと思っている方も少なくないと思います。

今回はアメリカンチェリーの品種、色味による甘さの違い、砂糖で煮る時の種の取り出し方などを紹介しますね。

■アメリカンチェリーの品種

「ビング」はとてもメジャーでアメリカンチェリーというと「ビング」でしょ?って思われている方少なくないのではないでしょうか。

日本に輸入されているアメリカンチェリーは9割がたビング種と聞きます。そして少量ですが、いろんな品種が出回っているのです。

私が知っているアメリカンチェリーの品種は、「ブルックス」「ツラーレ」「コーラル」「ガーネット」「ビング」「レーニア」などなど。ブルックス、ツラーレ、コーラルはビングが出る前に出回る品種だそうですよ。最近はコーラルが増えてきているとか。

「レーニア」は赤くて柔らかいのが特徴的。

■アメリカンチェリーの産地は?

カリフォルニア州のアメリカンチェリーが出回り、カリフォルニアが終わるとワシントン州のビング種が出回るそうです。

市場の方に聞きましたが、他の品種より甘みをしっかり感じられるビングですが、カリフォルニアより、ワシントンのビングの方が甘みが濃いそうですね。

■アメリカンチェリーの美味しい時期は?

出始めの早生種より、ビング種の方が甘いので美味しいという方が多いと思います。ビング種の次に出てくる「レーニア」は大粒で色は国産さくらんぼのような色味。甘みが強いのが特徴的ですね。

この様に「早生種」として販売しているアメリカンチェリーは初めて見ました。味はビングのが好みだけど、同時に比較してみたかったので買ってみました。

「ブルックス」は赤みも薄く(中身も若干ピンクっぽい)味はビングと比較するとだいぶあっさりしています。こちらのアメリカンチェリーは品種は書いてなかったのですが、色的、時期的に「ブルックス」かなぁと思いました。

カリフォルニアでは「コーラル」が増えてきているようです。「ビング」のように甘みがあるみたい。「コーラル」食べてみたいなぁ。

■濃い色と薄い色はどっちが甘い?

今度は同じビング種でピンク色のもの、濃い赤色のものを食べてみました。

ビングに関しては真っ赤のものより、色味の濃い赤黒いのが甘い傾向にありました。

■種はどうやって取り出す?

コンポートやソースを作る時に種を取り出しますが、その種の取り方はとっても簡単。包丁で種に当たるようにぐるっと一周切り込みを入れます(アボカドや桃の要領で)。

包丁を置いて、指でひねれば半分に分かれます。

片方に種が付いていますが、種を触り動かすと実から離れます。

ちなみに梅ジュースを仕込んで、出来上がった梅ジュースに上記のように半分に切ったアメリカンチェリーを一緒に入れておくとほんのりピンク色になって綺麗ですよ。

ちなみに私が以前クックパッドにUPしたレシピです。

綺麗☆アメチェの梅シロップ

2010年にアップしたものなので写真が・・・。梅ジュースを作られた方は見てみてくださいね。

梅ジュースの作り方はこちら。

初心者でも簡単!2種類の梅ジュースの作り方(レシピ)「冷凍梅」「生梅」はどっちがいい?

■アメリカンチェリーのソース

半分に分けたアメリカンチェリーを砂糖で煮込んでソースを作ります。

今回はアメリカンチェリー80g(種抜き)と砂糖20gを一晩つけておきます。

一晩浸けておくとアメリカンチェリーから水分が出てきます。

弱火で20分くらい煮詰めていけば出来上がりです。

そのまま食べてもいいですし、パンケーキやフレンチトースト、食パンなどのトッピングに使ってもいいですよね。

最近のお気に入りは加熱したアメリカンチェリーを刻んでバニラアイスに混ぜて作る「アメリカンチェリーバニラアイス(ネーミングそのまま・・・)」。色味も綺麗ですし、味ももちろん美味しいです。

■まとめ

今が旬のアメリカンチェリー。自分好みのアメリカンチェリーを見つけて食べてみてくださいね。色素が濃いのでスイーツにするのもいいですね。