【2020年】米屋が選ぶ!おすすめ『米』

(名古屋東別院・金山)Maru Bagel(マルベーグル)・ラヤキヴィ・en-kitchen Cafeオススメ3店舗

金山駅の付近には美味しいお店が多いのですが、ちょっと歩いていくと地元の人に人気の美味しいお店がたくさんあるんです。東別院・金山付近で意外に知られていない名店を3店舗ご紹介します。

 

Maru Bagel(マルベーグル)

近所なのに全く知らなかったお店。かえるちゃんがお出迎えしてくれます。結構お店の前を通るのですが、いつもシャッターが閉まっていたイメージだったのは売り切れたらシャッターを下ろしてしまうそうで、知る人ぞ知る超人気のベーグル屋さんでした!朝が早いのも特徴ですね。

Maru Bagel(マルベーグル)の場所や営業時間は?

東別院駅の交差点の近くにあります。

マルベーグルの外観

東別院の道路を挟んで東側、セブンイレブンの横にあります。

店舗名 MaruBagel(マルベーグル)
住所 名古屋市中区大井町3-21
定休日 土日祝
営業時間 8:00〜売り切れ次第閉店

Maru Bagel(マルベーグル)の雰囲気

マルベーグルの内観

こじんまりした店内にはガラスケースに綺麗に並べられたベーグル。1奥の工房でベーグルを仕込んでいました。

伺ったのは9時半頃。売り切れのベーグルもありましたが、まだたくさんありました。以前11時頃に行った時はほとんど売り切れていました。好きなのを選びたい方は早めがオススメです。

人気すぎてあっという間にシャッターが降りてしまいますので、気になる方は早めに行かれるのがオススメです。

マルベーグルのベーグル

細長い形のベーグルが愛らしいですね。

バジルベーコン

マルベーグルのバジルベーコン

ゴロゴロとカットしたベーコンの存在感が抜群。バジルの香りが食欲をそそる一品。もっちり生地が美味しいですね!

シナモンレーズン

マルベーグルのシナモンレーズン

もっちりした生地にシナモンの香ばしい香り。

マルベーグルのシナモンレーズン

中にはジューシーなレーズンが入っています。どこで切ってもレーズンが入っているので、満足度が高いです。

オレンジヘーゼルナッツ

甘くコーティングしたヘーゼルナッツとオレンジピール。生地にゴロゴロ入っているというわけではなく、多すぎず少なすぎず、ちょうどいい感じに入っています。甘すぎないのも嬉しいです。

オレンジチョコ

オレンジピールとビターチョコの入ったベーグル。甘すぎないビターチョコがオレンジピールの酸味、甘味のうまさを引き出しています。イメージはオランジュって感じ。ブラックコーヒーとよく合う!

 

大納言

ふんだんに入った黒ごまがプチプチしてもっちりした生地に合います。甘めに炊いた大納言が入っていて上品です。緑茶と一緒に食べたいベーグル!

rajakivi(ラヤキヴィ)

店内もメニューも北欧尽くし!北欧好きな方にはたまらないカフェ。

rajakivi(ラヤキヴィ)の場所や営業時間は?

金山の日本特殊陶業市民会館の東側の信号を東に行って2つ目の路地を南に入ったところにあります。そのまま北に行くとスギ薬局がある、あの通り沿いです。

入り口には木々があってナチュラルテイスト。

店舗名 rajakivi(ラヤキヴィ)
住所 名古屋市中区金山 2-11-1 アーバンハイツ金山1F
電話 052-253-7632
営業時間 8:00〜18:30(18:00LO)
定休日 月曜(祝日の場合、翌日火曜振替)
  http://www.rajakivi.com/index.html

rajakivi(ラヤキヴィ)の雰囲気

落ち着いた店内は大人な雰囲気。気の置けない仲間とお茶するのはもちろん、デートするのにも良さそうなお店です。すっきりとまとめられた店内はいたるところに北欧がキーワードになった雑貨などがあります。

 

北欧のパンでモーニング。

日本ではなかなか食べることができない北欧のパン。お店で焼いているそうですよ。どれも珍しくて全種類コンプリートしたいくらい!

モーニングは8:00〜11:00。ドリンクに北欧パンとヨーグルトがついてきます。ロバーツブレンド。コーヒー消費量世界一のフィンランドで一番飲まれているコーヒーだそうです。まろやかで飲みやすいコーヒーでした。

北欧パンは「コルバ・ブースティ」、シナモンロールのようなものです。シナモンがきいてて美味しかった!お持ち帰りはできないですが、北欧パンの単品は150円追加でできるようです。

ランチも北欧のメニュー

スモーブローは、バターを塗ったオープンサンド。北欧と言ったらノルウェーサーモン?!「グラブブラックサーモン」は人気のメニューだそうです。

直輸入したデンマークの高品質チーズはめっちゃ美味しいらしい。自家製北欧チーズケーキも人気だとか。ルバーブのドリンクもオススメだそうで、現地のルバーブジャムを使用しているようです。

本格的な北欧料理を楽しめます。

なかなか名古屋では味わえない、本格的な北欧料理。モーニングから北欧パンを味わえるので北欧好きな方は是非行ってみてくださいね。

 

グルテンフリーの野菜カフェ「en-kitchen Cafe」

en-kitchen Cafe(エンキッチンカフェ)の場所

東別院駅から徒歩1分。

マルベーグルの近くです。入り口前には看板もあるので、すぐわかりますね!

店舗名 en-kitchen Cafe
住所 名古屋市中区大井町3‐31 パレス大井1階
電話 052-898-1015
営業時間 月曜
定休日 10:30~19:00
HP http://en-kitchen.com/cafe-info.php

 

en-kitchen Cafe(エンキッチンカフェ)の雰囲気

白を基調とした綺麗な店内。すっきりと広い店内は広く、ゆったりと過ごせます。まず、入り口で注文し、席に着きます。料理は持ってきてくれました。今回は窓際の席にしました。

お店のコンセプト

ベジタリアン・ビーガン・ローフードなどの 野菜中心のメニューで、卵、牛乳、小麦粉は使用していないそうです。しかし、気分によって魚や肉をプラスすることもできるとのこと。

ランチ

この日はとよと二人で行ったので「ベジタリアンカレー 塩麹チキン追加」「ビーガンサンドイッチ」を注文。

 

「ビーガンサンドイッチ」。米花の米粉のパンを使用しているようです。米粉100パーセントの生地だそうで、中はもっちもち、外はカリッとしています。

ひよこ豆を潰してスパイスを混ぜ込んだものを片栗粉でコーティングし、カリッと揚げたひよこ豆のコロッケ。噛むたびに旨味が溢れて絶品!これ、すごく美味しい!

添えてある甘酸っぱいゴマのソースも美味しいです。

「ベジタリアンカレー 塩麹追加」。お店でオリジナルブレンドしたスパイスでさらっとしていて、コク深い味です。塩麹のチキンを追加して食べ応え抜群!男性も満足の一品。トヨも美味しいって言ってました。

名古屋ではまだ珍しいグルテンフリーのお店。万人ウケする味で、すっごく美味しかったのでまた伺いたいと思います。

ひとことコメント

東別院界隈は隠れ家の名店がいっぱい。今回伺った3店舗はどこも美味しいのでリピートしたいお店です。