【名古屋・大須 おすすめグルメ 「台湾タンパオ」「プリン工房」「金山とまと」「PGカフェ」「ぱんどら」「今井総本家」「どんべえ」】

スポンサーリンク

大須は昔から馴染みのある場所。食べ歩きしたくなったら大須に繰り出す、なんてこともよくしていました。新しいお店もどんどん出来て、目が離せない大須ですが、美味しい!と思ったお店をまとめて7店舗ご紹介します!

■台湾タンパオ

11月にオープンしたばかりの新しいお店です。神戸の南京町で人気の小籠包専門店が名古屋に初出店です。大須観音駅出て、観音さんに向かう途中にあります。台湾の機材を使用していて一度に15蒸籠蒸し上げることができるそうです!

「台湾小籠湯包」

スープがたっぷり入っているのが皮を持っただけでわかります。口に入れると広がる旨味、押し寄せる肉の食感。たまりません。肉がゴロゴロと入っていて、満足度が高いです!

「夜市肉まん」

こちらもオススメだそうで、6個入って380円(税別)も安いですよね。

皮は薄めでしっかり肉が詰まっています。

安くて美味しい肉まんや小籠包を食べられるお店で、味もいいのでまた伺いたいと思います。

〈店舗情報〉

台湾タンパオ

住所:名古屋市中区大須2丁目23−36

営業時間:11:00〜19:00

定休日:水曜日

■プリン工房 Prinze(プリンゼ)

大須商店街の手前にあります、大須マルシェの中にあります。かき氷で有名な「あんどりゅ。」と同じマルシェです。外に大きなのぼりがあるので迷わず入ることができますね。

プリン専門店で全てのメニューを合わせると40種類ほど。

店頭には10種類以上ならび、定番のものや日替わりのものまで様々です。かぼちゃやさつまいもなど季節限定品も楽しめます。

有名人も多く訪れているようで色紙がたくさん壁に貼ってありました。

プリンクレープは金曜日限定。中身のプリンはお店で一番人気の「濃厚カスタードプリン」薄い生地のクレープに生クリームと一緒に包まれています。カラメルソースをかけて頂きます。

「パリパリチョコプリン」は濃厚カスタードの上にチョコレートが乗っていて、スプーンを入れると「パリッ」とチョコが砕ける感じ。口に入れるとチョコが溶けてプリンと混ざり合います。

あと、こちらのお店の素敵と思うことは余分なものを入れてないところ。添加物は極力使用せずに作っています。店頭に並んでいるプリンは全て原材料が見えるように原材料のシールの部分が表に並んでいます。アレルギーのある方も安心して購入できますね。

〈店舗情報〉

プリン工房 Prinze(プリンゼ)

住所:名古屋市中区大須2-27-34  大須マルシェ1F

電話:052-221-5777

営業時間:平日 14:00 ~ 22:00
     土日祝 12:00 ~ 22:00

定休日:水曜日(祝日の場合は営業)

HP:http://prineze.com

■金山とまと

プリンゼとあんどりゅ。の間にあるドライフルーツ専門店の「金山とまと」。

野菜ソムリエなら気になりすぎるお店。外から見るとズラッと並んでいるドライフルーツの商品ラインナップについついお店に入りました。

大容量のものから小容量のものまで。まずは味を見たい方はお試しパックから。気に入ったら大きいサイズを買えるというのもいいですね。

他ではなかなか見かけない、パッションフルーツのドライフルーツもありました。

こちらのお店はかき氷も有名で、夏には列ができるようですよ。1年中かき氷を提供しているようなので食べ歩きで暑くなったら休憩しがてらかき氷を食べに行くのもいいですね。

〈店舗情報〉

金山とまと

住所:名古屋市中区大須2-27-34 大須マルシェ

電話:052-684-5884

営業時間:13:00〜18:00

定休日:火曜日・水曜日

 

■PGカフェ

ペンギン好きには必見のお店があります。どこ見てもペンギングッズがずらり。店内にはなんと1000個以上のペンギングッズがあるそうですよ。

人気の席。後ろにペンギンのぬいぐるみが並んでいるので写真スポットになっているとか。

上にもぎっしりペンギン。おける隙間は全てペンギンがいます。

ふと横を見ると……先客…?大きなペンギンもいらっしゃいました。

さてメニューですが、ペンギン絡みのものばかり。今回は「おやつペンギンプレート (1100円)」を食べてみました。

・3枚乗っているホットケーキにはPGcafeの焼印。ふわふわで美味しい!真ん中のメープルをかけていただきます。

・ペンギン模様入りのクッキー。

・ペンギンのシフォンケーキ。くちばしはイチゴマシュマロでした。

・チョコプリンにはペンギンのクレープ。

 

こちらは期間限定のマロンプレート。もう今はないそうです。おやつペンギンプレートと似ていますが、所々にマロンが入っていました。

カフェラテにはペンギンのアートが!ココアパウダーなので混ぜながら飲むとこれまた美味しい!

ドリンクにはペンギンの飴ちゃんが付いていました。

店内から食べるものまでペンギン尽くし。ペンギン好きな方は行かれてみてはいかがでしょうか。

〈店舗情報〉

PGcafe

住所:愛知県名古屋市中区大須3-23-27
電話:052-251-5533
営業時間:12:00~19:00
定休日:水曜日
HP:http://www.pgcafe.jp

■菓子処とらまる

KANNON COFFEEgramの近くにあります、こちらのお店。緑色のテントが目印です。同じ大須商店街から移転して喫茶スペースを併用。早速伺ってきました。

もともとはあんこやさんだったそうです。3代目の今の店長が、新しく作った洋風テイストを加えた新しいどら焼きがヒットしお店の看板商品になっているようです。

どら焼き(ぱんどら)も季節限定のものから定番まで色々あるので迷います。

まずは一番オーソドックスなぱんどらを。

「小倉バターどら焼き」は2015年のなごやめし博覧会でグランプリを受賞したどら焼き。ふわふわのバター、ホクホクのあんこ、モチモチの生地は絶品です。

 

他にも栗が豪快にも1個丸ごと入っている「モンブラン」は12月までの限定だそうです。ビックしするサイズ感ですよね。1個食べるとお腹いっぱいです。

「西尾抹茶餅クリーム」濃厚な抹茶クリームはお茶好きな人にはたまらない、ほろ苦さとあんこの甘さ、お餅のもっちり感、生地のモチモチ感がたまらない!

イートイン限定の「とらまる風クリームあんみつ」。こちらあんみつなんです!従来のあんみつとは全く違う形状ですが、食べてみるとあんみつでした。

丸められたあんこ、寒天は板状になっていて少し酸味を効かせていました。店内で作られた白玉団子は上品なモチモチ感、抹茶のアイス……贅沢な一品。

他にもイートインメニューは趣向を凝らしたものばかり。また食べに行きたいと思います。

 

〈店舗情報〉

菓子処とらまる

住所:愛知県名古屋市中区大須3-1-76
電話:052-684-4377
営業時間:11:00~18:30
定休日:毎週火曜日 ※ その他不定休あり

 

■今井総本家

天津甘栗といえば今井総本家ですよね。大津通り沿いにあるお店の前を通ると甘栗を炒っているいい香りがします。当日の手土産などには重宝するのでよく買いに行きます。

さて、こちらのお店に併設されている店舗(栗子茶屋)では栗のスイーツも販売しています。今回は2種類購入してみました。

「栗まんじゅう 栗あん」 見た目は栗をかたどっています。生地は甘さ控えめです。

 

半分に切ると。栗あんを選んだので栗あんが入っています。生地はふんわり。細かく刻んだ栗がコロコロ入って食感が良い!

 

 

「くりむす」

コロンとした軽い食感の栗の形をしたカステラ。生地には甘栗のパウダーが練りこんでいるそうです。舌触りもよく、なめらかです。あんは入っていませんが、しっとりした感じはこちらの方があります。

 

 

他にも栗ソフトやかき氷もあるようなので夏にも行ってみたいと思います。

 

〈店舗情報〉

今井総本家 栗子茶屋

住所:名古屋市中区大須三丁目30番47号

電話:052-262-0728

営業時間:9:00〜18:30

HP:http://www.amaguri.co.jp

 

■どんべえ

大須から少し離れて松原にあります。

カレーうどんが2種類。元祖と本家。どっちが好みか食べてみました!

 

 

スパイシーでさらっとした味わいが特徴の「本家カレーうどん」。出汁かしっかり効いてて、からさをガツッと感じられるのでお酒好きな方には好まれそう。

クリーミーな味わいで子供でも食べられる辛さの「元祖カレーうどん」。

私はクリーミーな元祖カレーうどんが好きでしたが、とよはスパイシーで出汁の効いた本家カレーうどんが好みでした。ちなみにうちの一番下の3歳児はこの元祖カレーうどんを美味しいって食べていました。辛さの感じ方は個人差があるので、すべての子どもたちに OKかわかりませんが、我が家の子供達は美味しいって言ってました。

うどんに絡みつく濃厚さがたまりません。

トッピングもいろいろできるようで今回はカツを注文しました。揚げたてのカツは肉厚で食べ応え抜群。カレーに絡ませて食べると、なお美味しい!

カレーだけでは足りない方にはミニ丼セット。

濃厚なカレーうどんが食べたくなったらまた行こうと思います。

 

〈店舗情報〉

うどん屋どんべえ 大須松原本店

住所:愛知県名古屋市中区松原2-22-15

TEL:052-321-2333

営業時間:昼 11:30~14:00、夜 18:00~24:00

定休日:日曜

 

■まとめ

食べ歩きの町、大須。食べ歩きはもちろん、その場で食べたり、お持ち帰りしたり、オススメのお店がたくさんありますね。

大須に行かれる時に参考にしていただけたら幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

ぱる(大橋 千珠)

ブログの「野菜ソムリエ ぱるとよ」を夫婦で運営している「ぱる」です。読者さんに野菜、果物、食材、商品で「へ〜」、「ほ〜」、「そうだったんだ」と思って頂ける記事を目標に書いています。フリーランス、女性、母、嫁の目線でブログを綴っています。