【とろける!濃厚ノルウェーサーモンでおもてなしレシピ】

スポンサーリンク

時期を選ばず、いつでも美味しい食材を食べられるのは嬉しいですよね。今回ご紹介するのは脂のたっぷりのったノルウェーサーモン。

ESSEプラチナレポーターの企画でノルウェーサーモンをいただいたのでレシピを考えてみました。大きな発泡で届いて中を見てびっくり!このままではサイズ感がわからないかもしれないので長女に持ってもらいました。

大きいのがわかりますね。1kg超え。重くて子供が片手で持つのは結構大変みたいでした。

■実食。まずはそのまま。

とろける!口の温度でとろっととろけるう食感に感動しました。醤油も一度付けるとアトランティックサーモンの脂が溶け出す感じです。

では早速レシピにいってみます。ご紹介するのは2種類のレシピです。クリスマスやお正月の大人数で食べる料理にもオススメ。

■彩り野菜の混ぜ込み寿司のサーモンのっけ

 

材料)9個分

ノルウェーサーモン・・・・180g

人参・・・・・・・・・・・15g

きゅうり・・・・・・・・・20g

玉ねぎ・・・・・・・・・・15g

赤パプリカ・・・・・・・・10g

黄パプリカ・・・・・・・・10g

ご飯・・・・・・・・・・・200g

米酢・・・・・・・・・・・25cc

砂糖・・・・・・・・・・・小さじ1

きゅうり・・・・・・・・・1本

ミニトマト・・・・・・・・5個

①ノルウェーサーモンを9等分する。

②人参、きゅうり、玉ねぎ、赤パプリカ、黄パプリカをみじん切りにする。器に入れて米酢、砂糖を一緒に入れておく。野菜の水分が出てくるまで30分程度おく。

③ご飯に(2)を混ぜる。

④ラップで包んで9等分に丸める。

⑤きゅうりをピーラーでリボン状にする。ミニトマトを半分に切る。

⑥丸めたご飯にノルウェーサーモンを乗せ、きゅうり、ミニトマトをのせ、ピックで刺したら出来上がり。

彩り野菜をアトランティックサーモンと一緒に食べられる一品。ビタミンミネラルと炭水化物、タンパク質を一度に摂れる万能メニューです。

アトランティックサーモンの豊富な脂と酸味のきいた野菜が相性抜群!是非お試しくださいね。ラップで包む工程は子供も喜んでやりますよ。

 

■ノルウェーサーモンとアボカドの生春巻き

(材料)8個分

ノルウェーサーモン・・・・・160g

アボカド・・・・・・・・・・1個

赤パプリカ・・・・・・・・・1個

黄色パプリカ・・・・・・・・1個

スイートチリソースもしくは醤油・・・お好みで適量

 

①ノルウェーサーモンを8等分する。

②アボカドの皮と種を取り、8等分する。

③赤、黄パプリカを細く切る。

④生春巻きの皮をお湯で濡らす。

⑤生春巻きの皮、ノルウェーサーモン、アボカド、赤、黄パプリカを乗せて綺麗に巻く。

⑥お好みでスイートチリソース、醤油などをつけて召し上がってください。

 

アトランティックサーモンといえば、生春巻きですよね。定番を作ってみました。アトランティックサーモンとアボカドは鉄板の組み合わせ。スイートチリソースでもいいですが、ワサビ醤油でも合う!タレはお好みで変えてみてください。

 

■他にも

ポテトサラダをスライスして焼いたバケットに乗せ、アトランティックサーモンを乗せたもの。

玉ねぎスライスを甘酢で漬け込み、アトランティックサーモンを乗せたもの。

脂が乗っているのでスッキリした味わいの野菜、酸味を効かせた味付けがすごく合いました。

■まとめ

アトランティックサーモンは脂が乗り、濃厚な味わいそしてとろける食感で美味しいです。そのままでもいいですが、あっさりした野菜と組み合わさるとさらにおいしさを発揮します。

 

ABOUTこの記事をかいた人

ぱる(大橋 千珠)

ブログの「野菜ソムリエ ぱるとよ」を夫婦で運営している「ぱる」です。読者さんに野菜、果物、食材、商品で「へ〜」、「ほ〜」、「そうだったんだ」と思って頂ける記事を目標に書いています。フリーランス、女性、母、嫁の目線でブログを綴っています。