〔名古屋〕ハンバーガーおすすめ7選!地元民が厳選

干し芋作りの前段取りでこんなに違う!『焼き芋』VS『茹で芋』

先日、素人でも簡単に作れる干し芋でブログをアップしました。

食感、味に違いがありましたので、2つの作り方(『焼き芋」と「茹で芋」)の比較記事を書きました。

 

みなさんも、「焼き芋」と「茹で芋」で作るのはどちらがいいの?・・・と思われませんか?

初めて作られる方は、作りやすい方を選ばれると思いますし、作り慣れている方は美味しい方を選ばれるのではないでしょうか?

最初にお話ししますが、どちらもメリット、デメリットがありますので、その比較表を作りました。

 *注意点:比較は僕の主観で書かせて頂いています。

 

《実験条件》

下処理:「焼き芋」、「干し芋」

image

切り方:縦切り

image

 

《比較表 焼き芋 VS 茹で芋》

項目 焼き芋 茹で芋
使用道具 オーブンレンジ

オーブントースター

下処理時間 40〜50分 30〜40分
干し時間 3〜5日 5〜7日
食感 少し固め

(歯ごたえを楽しむ)

しっとりと柔らかい
甘み 濃縮した甘み

(噛めば噛むほど)

一口噛めば甘みがわかる
作りやすさ 易い 若干難しい

 

《干し芋 完成写真》

image

 

「茹で芋」は「焼き芋」に比べて水分が多い為に、カビやすくなります。その為に、ポイントは、茹で芋は薄くスライスすることをオススメします。

失敗したくない方は、「焼き芋」から干し芋を作るのをオススメします。

 

味はひとそれぞれだと思います。

僕は「焼き芋」で作った干し芋が好きですが、嫁は「茹で芋」で作った干し芋が好みです。

「焼き芋」は表面が固めで、噛めば噛むほど甘みが出てきます。一方、「茹で芋」は表面がしっとりしていて、一口噛めば甘みが口の中に広がります。

下処理でここまで食感、味に違いがでるとは思いませんでした。とても良い経験になりました。

次回は、縦切りと輪切りを比較してみたいと思います。

 

 

 

参加募集中の『食』の講座です。

旬の野菜・果物、珍しい食材などを使った講座など開講しています。ご興味がありましたご覧下さい。