【主婦必見】2020年美味しい『お米』!54銘柄解説

玄米を購入しているあなたへ!知っておきたいデメリット。

玄米で購入されているあなたへ!!

 

僕は米屋で働いている。

玄米をコイン精米機、店頭で白米にしいる方は、デメリットがあることを理解して購入されることをオススメします。

 

異物を抜いていない玄米は、ガラス、プラスティック、石などが入っている場合があります。特殊な機械を通さないと、それら異物は抜けません。

 

玄米を精米にして食べるメリット

お客様は「精米後すぐのお米は、香り風味が違いね」とおっしゃる方がいます。玄米を精米してから白米にすると、酸化が始まります。この酸化が進むにつれて、味が悪くなると言われています。ですので、スーパーでは、賞味期限1ヶ月を過ぎると値引きシールで価格を下げて販売するところが多くあります。

実際に米屋が味の違いがあるか、食べ比べた結果、味の違いは分かりませんでした(僕の味覚では)。

しかし、お客様によってはその違いを理解されて、美味しく食べていただいている方もいらっしゃいます。そこは個人差だと思います。

個人で玄米を精米して召し上がられている方は、鮮度に拘られている方だと思います。

しかし、コイン精米機、店頭精米には次のデメリットがあります。

 

ガラス、プラスティック、石の混入のリスク

みなさんは玄米の袋を見られたことはあるでしょうか?茶色い30kgの袋に入ってます。その袋の中には、石、ガラス、プラスティックなどの異物も混入している場合があります。

スーパー、お米屋さんで白米を購入される際は、それらの異物を取り除く機械を通して、混入しないように細心の注意を払っています。しかし、コイン精米機、店頭での精米は、異物を取り除く装置が付いておりません。付いていても簡易な装置であるために、100%取り除くことは難しいです。

コイン精米機、店頭で玄米を白米にして、ご利用される際にはそれらの異物の混入のリスクが有ることだけはご理解いただいていた方が宜しいかと思います。

但し、お店によっては、調整した(異物を取り除いた)玄米を販売されているところも御座います。一度お店に問い合わせ頂いた方が、確実だと思います。

 

まとめ

ご自身で玄米を精米し白米にすると、鮮度が良いのですが、ガラス、プラスティック、石などの異物が、お米に混入するリスクがあります。

リスクについて記載いたしましたが、僕は調整していない(石、ガラス、プラスティックなどを取り除いていない)玄米を発芽玄米にして常食しています。

リスクは理解しながら、食べていますので、もし異物に当たったとしても自己責任となります。

 

調整玄米(異物抜き)

秋田県産 玄米 あきたこまち 5kg
神明 (2012-11-05)
売り上げランキング: 20,578

 

 

もうひとつ記事を読んでいきませんか? 

 

現在募集中の講座です。

旬の野菜・果物、珍しい食材などを使った講座など開講しています。ご興味がありましたご覧下さい。