りんごは「芯の周り」と「皮の周り」どちらが甘い? 名古屋の野菜ソムリエがお伝えします。

スポンサーリンク

「りんご」は芯の周りと、皮の周りでは甘さが違うって、ご存知でしたか?

野菜ソムリエの豆知識として、今回も少しお話させて頂きます。

IMG_7542

こんにちは。

名古屋の野菜ソムリエの「とよ」です。

「ぱる(嫁)」と一緒に野菜ソムリエブロガーとして、情報を発信しています。

 

「りんご」の甘さは場所によって違うをテーマに、記事を書かせてもらいました。

早速ですが、写真の①(芯の周り)と②(皮の周り)ではどちらが甘いと思われますか?

IMG_7542

芯の周りが甘いと思われる方は①を・・・

皮の周りが甘いと思われる方は②を・・・

 

では早速、糖度計で糖度を測定してみます。

まずは、①(芯の周り)の糖度です。

IMG_7767

糖度は10.2度!

 

次に②(皮の周り)の糖度を測定・・・

IMG_7821

糖度は12.4度!!

②(皮の周り)が糖度が高いことが分かります。

その差、2.2度です。(*今回の測定結果ですので、固体によって数値差には、ばらつきあります。)

実際食べ比べてみると、はっきりと甘さの違いが分かります。

 

みなさん、このような経験は御座いませんか?

「りんご」を丸かじりで食べると、皮の部分から食べて始めますよね。

最初は甘い美味しいりんごが、徐々に食べ進めていくうちに、甘みがなくなり、美味しくなくなる。

それは、皮の部分が最も甘くて、芯の部分が最も糖度が低いからなんです。

だから、りんごは丸かじりよりも、下の写真のように切ってから食べられることをお勧めします。

IMG_7812

 

芯の周りの部分と皮の周りの部分を一緒に食べることで、味にムラがなくなり、美味しく最後まで頂けます。

それから、もう一点。

芯から皮に向けて甘さが増します。

皮の周りが一番糖度がのっていますので、皮の食感がお嫌いでなければ、皮ごと食べられることをオススメします。

皮には身体、美容に良いとされるポリフェノールなどのフィトケミが豊富に含まれて言います。

りんごは食べやすいサイズに切って、皮ごと食べられるのを推奨します。

名古屋の野菜ソムリエの「とよ」でした。

 

 

 

*ぶどうの甘いところ、みかんの甘いサイズについての記事を書いています。

「ぶどう」を家族・友人と一緒に食べる時に知っておきたい糖度の違い!野菜ソムリエがお伝えします。

どっちが甘い? 大きい「みかん」と小さい「みかん」 野菜ソムリエがお伝えします。