【主婦必見】2020年美味しい『お米』!54銘柄解説

『コメ』のNG保存方法。おすすめの保存方法も解説!

お米の保存方法で虫やカビが発生したことありませんか?

ぱる

新婚当初は、頻繁に虫が発生していたな〜

とよ

お米も間違った保存方法をしていると、虫が発生したり、カビが生えたりするんだよね。

長女

えっ、そうなの!?

とよ

今回は、お米の『NG保存方法』と『オススメの保存方法』を紹介するね。

では早速行ってみましょう!

お米のプロが厳選!おすすめの『コメ』

NG保存方法

まずは、NG保存方法を3つご紹介します。何気にやっている保存方法かもしれませんよ。

キッチンの流し台の下

 

とよ

まず最初にNG保存方法は、キッチンの流しの下に保存すること

長女

えっ、なんで?暗くて涼しいからいいんじゃないの?

とよ

理由は湿気が多くて、油や洗剤の匂いがあるからだよ。

お米は匂いを吸収しやすい性質があります。密閉していない米びつや、購入したままの米袋だと、流し下の匂いがお米に移ります。

また、流し下は水を湿気が多くなったりします。もし、お米に水がかかると、カビが発生してしまいます。

カビが発生するとお米は食べれなくなり、捨てるしかありません。とてももったいないですよね。

長女

なるほど、そうゆう理由で流しの下はダメなんだ!

米袋のまま 冷蔵保存

長女

パパ、次にダメな保存方法は何があるの?

とよ

米袋のままで、冷蔵保存すること!

長女

えっ!基本的にお米は高温多湿をひかえましょうと、注意書きしてあるよ!だからOKじゃないの?

とよ

冷蔵庫に保存は、お米に最適な方法なんだよ。

しかし、購入したときの米袋で冷蔵庫で保管する行為がNGだよ!

理由は、米袋には小さな穴が空いています。お菓子の袋のように密閉されていません。

冷蔵庫で保管すると、水分が袋の中に入り、カビの発生の原因になります。

『米びつ』保存は難しい!

長女

もうNG保存方法はないよね。

とよ

いやいや、まだあるんだよ!それは『米びつ』での保存!

長女

パパ、梅雨の湿気にやられて頭おかしくなった!?『米びつ』は、お米を保存する為に作られた保存容器だよ!

とよ

お〜い、口が悪いよ・・・(汗)。『米びつ』の保存容器は、管理が難しいんだよ!

『米びつ』に入っているお米が少なくなってから、お米をスーパーやネットで購入しますよね。

お米を『米びつ』に入れるときは、『米びつ』のお米は空になっていますか?

すべてお米がなくなる前に、新しいお米を入れていませんか?

古いお米の上に新しお米を入れると、古いお米がずっと残ってしまいます。そこから虫が発生する可能性が高くなります。

また、『米びつ』の底には糠が溜まりやすいです。定期的に『米びつ』を綺麗に清掃してあげないと、糠から虫が発生することがあります。

長女

なるほど!『米びつ』の管理ってコツが必要なんだね。

おすすめの保存方法

長女

ねぇ〜。ダメダメばっかり言わないで、おすすめの保存方法はないの?

とよ

それはね、我が家で実践しているペットボトル保存だよ。

ペットボトル保存は名前の通り、ペットボトルにお米を入れて保存する方法です。

どうやってペットボトルにお米を入れるの!?

ペットボトルにお米を入れる方法は、とても簡単です。

写真のように半分に切ったペットボトルを使い、お米を入れていくだけです。

IMG_3316

長女

私もペットボトルにお米を入れるの手伝ったことある!2年生からやってるよ。

どこで保存するのがいいの?

基本的には、冷蔵庫の野菜室に保存するのをおすすめします。

米の保存法

温度が高いと、お米に虫が沸く可能性が高くなります。

冷蔵庫の野菜室は虫が活動できる温度帯ではありませんので、虫の発生を抑えてくれます。

さらに、もう一つメリットがあります。お米の鮮度を保ってくれることです。温度が高いとお米が劣化しやすくなるんです。

長女

冷蔵庫に入らないときは、どうするの?

とよ

常温でも、光が当たらないところがいいよ。我が家では、クローゼットの一角に置いてるよ。

ペットボトルは密閉してありますので、虫の侵入もなく安心して保存できますよ。ただし、常温保管は購入から1ヶ月ぐらいで食べ切られることをおすすめします。特にこの梅雨の時期は・・・お米の食味が落ちるスピードが早いので。

まとめ

NG保存方法は次の3つです。

  1. キッチンの流し台の下で保存
  2. 購入した米袋のまま冷蔵庫で保存
  3. 米びつでの保存(管理が難しいから)

おすすめの保存方法は、ペットボトルで保存することです。興味がございましたらお試しください。

長女

ねぇねぇ、パパ。美味しいお米も今度教えて!

とよ

それなら、すでに解説しているから。この下の記事がおすすめだよ!
お米のプロが厳選!おすすめの『コメ』

とよ

今年の美味しいお米が、解説してあるよ!