【主婦必見】2020年美味しい『お米』!54銘柄解説

東海エリア限定【スシロー】ジャンボえびフライは、名古屋人も納得のサイズと味!

スシローのメニュー

名古屋名物は、ひつまぶし、天むす、味噌カツなど多くあります。

その中で、回転すしチェーン 売り上げNo.1のスシローが挑むのは、名古屋名物のひとつ『エビフライ』

こちらは、スシローの『自家製ジャンボえびフライ』です。

20cm以上もあると思われるエビフライが2本も付いてきます。

価格は480円(税抜)とコスパも魅力的な商品ですよ。

ただし、東海エリア限定の商品 になりますので、全国のスシローファンの方に向けて詳細を説明していきますね。

自家製ジャンボえびフライはどこで食べられるの?

自家製ジャンボえびフライは 全国のスシローで販売していません。

POPの表示ですと、東海エリア限定の商品とのこと。詳細は、最寄りのスシローへお問い合わせください!

スシローのメニュー

このPOPの誘い文句につられて、早速注文してみました。

自家製ジャンボえびフライとは?

巨大なえびフライ!20cm以上あるのでは?

スシローさんも、名古屋人にエビフライで挑戦しようとは、身の程知らずもはなはだしいと、、、

名古屋出身の私は、心の中で感情を抱いてしまいました、、、(ごめんなさい)

名古屋のエビフライと言えば、びっくりすほどの大きで、衣も薄いのが特徴だと思っています。

例えば、海老どて食堂のようなエビフライのような、、、

注文してから約10分ほど経って、ようやくお待ちかねの『自家製ジャンボえびフライ』が登場しました。

ぱる

これは、思ったよりも大きいではないか、、、

スシローのエビフライ

写真ではあまり分かり難のですが、目測では20cm以上はあるのではと思えるほどの大きさです(ただし、海老どて食堂の35cmのエビフライほどではありませんが)。

えび天にぎりと比べると、どれほど違う?

スシローには定番メニューで、えび天にぎりがあります。

我が家でも大好きなメニューで、コストパフォーマンがいいのが特徴です。

その『えび天にぎり』と、『自家製ジャンボえびフライ』を比べると、、、

スシローのエビフライ

その大きさは一目瞭然・・・

『自家製ジャンボえびフライ』が3倍ほど大きいんです。大きさがわかりますよね。

ぷりぷりの海老が激ウマ

さて、大きさのインパクトは十分に理解できたと思います。

では、味はどうかと言うと、、、

スシローのエビフライ

サクサク の衣の包まれた ぷりぷり のえびが口の中に広がります。

とよ

ビールを片手に一緒に食すのは、何よりの贅沢ですよ。

タルタルソースも濃厚で、一緒に頬張ると『ジャンボえびフライ』との相性が抜群!

1皿たいらげてもっと食べたくなったので、もう一皿注文しました。

名古屋人を納得させるエビフライでしたよ。

スシロー ジャンボえびフライのまとめ

名古屋人は、地元名物にとてもこだわります。

今回食べたスシローの『ジャンボえびフライ』は、名古屋人でも納得するサイズ、味でした。

東海エリア限定で、お店によっては提供していない場合もあります。

ジャンボえびフライを目当てに、スシローに行くときには、訪問先のスシローへ事前にお問い合わせくださいね。

スシローでは地域限定のメニューも豊富にありますので、詳細はHPをご確認ください!

また、スシローで働きたい方は、下記の求人情報より確認しできますよ。

スシロー 求人情報!