>>子連れ旅!飛騨高山に日帰り、食べ歩き旅行!<<

名古屋熱田区「ノイエス(Neues)」はコーヒーとスイーツ、パフェが美味しい。

美味しいコーヒーに出会った時、嬉しくなりますよね。

「酸味のあるコーヒーは苦手、苦味のあるコーヒーが好き」という程度で、私はあまりコーヒーに詳しくないのですが、甘いスイーツや焼き菓子にはコーヒーが飲みたくなります。

そもそもコーヒーの香りが癒し効果があるので好きです。

今回伺ったのは取り扱うコーヒーはスペシャリティコーヒーのみ。

ブレンド、シングルオリジン、エスプレッソ系のコーヒーを飲めるお店で、シングルオリジンは豆のうまさをダイレクトに味わえると評判の「ノイエス(Neues)」。

シングルオリジンは甘味、酸味、苦味など味覚の3パターンを用意してくれています。

コーヒーに詳しくない私が選んだコーヒーは、そして焼き菓子にこだわる店主のオススメの焼き菓子、月替わりの季節のパフェを食べに行ってきました。

それではレポします。

ノイエスの場所や営業時間など。

お店の場所は?

熱田区の西友の前にノイエスはあります。

Neuesの外観

白い外観でおしゃれな感じです。

近くにはドンキとユニーのコラボ!名古屋初登場「MEGAドン•キホーテUNY東海通店」もありますよ。

営業時間は?

店舗名 ノイエス(Neues)
住所 名古屋市熱田区三番町4−25
電話 052−364−8629
営業時間 8:30〜19:00
定休日 火曜日(臨時休業もあり)
HP http://neues-coffee.wixsite.com/neues

営業時間は、8時半〜と早めなので、朝早くから飲みたい方にも良いですね!

駐車場は?

Neuesの外観

店舗の前に駐車場が4台あります。

看板もあるのでわかりやすいです。

ノイエスの雰囲気は?

緑と白を基調とした落ち着いた雰囲気です。

ゆったりした店内。テーブルの配置も広々、奥はソファもあります。

Neuesの内観

奥に細長い造りのお店で、まず、カウンターで注文します。会計を先に済ませ、好きな席に座ります。店内も緑と白を基調としてオシャレな感じです。扉がガラスなので外からの光がたっぷり差し込んで明るいです。

コーヒーや焼き菓子を楽しみに来られる方、月替わりのデザートを楽しみに来られる方、月替わりのランチを食べに来られる方、とそれぞれにファンがいるようでお客さんの年齢層の幅も広いです。

コーヒーのこだわり

スペシャリティーコーヒー専門。

スペシャリティーコーヒーを専門に扱うお店で、ブレンドコーヒー、単一豆の味を味わえる「シングルオリジン」、エスプレッソを使ったコーヒー各種と厳選されたメニューのラインナップ。

シングルオリジンの中にはディカフェもあるのでカフェインを気にする方にも安心ですね。99、9%カフェインカットだそうですよ。

生産者の顔が見えるコーヒーショップ。

Neuesのチラシ

中でも珍しいのは、ペルーやボリビアのシングルオリジン。生産者の顔が見えるコーヒーショップで、生産者の紹介プレートが置いてあります。産地はもちろん、同じ国でも地区によって全然味が違うようで、ノイエスでは地区まで限定している豆を楽しめます。

ペルーは「エヴァール・リオハ」さんが運営する「エル・バルト農園」。標高1850mのところで栽培しているそうです!熟したコーヒチェリーの果肉を取り除き、13時間かけて発酵、10〜15日かけて乾燥させるとのこと、手間暇かけて大事にコーヒー豆を作られていますね。

Neuesのテイクアウトコーヒー

ボリビアは「タイピ・プラヤ」地区、ブラジルは「アルタ・ヴィスタ」とこだわっているようです。お店には産地の情報を書いてあるので、気になる方は見ると面白いですよ。

コーヒー豆の販売もされていました。

おしゃれなカフェ、パン、スイーツのお店が、アルバイト、パート募集しています。興味のある方は、下記アドレスのタウンワークを参照ください! https://townwork.net/joSrchRsltList/?ac=081&jmc=00115&ds=01

今回注文したコーヒーは?美味しかった?

シングルオリジンの「ボリビア」。

Neuesのコーヒー

酸味と甘みの香りのバランスが最高の一杯。ボリビアではコーヒーを作る農家さん自体が減ってきているようで、非常に貴重なコーヒー豆だとか。

標高も1350〜3000mとすごく高いところで栽培されていて、標高が高いということは寒暖差が激しくじっくりコーヒーチェリーが育つので美味しいコーヒーチェリーができるのだとか。通常の標高で栽培されているコーヒーと比較すると収穫するのに1.5倍もかかるそうです。インカ帝国の遺跡があり、蓄熱作用もあるのこと、木が死なない地区だそうです。

完熟の甘みを感じられるコーヒーということで飲んでみました。注文が入ってからコーヒー豆を挽き、ハンドドリップで淹れてくれます。

Neuesのコーヒー2

一口口に入れると酸味がキリッときまして、飲みきると完熟された甘み、まるでチョコレートのような甘い香りが特徴的。いつも飲んでいるビターなコーヒーとは全く別物で、豆の味をダイレクトに味わえます。

酸味が得意ではなかったと思っていたのですが、このコーヒーはうまい!酸味の中にも完熟された甘みをしっかり感じられるのも魅力。そして淹れたてよりも少し冷めた頃の方が香りを強く感じます。柑橘類のような爽やかな香りで、すっきりと飲めます。何と言っても後味の甘さがいいですね。

豆がなくなり次第別のシングルオリジンになるそうで、年間通してあるわけではないようです。

焼き菓子はどんな種類があるの?

もともとはフレンチの料理人さんでその後、お菓子の世界に入り、コーヒも学んだそうです。ランチでは洋の要素の入った料理を楽しめて、お菓子は焼き菓子、パフェなど生菓子など気分やコーヒーに合わせて合わせてみるのもいいですね。

Neuesの焼き菓子

夕方に行ったので売り切れている焼き菓子もありましたが、店主おすすめの焼き菓子はまだあったので2個購入してみました。

サブレショコラダマンド 250円

Neuesの焼き菓子2

サクサクなサブレ生地。

Neuesの焼き菓子3

優しい甘みのあるビターなココアな味わいとクラッシュしたアーモンドの食感がたまらない。バターのコクが広がる一品です。

サブレノアゼット 250円

Neuesの焼き菓子4

Neuesの焼き菓子5

アーモンドとは違った香り、旨味で軽い食感。よりバターの味を味わえます。コクのある生地で旨味が強いのでそのまま食べても、コーヒーと合わせても美味しいですね。ほんのり感じる塩味がいいアクセントです。

Neuesの焼き菓子6

Neuesの焼き菓子7

材料はシンプルなもので作られていて、無添加でしたよ。

Neuesのクロワッサン

このクロワッサンも人気で、エレシバターを使っているそうです。フランスの職人が作った生地を仕入れてお店で焼いているものだそうで、このクロワッサンを目当てにお店にくる人も多いそうですよ。食べてみたかったのですが、コストコで買ったクロワッサンが冷凍庫で大量に寝ているので今回はやめました。また今度、クロワッサンを買いに行ってみようと思います。

月替わりのパフェも人気

南国フルーツパフェ 980円(月替わりのパフェ、6月27日現在)

Neuesのパフェ

月替わりのデザートは南国パフェ。マンゴーがベースになっていて、見るからに夏を感じられる一品。一番下はロイヤルティーヌ(薄く焼いたクレープ生地を砕いたもの)、マンゴープリン、フルーツ、ココナツムース、シフォンケーキ&マンゴーソース、バニラアイス&マンゴーソース、フルーツ、ココナツチュイール。とボリューム満点のパフェ。

Neuesのパフェ2

ココナッツ香る爽やかな甘さのあるパフェでフルーツがいっぱい乗っていました!ざっとわかる限り、メキシコマンゴー、アメリカンチェリー、完熟パイン、キウイ、スイカなどなど。

Neuesのパフェ3

トップに乗っているココナツチュイールはそのまま食べても美味しいですし、パフェのパーツと一緒に食べても美味しいです。

パフェは甘みの強い部分、弱い部分といろいろでアクセントがあって美味しかった〜!

ひとことコメント

スペシャルティコーヒーを専門に使うカフェなのでコーヒーを楽しみたい人、手作りの焼き菓子を楽しみたい人、季節を感じられる月替わりのランチやデザートを食べたい人といろんな方が楽しめるお店ですね。

今回コーヒーについて色々教えてもらったので、今度は違うコーヒーを飲みに行ってみたいと思います。