≪梅干し作り≫赤しその下ごしらえ、入れるタイミングのポイント

こんにちは。

野菜ソムリエ大橋千珠です。

梅干し漬けてそろそろ赤しそ入れようかなと思っている方もいらっしゃると思います。

どのタイミングで入れたらいいの?

赤しそ、買って来たら洗ってそのまま入れてもいいの?

わからない方もいらっしゃると思います。

今回は赤しその使い方、入れるタイミングを書きます。

 

赤しその下ごしらえの仕方

赤しそを買ってきてまず袋から出す。

image

すると、こうやって軸がついているのではずす。

image

 

 

image

このまま軸を一緒に入れてしまうと硬いし、色が出ないので入れる必要がないのです。

 

色は紫色の濃いものの方がキレイに色が出ます。

image

左と右だったら左の方が良い色していますね。

なので私は全部軸を取って洗うときに緑のものはよけてキレイな紫色のものを使います。

 

どうやって下ごしらえをするの?

どうやって使うの?わからない方はこちらをご覧ください。

私が以前書いた赤しそ下ごしらえレシピです。

 

ひたすら塩でもんでいく。

すると紫色のアクが出てくるので捨てます。

ぎゅーと絞ってもう一回塩を入れて揉み込む。

手のひらサイズのお団子くらいにして、下ごしらえは完成。

 

入れるタイミングは?

梅干しを漬け込んで5日くらい経つと梅酢がびたびたに上がってくるので梅が隠れるくらいになったら入れてもOK

image

入れたら赤しそが空気に当たらないようにしておく必要があります。

空気に当たるとカビの原因になります。

ジップロックで梅干し作るときは梅酢が上がってくると空気が入りやすいのでこまめに空気を抜いてあげると安心です。

image

一晩でこれだけ色素が出てきます。

image

このまま梅雨明けまで大事に持っていてください。

 

いつ干すの?

週間天気予報を見て

3日間晴れの予報だったら

3日間干します。

ザルにキッチンペーペーを敷き、漬けた梅を1こずつ並べます。

途中ひっくり返して両面かりかりに乾いたら

梅干しの出来上がりです。

 

美味しい梅干しができますように~♪