名古屋市で茶臼碾き(ひき)、抹茶を点てる体験ができるのはココ!【西条園抹茶カフェ】 in  メイカーズピア

名古屋市のメイカーズピアにオープンした抹茶カフェ。創業明治21年の抹茶の老舗の株式会社「あいや」が運営しています。メイカーズピアに入って右のフォレストゾーンはゆったりした空間を楽しめます。こちらのゾーンに位置する【西条園抹茶カフェ】では茶を石臼で碾くことができるんです!しかも300円ととってもリーズナブル!

【西条園抹茶カフェ】ってどんなところ?

店内は木目を基調としたナチュラルな雰囲気でゆったりできます。シェ・シバタとコラボした新感覚のスイーツを楽しめます。濃い抹茶スムージーや濃い抹茶ラテなど濃厚な抹茶を感じられるハズ……!中でも驚いたのは抹茶ビール!点てた抹茶をブレンドしたビールだそうですよ。暑い夏にグイッといきたいですね。

 

茶臼碾き(ひき)、抹茶を点てる体験はどんな流れ?

大人のみでも、親子でも楽しめる茶臼碾き(ひき)、抹茶を点てる体験ができます。体験料300円とかなりリーズナブルなもの嬉しいですね。

お店に入り、レジでお金を払います。空いていればすぐ体験できますが満席の場合、整理券をいただくので言われた時間までに戻ってこればOK。

茶臼は5台だったかな?それぞれのスピードで個人で進めていけます。説明してくれたところまで終わったら呼び鈴でスタッフさんを呼んで次の工程に進みます。

お茶を点てるための道具も一式揃っています。

 

茶臼でひくこと3分間。しっかり頑張って回さないと抹茶はたっぷり取れません。

3分間、タイマーを計ってハンドルを回します。

結構重いので幼児には難しいかもしれません。

そして割と早い速度で回さないと抹茶はたっぷりとれません。

このように下に出てきた抹茶の粉末を刷毛で集めます。

刷毛ははねやすいので注意しないとこぼしてしまいます。これだけしか取れませんでした。

でも安心してください。少ない!とスタッフさんが判断してくれた場合、追加してくれます。

茶漉しで振るいます。

ダマをなくすために茶漉しで振るいます。最後の方にダマダマになってくるのでスプーンの背で優しく撫でます。

綺麗なパウダー状になりましたね。

各テーブルにある魔法瓶には熱々のお湯が愛っているので赤い線まで入れて茶碗に優しく入れます。

茶筅でしっかり混ぜたら出来上がり!その場で頂きます。

 

【あいや】は西尾市に抹茶ミュージアムもあります。

西尾の抹茶ミュージアムでは抹茶に関する体験や見学ができるそうです。

人数によってプランを選べるようです。茶臼の仕組みを見たり、茶葉の品質鑑定の体験、抹茶を点ててスイーツを試食と、盛りだくさんですね。

まとめ

⑴メイカーズピアの茶臼碾き(ひき)、抹茶を点てる体験は300円とお値打ち。

⑵茶臼はハンドルをしっかり回さないととれる抹茶が少ない。

⑶自分で抹茶を点てて飲むことができる。

名古屋市で茶葉を茶臼碾き(ひき)、抹茶を点てる体験をしたい場合は行ってみてはいかがでしょうか?

 

〈店舗情報〉

西条園抹茶カフェ

住所:愛知県名古屋市港区金城ふ頭2丁目7番1(メイカーズピア内)

TEL:080-4443-2830

営業時間:11時~21時

HP:https://www.matcha.co.jp/company/index.html

 

《受講生募集中》ジュニア野菜ソムリエ 地域校 名古屋北

ジュニア野菜ソムリエ、地域校などについて詳細はこちらの記事を参照ください。


《お任せ下さい》料理レシピ開発・作成

レシピ開発・作成を自社でされていませんか?人件費を掛けれないから、時間がないから、専門的な知識がないからレシピは作れない・・・など問題はございませんか?

野菜ソムリエ、みそ汁協会指定講師の「大橋 千珠」がその問題の解決をお手伝いを致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぱる(大橋 千珠)

ブログの「野菜ソムリエ ぱるとよ」を夫婦で運営している「ぱる」です。読者さんに野菜、果物、食材、商品で「へ〜」、「ほ〜」、「そうだったんだ」と思って頂ける記事を目標に書いています。フリーランス、女性、母、嫁の目線でブログを綴っています。