どっちが甘い? 大きい「みかん」と小さい「みかん」 野菜ソムリエがお伝えします。

スポンサーリンク

みんさんは、どちらを選びますか?

大きいみかん?、小さいみかん?

実は大小によって糖度が違うって、ご存知でしたか?

その違いについてお伝えします。

IMG_7757

みかんはJA三重南紀の「極早生みかん(一番星)」です。

同じスーパーマーケットで販売していました。

そこで購入したSサイズ(左)、Lサイズ(右)です。

写真では2周りほど大きさが違います。

直径の長さを調べてみました。

IMG_7759

Sサイズの「極早生みかん(一番星)」は直径6cm程の大きさです。

IMG_7760

Lサイズの「極早生みかん(一番星)」は直径7cm程の大きさです。

二つの中を確認すると・・・

IMG_7763

左側のSサイズの「極早生みかん(一番星)」の方が、果肉のオレンジが濃く見えます。

実際にS、Lサイズの糖度を測定してみました。

左側がSサイズ、右側がLサイズです。

IMG_7767

IMG_7764

 

 

 

 

 

 

 

その結果、Sサイズ(小さい方)の「極早生みかん(一番星)」が糖度が高い、結果となりました。

実は「みかん」は果実が小さい時に糖の量が決まります。

例えば、果実が小さいときに10gの糖が入っているとします。

同じ量の糖が入っていて、Sサイズ、Lサイズにそれぞれ成長したとします。

任意にSサイズ、Lサイズの面積を設定しました。

Sサイズの面積を50、Lサイズの面積が100だとします。(単位を付けると解り難いと思い省略しました。)

Sサイズの糖度は10➗50✖️100=20度

Lサイズの糖度は10➗100✖️100=10度

となります。

この理屈により、サイズが小さい「みかん」が、甘い「みかん」になります。

みかんを買われるときには、大きい「みかん」よりも、小さい「みかん」をお勧めします。