ロールキャベツを作るときのキャベツの下ごしらえの仕方。爪楊枝は使わず、止める方法。

こんにちは。

野菜ソムリエ大橋千珠です。

まだまだ暑い日が続きますがキャベツ好きな長女のリクエストでロールキャベツが我が家の食卓に上る頻度が高いです。

さて、ロールキャベツを作る際にキャベツはどのような下ごしらえしますか?

レンジで加熱する方法や茹でる方法などいろいろあると思いますが我が家のやり方をご紹介します。

 

キャベツの下ごしらえ

キャベツの芯の周りをぐるっと切れ込みを入れます。

キャベツは丸ごと沸騰した湯に入れます。

image

ひっくり返しながらするとキレイに皮がむけてきます。

image

ここでさっと火が入るとキャベツを巻く時に破けたり、折れたりすることはなく巻きやすいです。

 

image

剥けたら冷水にとります。

 

image

このようにどんどんペラペラめくれてきます。

芯までは火が通らないのでそのまま残しておくと食べにくく、巻きにくいので

芯のところはそいで細かく刻んで肉ダネに混ぜ込みます。

image

今回の肉ダネにはエノキ、たまねぎ、キャベツの芯が入っています。

 

巻く時

つまようじは使いません。

image

肉ダネをくるくる巻いて

キャベツを巻き込む。

image

グッと押し込むと爪楊枝でとめなくてもOK。

image

煮込んで作るとこんな感じ。

image

コンソメと昆布の粉末で味を整え、とろけるチーズを乗せる。

引き立て黒コショウをかけたらロールキャベツの出来上がり♪

 

丸ごと茹でてしまうキャベツ。豪快ですがお手軽ですので、ぜひ。