〔名古屋〕ハンバーガーおすすめ7選!地元民が厳選

ミニトマトに麹の甘酒を混ぜてみた。

こんにちは。

野菜ソムリエ大橋千珠(ぱるめん)です。

先日田原のミニトマトの農家さんからミニトマトをたくさんいただきました。

小鈴という品種だそうです。

image

小鈴は糖度が高く、野菜というより、フルーツ感覚で食べることが出来る一口サイズです。しかもリコピンやビタミン豊富で糖度が高く、ほどよい酸味と風味に優れており、日持ちがよく、消費地より喜ばれています。(JA熊本市HPより抜粋)

どこかのテレビで1日5粒食べるといいと聞き、なぜ、5粒なのか忘れてしまったのですが、(また調べます)

それ以来毎日5粒を目標に食べてました。

ところが、農作物は天候に影響されたりするとミニトマトが高く、家族みんなで5粒食べると結構食費を圧迫されるのでいつしか4粒になり、3粒になり、1粒になり、むしろ家族全員で5粒!みたいな。

それではいけないと思っていたころ、農家さんから大量のミニトマトを頂きました。

それ以来心置きなくみんなで5粒ミニトマト食べてました。すべておなかの中に。。。

 

小鈴というミニトマト、食べた感想は

皮がパリッとしていてゼリーの部分がジューシー。

濃い甘みの後にさっぱりとした酸味があるので、味が濃いのだけどさっぱりとたくさん食べれちゃいます。

 

今回はレシピというか食べ方提案を一つ。

ミニトマトと麹の甘酒(原液)に漬けてみました。

大玉トマトと塩麹は相性が良いといわれているので

ミニトマトと甘麹も相性が良いのでは、と思いトライ。

ミニトマトを4等分にし、麹の甘酒に漬けるだけ。

image

翌日食べてみた。

あまり変化はない。

翌々日・・・そんなに変わらない。

翌翌々日。

 

変化した‼

 

甘麹とミニトマトのうまみがMIX!

 

ミニトマトの果汁が甘麹に馴染んで美味しい!

初めにミニトマトだけつまんで

最後にミニトマト果汁の入った甘酒に1/3水で薄めてぐいっと飲む。

いつもの甘酒よりミニトマトの酸味が入り、すっきりした味わいですよ♪