〔名古屋〕ハンバーガーおすすめ7選!地元民が厳選

風林火山、麗旬、りんかはなんの野菜? 同じ○○○として販売されています。


こんにちは。

野菜ソムリエ大橋千珠(ぱるめん)です。

 

大玉トマト、ミニトマトやフルーツトマトトマトは年間通して全国で作られるので年中食べられて良いですよね。
産地によって美味しい時期が違うので、年中楽しめますね。私は年中楽しめてます。
いちご、ぶどうなどは品種を表示して販売しています。

 

まだトマトひとくくりで表示されることが多いです。

 

農家だけが知っている品種を今回は「とよ」の実家で教えてもらいました。

image

2016年1月8~11日とよの実家九州に帰省していました。
ちょうどトマトの収穫の時期だったので圃場を見せてもらいました。

 

今年度は3品種育てていました。
りんか、麗旬(れいしゅん)、風林火山。

 

なぜ、この品種を育てているかというとりんかが美味しく、収量が取れるのでりんかをたくさん育てたいのですが黄化葉巻病にかかりやすく、段数の低い段階で黄化葉巻病にかかってしまうともうトマトがとれなくなってしまう。
そのリスクを下げるためにほかの品種も育てているそうです。

こっそり食べ比べしました。
麗旬は日持ちがする、ゼリー状がすくないということもあり、ハンバーガーにもむいている品種だそうです。味はコクがあって濃厚で美味しい!ゼリー場の部分が少なくて果肉が多いのでトマトのどろっとしたところが苦手な方にはおススメかも。

image

image

 

風林火山はちょっと食べ時期より早かったのか硬めで酸味が利いていました。
もう少し置くとちょうどいい風味になるのかな?
今度は適期で食べてみたいです。

image

image

半分に切りました。

image

りんかはコク、甘みがあり、後味がさっぱりいていて美味しい!(写真撮り忘れました(;´▽`A“)

味が濃いのですがさっぱりしているのでどんどん食べれます。

 

image

上が麗旬、下が風林火山

 

上記すべての品種は、八代の大玉トマトは品種で売られることはなく、「はちべいトマト」というブランドで販売されています。

これだけ品種による味の差があるのでスーパーでも品種別に売られると生活者はワクワクして楽しいですが、品種別販売は店側からするとなかなか難しいですよね。

余談ですが以前とうもろこしの食べ比べ教室の為にいろんな品種を集めたくてスーパーを回りましたが品種で売っているところはまだまだ少なかったです。その都度、店員さんに確認して購入しました。トウモロコシも品種で味が変わります。

image

青果物の個性があって楽しいですね。
これからも品種がわかる青果物についてはどんどんレポしていこうと思います。