〔名古屋〕ハンバーガーおすすめ7選!地元民が厳選

あなたはどう?知っている「情報・知識」で野菜の美味しさが変わる!?

突然ですが、みなさんは、どちからの野菜が美味しいと思いますか?

 

スーパーで売られているトマトは同じです。

①1個300円で値札だけが付けられたトマト。

②熊本県阿蘇山の世界最大のカルデラの土で、丹精込めて「高橋さん」が作った1個300円のトマト

僕は、美味しいと思うのは②だと思います。その理由は、世界最大のカルデラ、阿蘇という環境の良さ、誰が作ったのかわかる内容。これは、お客さんに良い印象を与えると思います。

 

では、もう1つは質問です。

これも同じトマトです。

①スーパーで1個300円で値札だけが付けられたトマト。

②スーパーに届いてから、1週間も過ぎて売れ残ったトマトです。

ほぼ全ての方は、①のトマトを美味しいと思います。それは、売れ残って日にちが経っているトマトは、味が落ちているとイメージされます。

僕も絶対、みなさんと同じで①を選びます。

 

このように、同じトマトでも情報の入り方によって美味しさが変わります。当たり前だと思われるかもしれませんが、実はここに食卓を豊かにするヒントが隠されています。

それは、全ての野菜には作った人がいて、拘りもあります。さらに、旬があり、美味しい時期も変わります。その情報を知っていれば、野菜がより一層美味しく感じられると思います。さらに、知っている野菜の情報を家族で話をすれば、家族みんなが美味しいと感じるのではないでしょうか?

一方、マイナスの情報もご存知であれば、ご自身にあった野菜だけを選んぶ基準になります。スーパーの売り場に表示されている情報だけではなく、その先にある情報を知るのが重要だと思います。

 

野菜の基本情報は、「次の3つ」だと僕は思います。

①産地

②旬の時期

③品種

*なぜ、この3つが重要かはこちらを参照ください(近日公開予定)

食を豊かにして、人生を楽しくできるのが、知識だと思います。

これからも、食の知識を読者さんへお届けしていきます。

 

 
もうひとつ記事を読んでいきませんか?

 

参加募集中の『食』の講座です。

旬の野菜・果物、珍しい食材などを使った講座など開講しています。ご興味がありましたご覧下さい。