パセリの大量消費 2つの下処理の仕方

こんにちは。

野菜ソムリエぱるめんです。

先日大量にパセリを頂いて・・・

image

野菜ソムリエですが実は実は香りの強い系のお野菜が苦手で。。。

春菊、セロリ、パクチーなどなど。。

セロリ、春菊は克服したので克服レポは後日書きます。

 

パセリの栄養。

ビタミンCが100g中200mgと野菜果物のなかでダントツ。

鉄分も豊富。100g中9.3mg (免疫力を高める健康 食べ物・栄養食品効果効能ナビのHPより抜粋)

 

さあ、パセリ。

今回は下処理の仕方。

2つの方法で作りました。

冷凍バージョン

image

パセリをよく洗い水気を切る。

このときパセリの軸をもって「しゅっしゅっ」とふると水が切れます。

キッチンペーパーでしっかり水分をとります。

ぽり袋に入れて空気をいっぱい入れてぱんぱんの状態にして口を閉じ、冷凍庫で1日。

image

しっかり固まったら袋の外からもみもみもみ。

完成。

 

レンジバージョン

キッチンペーパーでしっかり水分をとるところまでは冷凍バージョンと一緒です。

耐熱皿にキッチンペーパーをひきパセリを乗せる。

600wで30秒加熱。様子見て30秒加熱。様子見て30秒加熱・・・を繰り返してカリカリに乾燥するまで続ける。

カリカリになったら袋に入れてほぐして完成。量が多かったらミルで粉砕もOK。

image

比較

パリッと感はレンジのほうがあり、香りも抑え気味な感じがしました。でも大量にあるときは手間がかかる。

お手軽感は冷凍が断然優勢。袋をもみもみする工程は楽しい。でも仕上がりがしっとりあがります。

カリッと感はないかな。

どっちを選ぶ?

少量の場合はレンジパセリ。

大量は冷凍パセリかな。

 

 

消費の仕方

レンジパセリの方は市販のドライパセリみたいなので使用用途は最後の振りかける。彩りに使うのがおススメ。

冷凍パセリは時間がたつと湿気を帯びてしなしなになってくるので煮込みや鶏ハムに巻き込むのがベターです♪

肉と一緒に料理すると肉の臭みが和らぎ美味しいです☆

 

我が家には冷凍パセリが大量にあるのでどんな料理にしようかな☆