《実験》名古屋の満員電車 スマホで「ブログ」が書けるのか!?思わぬ結果が!

サラリーマンはブログを書く時間の確保が難しい。

そこで、名古屋市の満員電車の中で、スマホを使ってブログが書けるのか、実験してみました。

この記事は満員電車の中で片手で書いています。前回、スマホでブログを書いていると報告いたしましたが、まだ満員電車で書いていなかったので、トライしました。(尚、誤字脱字の訂正、若干の加筆などの編集は、パソコンで行っております)

 

条件

日時:2015年12月14日 月曜日
時間 7時56分頃 〜8時13分
区間:名古屋 金山駅〜栄(名城線)〜亀島(東山線)

 

僕の通勤ルートは、名古屋の中でも混んでいる方であるが、東京、大阪に比べれば混み具合は緩やかです。スマホを書けるぐらいのスペースは確保されているので。しかし、他のお客さんと体はもちろん接しています。

金山駅から乗り込み、早速執筆。両手は使えないが、片手であればスムーズに入力ができます。これは隙間時間を活用できると思うぐらいです。ブログのアップは難しいですが、下書きであれば充分に書けると感じました。

結果:578字入力 (*頭の中が整理できていれば、もう少し多く書けると思います。)

 

メリット

  • 身構える必要がなくて、考えが湧いてきたら直ぐに文章に移せる。
  • 臨場感を出せる。今体験している環境で書くのが、よりリアリティを出せるではないかな〜。家に帰って、この記事を書くと、上手くまとまらないと思います。
  • 隙間時間を活用できる。たった20分の通勤時間で、ブログを1本下書きできました。これは、ブログ記事の更新頻度が上がりそうです。

 

デメリット

  • 文章を書くスピード遅い。
  • 思いついたことを文字に変換しているので、日本語が幼稚、誤字脱字が多くなる。
  • 目が疲れ、肩がこる。

 

以外にもスムーズにスマホでブログを書くことができました。ブログを椅子に座って、パソコン、ポメラで書くものだと思っていましたが、通勤途中で立ちながらスマホを書けることが分かりました。これは僕の固定概念を覆す発見です。この実験をやって、世界観が広がりました。

 

メリット、デメリットはありますが、ブログの更新頻度、書くハードルを下げるのを第一に考えると、今のところメリットが多いのです。

デメリットを少しでも軽減できれば、モチベーションの維持にも繋がりますので、今後考えていきます。