栗とチョコの相性抜群。RISOさん

スポンサーリンク

ノリタケの森の森の赤レンガマーケットで出会ったお気に入りのお店第2弾。

長久手にあるRISOさん。

「RISO」はイタリア語で「笑顔」という意味。作る私たちも、食べて頂くお客様も

みんなが笑顔になるパンをお届けしたいという想いが込められています  (RISOさんHPより抜粋)

使用している材料は下記のとおり。

とことんこだわっているのが分かります。

小麦粉:北海道産香麦

砂糖:北海道産100%てんさい糖
牛乳:飛騨牛乳
バター:四つ葉バター
チョコレート:クーベルチュール
油:なたね油   (RISOさんHP抜粋)

そして季節感を大事にしているようで

秋には栗や安納芋を使ったものがあるとのこと。

今回は栗を使ったパンを購入。

マロンリュスティック

IMG_8861

ハード系パン好物の私にとっては嬉しい一品。

リュスティックとは「素朴な」「田舎的な」という意味だそうです。

発酵させた生地を丸めたり、成形したりしなくて切り、もう一度発酵させて焼いたもの。

ハード系のパン。

さて、半分に切る。

IMG_8862

 

たっぷりとチョコが入っていてチョコも好きなので満足度が高い。

栗のペーストも入っているのでハードなパンと良く合う!

秋を感じさせるパン。

ノリタケの森の芝生で秋の風を感じながら食べるパンは美味しさ倍増♪

コーンパン。

IMG_8857

見るからにもっちり感が伝わってくる。

ふんわり、やさしい感じが手に取るようにわかる。

切ってみる。

IMG_8858

このコーン感。

多すぎず、少なすぎず、ちょうどええ。

あまりのもっちり、しっとり感に上手に切れず、切り口がギザギザなのは申し訳ない。

ミルクの味もしてかむほどに甘みが感じられる。

ずっと噛んでいたいパン。

柔らかいんだけど、もっちりしているので噛みごたえはばっちり。

めちゃ好み。

 

IMG_8868

いろんなイベントで販売されているので今後の出店情報をチェック♪

RISOさんのHP

ABOUTこの記事をかいた人

ぱる(大橋 千珠)

ブログの「野菜ソムリエ ぱるとよ」を夫婦で運営している「ぱる」です。読者さんに野菜、果物、食材、商品で「へ〜」、「ほ〜」、「そうだったんだ」と思って頂ける記事を目標に書いています。フリーランス、女性、母、嫁の目線でブログを綴っています。