>>>【新店】インスタフォロワー2万人越え!ダイワスーパーのカフェとは?<<<

ちこり村! ちこりが大好きになった野菜ソムリエ

こんにちは。シルバーウィークの2日目に訪れたのはちこり村。
IMG_8825中津川にある 野菜に夢中 サラダコスモさんが運営しているちこり村。

まずはちこりのお勉強。

 

ちこり生産ファームにて見学案内。

ちこりはレタスと同じキク科の野菜。

スプラウトのカテゴリー。

スプラウトとは暗室で育てられた野菜の新芽。

ちこりはヨーロッパ中央アジアが原産の野菜。

IMG_8756

ちこりの種。

左は赤。右は白、というか黄色。

メジャーなのは黄色のちこり。

 

 

ちこりの花はきれいな淡い青紫色。

 

IMG_8779

午後にはしぼんでしまうが6~9月まで楽しめる。

 

 

 

ちこりはちこり芋1個から1つしか取れない貴重な新芽。

IMG_8754

ちこり芋をまず育てる為に1度目の葉っぱを育てる。

まっ緑な葉っぱが生える。

こちらは食用しなく、粉末にして加工したりして利用している。

 

2度目に生えてきた葉っぱがちこり。

ほろ苦さとシャキシャキ感が特徴。

 

以前スーパーで購入したときは苦味が前面に出てきたのでちょっと離れていたが、今回試食してびっくり。

 

苦味はほとんど感じられず、みずみずしく美味しい!

 

 

IMG_8776

収穫されて一度目の葉っぱを切った後、芋のみになったら冷凍庫で保管。冬を感じさせるため。

 

その後、「芋さし」をする。

1パレットに芋がびっしり並べられ、(すべて手作業で葉をカット、パレットに並べていく)

暗室に入る。

(暗室の写真を撮ったがきれいに撮れなかったため、カット)

 

暗闇に入って水を調整されながら3週間で収穫。

 

国産ちこりの完成。

IMG_8775

手間ひまかけて作られたちこり。なんだか愛着が沸いた。