ダイエット期間中の小腹がすいたときの対処法

スポンサーリンク

人はやってはいけないことに執着することがあります。

たばこは身体に悪いから、禁煙したいんだけど、たばこを吸ってしまう。

それと同じようにダイエットしている時にも食べてはいけないと思うと食べてしまうんですよね。

特に小腹が空いたときに食べてしまうことが多いんです。

ケーキを食べてしまった。

スナック菓子に手が伸びてしまった。

チョコレートを摘んでしまった。

ダイエット経験者は上記の体験をされた方は多いのではないでしょうか?

僕も以前はそうでした。

食べた後に罪悪感、嫌悪感に襲われて、自分はダメな人間だと自己嫌悪に落ちてしまうんです。

食べないことがいいのは分かっていても、食べてしまう。

そして、自己嫌悪、さらにストレスが溜まり、食べる量が多くなり、また自己嫌悪に落ちてしまいます。

このように「負のスパイラル」に陥ってしまうんです。

その結果、ダイエット失敗に・・・

しかし、小腹が空いた感情を利用して「正のスパイラル」に変える方法があるんです。

まずは小腹が空いて食べたいときには、このように考えて下さい。

「正のスパイラル」に導いてくれる感情が来たと!!

ダイエットは「正のスパイラル」に持って行くと成功がしやすいんですよ。

では小腹が空いたら食べないのか?

いや、ストレスが溜まるので食べます。

食べる物を工夫して下さい。

クッキー、チョコレート、スナック菓子、ケーキなどの炭水化物、糖質が豊富に含まれている食べのもは止めましょう。

その代わりに、温野菜、生野菜、ヨーグルトなど糖質が少なく、栄養価の高い食べ物をお勧めします。

小腹が空いたときは絶対に炭水化物、糖質を豊富に含んだ食べのもはNGです。

もし良かったら試して下さい。

 

もうひとつ記事を読んでいきませんか?
現在募集中の講座です。

旬の野菜・果物、珍しい食材などを使った講座など開講しています。ご興味がありましたご覧下さい。