【三重・伊勢神宮「おかげ横丁」オススメのお店「赤福」「だんご屋」「お伊勢屋本舗」「まる天」「へんば餅」】

スポンサーリンク

お伊勢さんに行った後はおかげ横丁に寄るのも楽しみの一つではないでしょうか?おかげ横丁には魅力的なお店がたくさん。絶対外せない赤福やお団子専門店などオススメのお店を一挙紹介します。

私たちが駐めた駐車場は伊勢市宇治第4駐車場(内宮B4駐車場)。朝8時半くらいに着きましたが、すでに内宮そばの駐車場は満車。近くの立駐は30分200円と高め。長居する予定だったので打ち切りがあるところがいいなあと思って探すと、伊勢市宇治第4駐車場を発見。1時間まで無料、2時間まで500円。その後30分おきに100円。打ち切りではなかったですが、4、5時間駐めても1000円にならないので良いかな、ということで駐めました。

駐車場近くにファミリーマートがあり、その横に「内宮おかげ参道」という地下道をくぐって行くとおはらい町通りにつながっています。おはらい通りを通って行くと伊勢神宮に到着します。内宮まで距離があるように思いましたが、おはらい町、おかげ横丁を通って行くとあっという間に神宮に到着するので伊勢市宇治第4駐車場に駐めて正解でした。

■赤福 内宮前支店

伊勢神宮からおかげ横丁に入る一番手前のお店。やっぱり赤福は寄りたいよね、ということで入るとテーブルも座敷も満席。ただ、回転率は早いので会計をして少し待っていると座れました。

季節限定の赤福氷も注文しました。伺ったのは9月24日。ギリギリ間に合ってよかった!

赤福氷 520円。たっぷりかかった抹茶蜜。中にそのまま赤福が入っていると思いきや、あんことお餅は別々に入っていました。

赤福そのものではなく、氷にしても美味しいように特製したものだそうです。

あんは1箇所、餅は2箇所に入っていました。氷と一緒に食べるとたまりません。

赤福は安定のうまさ。つぶあんよりこしあん派の私は赤福は大好物。優しい甘さが嬉しい和菓子です。

 

〈店舗情報〉

赤福 内宮前支店

住所:伊勢市宇治今在家町7

電話:0596-22-7000

営業時間:9:00~5:00

定休日:年中無休

HP:赤福

 

写真スポット的なお店も!「インスタにあげてください〜」って。思わず写真撮りたくなっちゃいますね。

■お伊勢屋本舗

私たちが行った時は5組ほど並んでいました。松坂牛を使ったメニューみたいで、松阪牛しぐれ福まん350円、松阪牛コロッケ300円を購入。

サックサクの衣。味付きのミンチとジャガイモの味。もう少し、松坂牛感があっても良かったかなと思いました。ミンチにすると松坂牛って分かりにくいのかな。

大きなせいろにたくさん福まんが蒸されていました。肉まんにしては大きめのサイズ。

中は牛しぐれ煮が入っているようで薄いこんにゃくなども入っていました。味は甘辛味でフカフカの生地と相性抜群。美味しくいただきました。

〈店舗情報〉

お伊勢屋本舗

住所:三重県伊勢市宇治中之切町94-7

電話: 0596 – 22 – 7193

営業時間:10:00〜17:00

定休日:不定期

HP:お伊勢屋本舗

 

■磯揚げまる天

食べ歩きにもってこいの串に刺さった練り物。ショーケースにずらっと並んだ商品はたこ棒、チーズ棒、いか天、たこ天どれも美味しそう!全種類食べたい気持ちを抑えて、今回は一番人気という「たこ棒」をチョイス。

たこ棒1本結構な大きさです。たこもたっぷり入っているし、紅生姜がいい味を出しています。たこ焼きみたいな味に子供達は大喜び。1本370円。

塩は厳選された塩、本みりんは寒の入りの時にだけつくられる貴重な本みりんを使用しているとのこと、素材にもこだわりがあるようです。

〈店舗情報〉

磯揚げまる天

住所:三重県伊勢市二見町茶屋101

電話:0596-43-2059

営業時間:8:30~17:00

定休日:年中無休

HP:磯揚げまる天

 

■だんご屋

おかげ横丁で団子が食べたい場合はココ!串団子がいろいろ食べられます。

みたらし団子 120円、黒蜜団子 120円、三色団子 120円。生醤油団子120円、きな粉団子 120円。花子串団子 160円。

他にもアイスキャンディーも1本180円と販売されていました。カフェオレ、あずきミルク、玄米抹茶、みかん。

今回は他ではなかなか見ない、団子の中に餡が入っている花子串団子、黒蜜団子を頼みました。通り沿いには縁台や座敷もあるのでちょっと休憩に立ち寄るにはぴったり。

黒蜜団子はたっぷりついた黒蜜が濃厚。伊勢地方で昔から食べられている黒蜜のタレ。黒蜜の濃厚な味わいで団子に負けない味付けです。

花子串団子は半分に切ると中からとろりと出てくる甘辛醤油。従来のみたらし団子の反対バージョン。たっぷりの餡が入っているので満足度も高いです。団子は餅というより柔らかめなので歯切れが良いです。私としてはもう少しコツッとしている団子の方が好みですが、中に餡を入れるには丁度いい硬さかもしれません。

甘辛好きなので、花子串団子が好みでした。中からたっぷり出てくる甘辛醤油は好みの味でした。

 

〈店舗情報〉

だんご屋

住所:三重県伊勢市宇治中之切町12

電話: 0596-23-8732

営業時間: 9:30~17:30(季節により異なるそうです)

定休日:年中無休

HP:だんご屋

■美術べっこう飴 八尾商店

水、グラニュー糖、水飴をべっこう色になるまで煮詰めて作ったものだそうで、昔は型に入れて作っていたのですが、こちらのお店では鍋に入れたべっこう飴を鉄板の上に描いていき、綺麗に仕上げた飴です。

丁度実演をしている時だったので見てきましたが、もう、芸術そのもの!フリーハンドで描かれるキャラクター達は可愛すぎて食べるのがもったいないくらい。乾燥剤を入れ替えたりすると長持ちするようなのでお部屋に飾ってもいいですね。

美術べっ甲飴 八尾商店

 

HP:八尾商店

 

■へんばや商店

へんば餅って?という感じでしたが、行列ができていたのでとりあえず、並びました。とはいえ、テイクアウトの方が多かったので10組ほど並んでいたのですが、10分も待たずにレジにたどり着けました。

こちらのお店では「へんば餅」「さわ餅」が有名とのこと。店内でも食べるスペースがあったので実食してみました。

「へんば餅」2個160円。和菓子にしては安いと思います。

米粉を使用し蒸した生地で中のあんこはこしあん。口どけがよく、上品な甘さが特徴的。もっちりしているのですが、米粉なので歯切れは良いです。厚さ1cmくらいの和菓子で表面は焼き目が付いており、香ばしいです。賞味期限は製造日を含む2日間。5個、10個、15個、20個入りとバラエティも豊富です。

 

へんばや商店でもう一つ有名なお餅は「さわ餅」。2個280円。四角ののし餅に案を挟んだシンプルなお餅ですが、お餅自体が美味しい!白とよもぎの2種類。甘さも控えめなので2つ付いててもぺろっと食べれちゃいます。

へんば餅と同じで厚さ1cm程度。ペラっとしていますが、しっかりした歯ごたえなので食べ応えは抜群!店内のセルフサービスのお茶と一緒にいただきます。賞味期限は当日限り。

へんば餅、さわ餅、どちらも美味しいですが、餅好きの我が家は「さわ餅」推しです。おかげ横丁、おはらい町の締めくくりにはぴったりのおやつでした。

〈店舗情報〉

へんばや商店 おはらい町店

住所:三重県伊勢市宇治浦田1-149-1

電話:0596-25-0150

営業時間:9:30~17:00   土日祝9:00~17:00

定休日:毎週月曜日(祝日、振替休日の時は火曜日)

HP:へんばや商店

■まとめ

伊勢神宮のお参りが終わってからの楽しみ、おかげ横丁、おはらい町通り。子供達とちょこちょこいろんなものを食べ歩いて、満足な旅でした。

ABOUTこの記事をかいた人

ぱる(大橋 千珠)

ブログの「野菜ソムリエ ぱるとよ」を夫婦で運営している「ぱる」です。読者さんに野菜、果物、食材、商品で「へ〜」、「ほ〜」、「そうだったんだ」と思って頂ける記事を目標に書いています。フリーランス、女性、母、嫁の目線でブログを綴っています。