プラス2分でママもキレイに!資生堂ハピママコラボ会議

スポンサーリンク

2月にナゴヤドームで行われるハッピーママフェスタ、通称「ハピママ」を盛り上げるべく毎月ママブレーンが集まり会議をしているのですが、今回は資生堂さんとのコラボ会議2回目。

1回目の様子はこちら。

「キレイだけどやりすぎない自然体のママ」を目標にメイクレッスンをしてもらいました。

■プラス2分でできる自然体でキレイなメイク術

いつものメイクにプラス2分するだけで立体的な仕上がりになるのだそう。

8割が眉毛で決まる!

人はまず目元を見るようです。そこで眉毛が整っていると「おお、キレイな人」って思うんですって。眉毛で輪郭を整えておくこと。

唇でレディ度UP、肌で美人度UPと、コツを4つ聞いてきました。

 

■コツ1)肌作り

面倒くさがりな私はメークも適当。産後ますます適当になり現在に至るって感じですが。ビフォアフターを見るとやっぱり基礎はちゃんとしなきゃって思ったのでやります!

さて、肌作り。ツヤ感を出すためには立体感を演出する必要とのこと。いつもの私はファンデーションをベタ塗りしてチークを入れるだけ。確かに平面的な感じ。

教えてもらったようにハイライトを入れて、チークを入れると、あらあら立体的に見える!恥ずかしいのでビフォアフターの写真は載せませんね。今までチークも適当に入れていたのですが、入れるべき場所がちゃんとあるんですね。

マキアージュのチーク、使いやすい。大型ブラシ一体型チークで便利。

■コツ2)眉作り

肌が整ったら、眉を描いていきます。これまた適当に描くだけだったのですが、綺麗に見える描き方がありました。不器用でもなんとか描けました。とりあえず、眉頭は目頭と揃える、ふとめにふんわりアーチを描くように。眉山は目尻と揃える、などコツを聞きながら整えて。

■コツ3)目元

アイリッシュカーラーも使い方にコツがありました。根元でグッと力を入れて、3段階でカールをつける。これはなんとかできていました。マスカラは根元に塗れていないという痛恨のミス。根元に当てて、放射線状に塗るイメージと言われ、やってみたら綺麗に塗れました。

■コツ4)口元

リップクリーム派でしたが、唇が発色してないと老けて見えます。

それで使わせてもらったのがマキアージュのこのシリーズ。限定カラーの70番がすごく良い。同じ色なのにつける人によって発色が違うのです。とても気に入ったので11月21日の販売日に買いに行ってこようと思います。

 

■サンプルでいただいたアクアレーベルのオールインワンなど

オールインワンを風呂上がりにつけてみましたが、しっとりもっちりな肌触り。継続してつけてみます。

 

■まとめ

いつも途中で面倒になって適当メークをしていましたが、これならできそう!眉毛、肌作り、目元、唇など気をつけようと思います。

2月のハピママフェスタでは資生堂さんのブースが楽しみですね。

 

ABOUTこの記事をかいた人

ぱる(大橋 千珠)

ブログの「野菜ソムリエ ぱるとよ」を夫婦で運営している「ぱる」です。読者さんに野菜、果物、食材、商品で「へ〜」、「ほ〜」、「そうだったんだ」と思って頂ける記事を目標に書いています。フリーランス、女性、母、嫁の目線でブログを綴っています。