行列必至!東京駅 ねんりん家のバームクーヘンはお土産に最適!

スポンサーリンク

東京のバームクーヘンといえば、ねんりん家でしょうか。以前東京土産でいただいた、しっかり芽とやわらか芽のバームクーヘンがとっても美味しかったのを覚えています。ねんりん家のバームクーヘンは、今回東京に行ったので是非手に入れたいと思っていたお土産なんです!

■ねんりん家のバームクーヘンは大きく分けて3つ!

もっちり芽、やわらか芽、しっかり芽とバームクーヘンの形や味、食感が違います。

パンフレット

やわらか芽はオーソドックスな味、食感。定番を求めるならこちらがいいかな?

しっかり芽はバームクーヘンのフランスパンと表現されるほど、従来のバームクーヘンとは違います。以前お土産で頂いた時に皮の食感に感動したのを覚えています。

もっちり芽はもち粉が入っているのでびっくりするくらいもっちり!バームクーヘンなのに、もっちり!不思議な食感です。

■もっちり芽は驚くほどもっちり!

パンフレット

ずっしりと重みがあり、「崩れやすいので気をつけてお持ちください」と言われ、大事に持って帰ってそっと蓋を開け、中身を取り出す。

紙の箱に入っており、透明のトレイに入ってビニールのパッケージに入っています。

皮の表面に砂糖が綺麗にまぶされており、カリカリシャリシャリの食感。もっちりした生地なので一口噛むと普通のバームクーヘンより力が入り、一瞬バームクーヘンが縮みますが、ふわっと戻ってくる弾力はたまらないですね。

■期間限定もあるそうです!

春は”桜の国マウントバウム”。見た目も桜の花を想像させるようでピンクの綺麗な色をしています。

こちらは夏バージョン。オレンジレモン香るマウントバウム。オレンジと黄色の元気カラーのオレンジで見ると弾けるイメージで夏って感じですね。

パンフレット

 

ねんりん家は羽田空港 第2ターミナルにカフェもあるようでそこには甘さ控えめなバームクーヘンのサンドイッチやホットバームクーヘンがあったりととても美味しそうですね。HPはこちら

 

 

■まとめ

バームクーヘンを食感や味わいで選べるお店。やわらかいもの、しっかりしたもの、もっちりしたもの、また、季節によって限定品もあり、気分によって買うことができるので楽しいですね!東京でしか手には入らないバームクーヘン、東京お土産にいかがですか?

 

〈店舗情報〉

ねんりん家 東京駅店銘品館南口

住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅構内

電話:TEL 03-3214-7834

営業時間:6:30~21:00、[金・土]6:30~21:30

 

ABOUTこの記事をかいた人

ぱる(大橋 千珠)

ブログの「野菜ソムリエ ぱるとよ」を夫婦で運営している「ぱる」です。読者さんに野菜、果物、食材、商品で「へ〜」、「ほ〜」、「そうだったんだ」と思って頂ける記事を目標に書いています。フリーランス、女性、母、嫁の目線でブログを綴っています。