甘すぎ注意!皮が超薄い柑橘【甘平(かんぺい)】

年が明け、温州みかんがおわりかけると、伊予柑、ポンカン、デコポン……と色々な柑橘が出回ってきますね。

そのような柑橘を晩柑類と言われますが、非常にたくさんあります。皆さんはどのような柑橘がお好きですか?

清見を親に持つ晩柑類が多く出回っていますが、近年話題になっているのは甘みの強い、”せとか”は食べたことがある方も多いかと思います。

さて、今回ご紹介するのは愛媛のオリジナル品種の”甘平”。2007年に品種登録をされたそうです。トロビタオレンジが親になっている”西の香”が親なので非常にジューシーでみずみずしい!

甘平(かんぺい)

“西の香”×”ポンカン”

甘みが強くて皮が薄いのが特徴。皮が薄いので皮が破れやすく育てるのが大変だそうで、まだまだ貴重な柑橘です。

皮の薄さが特徴

皮の薄さに驚きます!ぷりぷりの元気な実を薄い皮で覆っているイメージ。手で剥けますが、上手に剥かないと実に皮がくっついてしまうほど。しかし、オレンジよりは断然剥きやすいです。

そして、”じょうのう”の薄さもハンパない!

これくらい薄いじょうのうだと口の中に残らず、実と一緒に食べても気にならないですよ。まるで食べるストレートオレンジジュースみたいな味の濃さ。

皮が薄くて、捨てる部分も少ないので、そんなところも魅力ですね。

甘みが半端ない

酸味は全くないので、酸味を求める方には物足りないかもしれませんが、”甘みLOVE”な方には超オススメ!1月だと糖度が13度以上になるものもあるそうです。

味が濃くて1個食べるとかなりの満足度がありますよ。

ぷりぷり感が最高!

一粒一粒がぷりぷりで、口の中で弾けるみずみずしさ。昔、つぶつぶ入りのジュースがありましたが、そのイメージ。伊予柑のように柔らかいつぶつぶ感ではなく、一粒一粒独立していて、しかし、硬いわけではないので食べやすいです。

まとめ

⑴皮、じょうのうが薄くて食べやすい。

⑵甘みが強い。

⑶粒のぷりぷり感が楽しい!

酸っぱくなくて、甘みの強い柑橘を好まれる方は是非食べてみてくださいね♪

《受講生募集中》ジュニア野菜ソムリエ 地域校 名古屋北

ジュニア野菜ソムリエ、地域校などについて詳細はこちらの記事を参照ください。


《お任せ下さい》料理レシピ開発・作成

レシピ開発・作成を自社でされていませんか?人件費を掛けれないから、時間がないから、専門的な知識がないからレシピは作れない・・・など問題はございませんか?

野菜ソムリエ、みそ汁協会指定講師の「大橋 千珠」がその問題の解決をお手伝いを致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぱる(大橋 千珠)

ブログの「野菜ソムリエ ぱるとよ」を夫婦で運営している「ぱる」です。読者さんに野菜、果物、食材、商品で「へ〜」、「ほ〜」、「そうだったんだ」と思って頂ける記事を目標に書いています。フリーランス、女性、母、嫁の目線でブログを綴っています。