学校・資格勉強ではフリーランスで稼ぐ方法は教えてくれない。ではどうする?

学校、資格勉強でフリーランスとして仕事ができる方法を教えてくれた?

今まで習ってきたことを仕事に結びつけたい。私の場合だと、野菜ソムリエ、はちみつマイスターなどなど、取得した資格は名刺に書ききれないほど・・・

でも実際仕事に活かせている資格は、その中でも幾つかに限定される。資格を取得しさえすれば仕事に繋がると思っていた。しかし、現実はそんなに甘くない。専門知識は養えるが、どうやって仕事に結びつけていいか教えてくれた講座は殆どない。

そんな経験をされている方は多いのではないでしょうか?これって、学校に似ていますよね。

小学校、中学校と義務教育で1日5時間以上、机に張り付いて。さらに、高校、専門学校、大学で勉学に励んで・・・。しかし、私が受けた授業で知識を仕事へ結びつける方法の授業は一つもなかった。ただただ、卒業資格を得られただけ。ま〜そのおかげで、就職ができたので、それはそれで良かったのだけど。

しかし、会社から外に一歩でると、自分一人で仕事をしてお金を稼ぎ出す方法を教えてもらっていないことに気がつく。会社に就職すれば、会社が作り出した仕事の割り振りで、何かしら仕事が回ってくる。そのときは、仕事をしていると思ってしまうが、それは会社の歯車として仕事をしているだけで、実際に一人で稼ぎ出す能力は身についていない。

そう、今まで一人で仕事をしてお金を稼ぐ方法を学んでこなかったのである。しかし、基本的に資格取得して生かそうと思われる方は、会社、組織に属さず、フリーランスとして活躍したいと思っているのではないでしょうか?

 

まずは得意分野と得意分野を足し合わせてみよう。

私も今年からフリーランスとして働き出して、それはつくづく思う。

  • 一人で仕事をする難しさ、どうやって知識をお客さんの為に役立てられるのか?
  • そもそもお客さんは誰なのか?
  • お客さんが喜ぶサービスをどうやって作ればいいのか?
  • 私が提供できるサービスを、どのようにお客さんにアピールしたらいいのか?
  • 苦手な分野は他の方の助けを借りたいのに、誰にお願いすればいいのか?

などなど、分からないことだらけだった。

フリーランスの仕事へのアプローチを簡単示すと次の順番である。

  1. お客さんへ提供する商品、サービスを作り出す。
  2. 1の商品、サービスをお客さんへアピールする。
  3. 2の結果、お客さんから問い合わせがあり、仕事につながる。

 

一番大事なのは、自分がどんな商品、サービスをお客様へ提供できるのか?

小売店で例えると、

野菜・果物を売りたいのか?

洋服を売りたいのか?

家具を売りたいのか?

洋服を売りたいんだけど、仕入先を知らないんだよね。野菜・果物の仕入先は知っているけど。となると、洋服は売れない。それなら、野菜・果物を売るべきではないだろうか。

それと同じで、自分ができること(得意分野)は何かを考える。

そして、得意分野と得意分野を足し合わせて、他者と差別化することで、お客さんに提供できるサービスが出来上がる。それから、販促、集客が必要になる。

例えば私の場合だと、「野菜ソムリエ+離乳食・幼児食+料理」で、赤ちゃん、子供たちに美味しく野菜・果物を楽しんでもらう提案ができる。この仕事は、野菜ソムリエの資格だけでは出来ないし、料理の資格だけでもできない。すべてが揃って初めて提案できるのである。

このように、得意分野を足していくことで、エッジを立ててニッチな領域でサービスの提案ができるようになる。

まずは、あなたの得意分野を探してみては如何だろうか?そして、得意分野を足し合わせていき、お客様にどんな提案ができるだろうか?

もし得意分野の探し方がわからない方は、ブログを書かれるのをオススメする。

簡単に言うと、自分の頭の中の考えを文章(アウトプット)にすることで、考えを順序立てて理論的に整理できるのである。そこで、自分の得意分野がわかるようになる。紙、パソコンに書き出すだけではなく、ブログに書くのである。

なぜブログがいいのか?

詳細は、次回書かせてもらいますね。それではまた。

 

 

 

《受講生募集中》ジュニア野菜ソムリエ 地域校 名古屋北

ジュニア野菜ソムリエ、地域校などについて詳細はこちらの記事を参照ください。


《お任せ下さい》料理レシピ開発・作成

レシピ開発・作成を自社でされていませんか?人件費を掛けれないから、時間がないから、専門的な知識がないからレシピは作れない・・・など問題はございませんか?

野菜ソムリエ、みそ汁協会指定講師の「大橋 千珠」がその問題の解決をお手伝いを致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です