野菜ソムリエで何が学べるの?仕事への繋げ方

 

野菜ソムリエに興味があるんだけど・・・費用が高い、時間がないと思われている方は多いのではないでしょうか?

私も今から12年前に取得した時はそのように思っていました。実際、野菜ソムリエを所得するのに148,000円(税込、2016年10月現在)が掛かります。これだけあれば、家族で旅行や、リビングの家具、電化製品を買い換えることができますよね。

それだけの金額を払って、さらに勉強する時間が必要になります。仕事、家事の忙しい時間をやりくりして、どうにか時間を確保して勉強する。

そこまで、費用、時間をかけて取得するのであれば、どうにかして役に立てたいと思いますよね。家族、自分の為に健康的な食事を作ったり、仕事につなげて費用は回収したいと思いますよね。

野菜ソムリエの知識を加えて、今までの自分をパワーアップさせたい・・・と、思われているのでは?

その気持ち大変分かります。

私は今でもそうです。

 

野菜ソムリエで勉強する分野は?

では、みなさんは野菜ソムリエで何を勉強するかご存知ですか?

カリキュラムは野菜ソムリエ協会のwebページに記載されています。

・講座(全7回・1回2時間)

・内容

①ベジフルコミュニケーション

②ベジフル入門(理論編・野菜編・果物編)

③ベシフルサイエンス

④ベジフルクッカリー

この4つの分野から講座は構成されています。詳細は野菜ソムリエ協会のwebページを参照下さい。

実はこれらの分野はとても幅広いのです。すべての分野を深く理解して仕事に使えれば、それこそ野菜ソムリエだけで十分生活していけると思います。しかし、それは時間的、知識的に難しいと思います。

まずは、4つの分野を全体的に理解することが大切です。そうすることで、野菜ソムリエの知識を生活、仕事に使えるようになると思います。ちょっと抽象的になってしまいまして、申し訳ございません。ここから、具体的な話をします。

 

野菜ソムリエを仕事に繋げる考え方

野菜ソムリエでこの4つの分野で、あなたの得意な分野はありますか?無い方も大丈夫です。

もしかすると野菜ソムリエで勉強する範囲を、すでにご存知な方もいらっしゃるかもしれません。

例えば、管理栄養士の資格を持っていれば、ベジルフサイエンスは簡単だと思います。また、調理師免許を持っている方や、料理が得意な方にはベジフルクッカリーは問題ないのかもしれません。

しかし、コミュニケーションについていはどうでしょうか?

野菜・果物の品種についてはどうでしょうか?

産地についてはどうでしょうか?

色々と知らないこともたくさん出てくると思います。それらを勉強することで、知識の幅が広がります。

4つの分野がすべて初めてなので・・・と思われている方も大丈夫です。一つずつ勉強していけば問題ありません。

野菜ソムリエを仕事につなげたいと思っている方には、ご自身の得意分野と、この4つの分野の中から結びつけて下さい。

例えば、マーケティングが得意な方は、ベジフル入門で習う「品種ごとの特徴」を組み合わせて、新たな青果物のマーケットを開拓する仕事ができるかもしれません。

また、主婦で家族の食事・健康を守っている方は、ベジフルサイエンスで栄養素、食事の記録などを勉強して、主婦を対象に実践に基づいた家族の食事アドバイスができるかもしれません。

このように分野と分野を繋ぎ合わせることで、仕事につながる可能性が出てきます。野菜ソムリエを受ける前に、取得後の仕事に結びつく分野に目星を付けておくのもいいかもしれませんね。さらに、受講中にも新しいアイデアが思い浮かぶと思います。

まずは、「野菜ソムリエで学ぶ分野」と「あなたの得意分野」を足してどうやったら仕事に結びつけ得られるか、日々意識することが何よりも大切だと思います。

そうすれば、野菜ソムリエを取得後に、すぐに仕事に結びつく可能性も高まりますよ。

 

 

 

野菜ソムリエに興味がある方は、どんな些細なことでもメール頂ければ幸いです。私で答えられる範囲でお答えさせて頂きます。なお、お答えできない分野もございますので、ご了承ください。

メールはこちらから

 

 

《受講生募集中》ジュニア野菜ソムリエ 地域校 名古屋北

ジュニア野菜ソムリエ、地域校などについて詳細はこちらの記事を参照ください。


《お任せ下さい》料理レシピ開発・作成

レシピ開発・作成を自社でされていませんか?人件費を掛けれないから、時間がないから、専門的な知識がないからレシピは作れない・・・など問題はございませんか?

野菜ソムリエ、みそ汁協会指定講師の「大橋 千珠」がその問題の解決をお手伝いを致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です